FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20190923]

両横綱が不在となって大混戦となりましたが、最終的に御嶽海、貴景勝と隠岐の海が3敗で千秋楽を迎えました。貴景勝は二桁勝って大関復帰を手にして隠岐の海を破り、優勝決定戦へ。御嶽海も遠藤を退け優勝決定戦へ。貴景勝は立会いで失敗したのか、引いてしまって御嶽海が2度目の優勝を手にしました。関脇の地位ですが3場所連続で二桁勝たなければ大関にはなれません。それでも来場所優勝出来れば可能性は出てきますが、それに準ずる結果だったら横審に委ねられる事になります。

幕内上位の結果
鶴竜 4勝4敗7休
白鵬 0勝2敗13休
豪栄道 10勝5敗
栃ノ心 6勝9敗
御嶽海 12勝3敗 優勝
貴景勝 12勝3敗
遠藤 8勝7敗
阿炎 9勝6敗
北勝富士 9勝6敗
碧山 5勝10敗
朝乃山 10勝5敗
逸ノ城 1勝4敗10休
大栄翔 8勝7敗
友風 7勝8敗
正代 3勝12敗
玉鷲 7勝8敗
竜電 7勝8敗
千代大龍 2勝13敗


角番だった豪栄道は勝ち越して脱出、栃ノ心はまだ傷が癒えておらず負け越し、大関陥落が決定しました。それでも貴景勝と同じく、来場所二桁勝てば大関復帰出来ますので、早く怪我を治さなければなりません。遠藤は三役の位置で二桁勝てるチャンスがありましたが、後半戦はスタミナ切れだったのか叶わず。朝乃山は横綱、大関に勝っての二桁ですから、上位定着は問題ないと思います。このまま伸びていけば順当に上に上がっていけると思います。新入幕の剣翔は二桁勝って敢闘賞を受賞。顔つきから貫禄があります。炎鵬は苦労しながらも勝ち越し、どうしても相手に十分になられると負けてしまいます。相手に十分にならせない立会いが鍵となっていくでしょう。

今年はこれまですべて違う力士が優勝しています。来場所は荒れる九州場所、誰がどのようなドラマを見せてくれるでしょうか。

千秋楽幕内全取組
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20190922]

Madame Patate
(1998/07/14)

Madame Patate商品詳細を見る


フランス出身でベルギーでDJとして活動しているEmilie Siautの一人プロジェクトMadame Patateの2012年の唯一のフルアルバムです。フィールドレコーディングとアコースティック楽器の生演奏によるオーガニックでフォーキーな作品になっています。マンドリンやガットギターなどでヨーロピアンフォークをエスプリっぽい感じで演奏しています。

1. Street Life
2. Mignonne (Bird's Song Ritournelle)
3. C'Est Geni'O
4. Ballade Pluie
5. Nuisette
6. Emile Memento Mori
7. Monsters
8. Merci Nestor !
9. Mélodie Pour Charlotte
10. Valse
11. Berceuse Pour Accordéon Asthmatique
12. Les Hiboux Ne Sont Pas Ce Que L'Ont Croit
13. Mercredi Memento Mori

フィールドレコーディングとトイピアノのような音源のループ、マンドリンなどは生演奏していますが、演奏はさほど巧みではなく、おぼつかない感じで演奏していますが、それとサウンドループの組み合わせが妙なほのぼの感を生み出して独特の世界観を作り出しています。電子音はあまり無く、サンプリング編集でフォークトロニカっぽい感じに仕上げています。

フィールドレコーディングのファジーな感じの空気感に、このおぼつかない演奏が溶け込んでいて、なかなか真似しにくい個性を醸し出しています。サンプリングループの素材も柔らかい音を選んでおり、デジタル編集しているのにほのぼのとしたチャーミングな世界となっています。DJをしているのに、まったく踊らせないような音楽を作るとはかなりの偏屈者かもしれません。

Street Life
⇒ 続きを読む

[20190922]

これまでサイケデリックをイメージして曲を作っていましたが、サイケデリックな曲としては仕上げていませんでした。
今回は正統的な王道サイケデリックな曲になっています。
王道パターンでオリジナリティを出すのが一番難しい事なので、これまでの曲で試行錯誤しながら王道パターンでもSAMARQAND色を出せるように訓練していました。
その結果王道パターンでもSAMARQANDらしい楽曲を完成させる事に成功しました。

やり尽くされている王道パターンでも新しい可能性を見出せると言う自身を持てました。
王道パターンは良い曲を書ける構造を持っていますが、やり尽くされているので新しさを生み出すのが難しいという双刃の剣という危険性も持っています。
しかし、今回の経験を元にこれからは様々なパターンの中でも、攻めながらもポップセンスを出せるように精進してまいります。やがてはジャンルに囚われないSAMARQANDというジャンルを確立させていきたいと思います。


[20190921]

Traversa
(1998/07/14)

Geotic商品詳細を見る


2018年のアルバムで現在までの最新作になります。前作同様Ghostly Internationalからのリリースで、リズムをしっかり打ち立てたアレンジになっています。前作よりも歌を大事にしていて、よりコンパクトにポップにまとめあげています。ですからインストものでも歌を感じさせる作りになっています。

1. Knapsack
2. Swiss Bicycle
3. Harbor Drive
4. Aerostat
5. Town Square
6. Terraformer
7. Gondolier
8. Maglev

普通にエレクトロポップな感じがしますが、特徴的だと思うのはベースの動きです。テクノ系ではドラムパターンとベースの動きを重要視していますが、彼が作るベースラインはポップ生を重視した作りの中でスクェアプッシャーのようなフュージョンライクな動きをたまに見せます。かなり懐の深いアーティストだという事が分かります。

今回はダンス系というよりミディアムテンポの緩やかなビートを中心に旅をしているようなジャーニー感覚を持たせています。パッドサウンドもあまりアンビエントな雰囲気を感じさせずに必要なところに必要な音を配置したクールな作品になっています。初期の頃のスクアプッシャーをもっとポップにしたような感じです。さりげなく器用な編集をしており、センスの良さが伺えます。

Full Album
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ