FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20200920]

Songs of Green Pheasant
(1998/07/14)

Songs of Green Pheasant商品詳細を見る


イギリスのシンガーソングライターDuncan Sumpnerの一人プロジェクトSongs of Green Pheasantの2005年のファーストアルバムです。かなりリバーブを深めにかけたアコースティックギターによる幻想的なフォークソングになっています。アメリカというフォークグループのようなドリーミングなメロディーライン、アシッドフォーク、サイケロックのようなアレンジ、とてもレトロな感じですが、この時代では個性的だと言えるでしょう。

1. I Am Daylights
2. Nightfall (For Boris P.)
3. The Burning Man
4. Knulp
5. The Wraith Of Loving
6. Until...
7. Hey, Hey, Wilderness
8. Truth But Not Fact
9. Soldiers Kill Their Sisters
10. From Here To Somewhere Else

トラッドフォーク系のフォークロック、一人でコーラスワークもこなし、深めのリバーブが幻想的な印象を与えます。ドラムループはサンプラーなのでしょうか、それにしてはシンプルすぎるドラムパターンのリフレイン、センスがあるのか無いのか計り知れないくらい自分の世界観を作り出しています。自宅で録音しているのか、ローファイな感じもあり、かなりアナログな音になっています。リバーブもテープエコーのような音色です。

アコースティックギターが全面に出ていますが、ベースやエレキも演奏しているようです。リバーシブルなリバーブ音も聴けますから、デジタルリバーブなのかもしれませんが、デジタル臭が全くありません。生演奏や部屋の空気感によるものでしょうか、60年代後半のような音の分離が悪い感じのローファイさが味わいになっています。

I Am Daylights
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20200920]

フュージョンとポップロックの融合でエレクトロニカを取り入れて新しい形のパワーポップロックを作りました。

最近に無い素直なくらいにポップでありながらデジタルポップになっているという点で新しいと思います。


[20200919]

The Quickening
(1998/07/14)

It's Jo And Danny商品詳細を見る


2005年のアルバムで最後の作品になります。解散したわけではありませんが、この後The Yellow Moon Bandを結成して活動しますので、このデュオでの作品が再び出てくるのかは不明確です。音楽的にはフォーク色が強くなっています。それもケルト系です。いよいよフォークトロニカの時代になろうかというのに、そこには乗っからずに基本的なフォークソングを大事にするようになっています。

1. God's Closed His Eyes
2. Seasoned
3. Swollen River
4. In Spite Of Love
5. Spoken Word
6. Sweetheart
7. Testing Me
8. Dying Kiss
9. Real Thing
10. Porch Dog
11. Room 220

ロックの要素もありますが、アコースティックなケルト系のフォークソングになっています。弾き語りを基本としてデジタルサウンドはほぼありません。根本的にデジタルサウンドには執着しない二人だったのかもしれません。Jo Bartlettの歌が中心になっていて、彼女の趣向性が全面に出ている作品になっていると思います。自分達のレーベルからですから、そこは自由に出来ますが、商業的には成功せず、それが後のThe Yellow Moon Bandにつながっていくのでしょう。

ポップではありますが、これまでのようにサイケ、ロックの要素を全く排して純粋にトラッドフォークにレイドバックした内容になっています。それでも現代的なポップさを持っているので、そこは作曲能力の巧さでありましょう。アレンジ次第では以前の感じにもなりますから、趣向性として基本に立ち返った感じになっています。

In Spite Of Love

[20200919]

But We Have The Music
(1998/07/14)

It's Jo And Danny商品詳細を見る


2003年のアルバムです。これまでどおりロック寄りなフォークロックにネオアコな雰囲気ももたらしていますが、サイケデリックな表現をデジタルサウンドに置き換えるようになっています。以前のようなシンセポップなサウンドでは無く、エレクトロニカな最新のデジタルサウンドですから、フォークトロニカのロック強めな感じになっています。

1. Cool Breeze
2. It Should Have Been Me
3. A.N.D.
4. Mean
5. Stella Maris
6. The Sooner
7. Better Off
8. Sound Of Barra
9. Let It Happen
10. Summer Rain
11. Lost And Found
12. Kiss My Shadow
13. Godsend
14. Late Night Doubts

曲自体は弾き語り出来るようなフォークロックであり、そこは譲らない感じです。バンド演奏でもあり、プログラミングは極力使わない、生演奏にこだわっています。しかしラップトップの使い方も覚えたのでしょう。二人でやるならラップトップミュージックに頼るのが当たり前になっている時代ですから、そこには極力行かないようにしていますが、さほどデジタル嫌いでも無いようです。

作曲力も磨かれてきて良い曲が多いです。インストも含まれていますから、アイデアも豊富に持っていると思います。表現者としてはサイケの感覚を持っていますが、そこから現代に至るまでの音楽も自分達に合っていれば取り入れる。結構柔軟性も持っていますが、根幹はぼやかさない事によって他とは違う個性を生み出しています。

Cool Breeze
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ