FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る


お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20180424]

Bear Driver"
(1998/07/14)

Bear Driver商品詳細を見る


イギリスのバンドBear Driverの2012年の現在のところ唯一のフルアルバムです。パワーポップなサウンドですが、自分たちではノイジーポップと呼んでいるようです。パンクロックにもポップな曲が隠れていましたが、そういうイギリスらしいところに特化したバンドだと思います。

1. Big Love
2. Enemy
3. Never Never
4. Let The Cold
5. Drones
6. Colours Run
7. No Time To Speak
8. Cats
9. Impossible
10. A Thousand Samurais

日本のインディーズにもいそうなバンドで、学生バンドやライブハウスにいそうな感じです。パンク全盛期にこのポップさは罪に問われていましたが、今ではポップであるがゆえに古臭さを感じさせません。パワーポップ、メロコアなど地盤が出来ていますのでよくあるバンドであります。ノイジーといっても普通だと思いますし、曲もバンド始めたばかりの感じがして青春バンドみたいな印象です。

スリーコードな感じで疾走していくが爽やかでいいです。ポップさにためらいがないので、後は曲を良くしていくだけです。キンクスという大御所が既にこの手本を示していますので、いかようにも進化していく道が見えています。このアマチュアっぽい感じが新鮮なので、実力のつけ方で良くも悪くもなる感じがします。

Big Love
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20171029]

Ghost Figures
(1998/07/14)
Benjamin Finger

商品詳細を見る


2017年のアルバムで現在までの最新作になります。アナログ盤での限定販売になっています。アナログ盤にこだわるというのはよくわかりませんが、ピアノによる叙情詩のような内容になっています。アンビエントな空間を作って、ピアノを生演奏しています。部屋の鳴りを強調しながらもピアノが中心に響いています。

1. Ghostflowers
2. Shadow Figures
3. Spitting Distance
4. Batting An Eye
5. Inch Of Life
6. Strings Attached
7. Drop Effect
8. Witness Hitch
9. Shred Of Evidence
10. Without Traces
11. Moment Arises
12. A Missing Link
13. Outside Of You
14. Distance Of A Shadow

ほぼ即興で演奏されているようで、即興なのにフリーな感じはしません。それはまるでキースジャレットの即興ライブのようなもので、その時の気分でモードを決めて、ある程度の秩序を保って即興演奏していますので、あたかも作曲されたかのような演奏になっています。もしくはある程度テーマになる旋律は前もって作られている可能性もあります。

録音されている部屋の鳴り以外にもサンプリングされた音源も加えて、あたかもその部屋とは違う空間で演奏されているような効果も作っています。まるで日常でピアノの生演奏がずっと鳴り響いているかのような、やはり架空の映画音楽のような感じで制作されているのでしょう。欧州のヌーヴェルヴァーグ映画のサントラのような雰囲気になっています。

Shadow Figures
⇒ 続きを読む

[20171028]

Motion Reverse
(1998/07/14)
Benjamin Finger

商品詳細を見る


2015年の作品です。この年3枚のアルバムをほぼ同時にリリースしていますが、どれも違ったアプローチをしています。今回のテーマはダブテクノとなっています。ダブのエフェクティヴな手法でエレクトロニカしています。以前のサイケな表現とは違うアプローチになっています。エフェクトをいじりまくってその変化を楽しむダブの手法はテクノにも受け継がれていますが、あえてダブテクノと呼ぶところにこだわりを持っているようです。

1. Vocal Limited
2. Frontal Waves
3. Dubstore Light
4. Childish Tape
5. Black Hat
6. Sunny Echoes
7. Spacecore Dust
8. Bright Exit
9. Dream Logic

ダブでよく使われるのがディレイとフランジャーですが、テクノの時代になるとシンセのレゾナンスを主導でいじくって似た効果を出すようになります。そのテクノミニマル性とディレイやフランジャーといったエフェクトの効果を加える事で、新しいエレクトロニカを作り出そうとしています。あくまでもエレクトロな部分が主役です。

変わり者のリチャード・D・ジェームスが失速している現在、過激な手法を試みるアーティストが見当たらなくなっていますが、地味ながら、彼のように試行錯誤しながらも新しい何かを追求するアーティストがいる事は喜ばしいことであります。やはり音楽はオタク系の人でしか極められません。じっくり時間をかけて家にこもって創作している人でなければ見つけられないものがあります。その逆もあるでしょうが、そこには天才の二文字が必要になってきますので、なかなか現れません。

Vocal Limited
⇒ 続きを読む

[20171028]

Pleasurably Lost
(1998/07/14)
Benjamin Finger

商品詳細を見る


2015年のアルバムです。この年は3枚のアルバムをリリースしていて、この作品はフランスのEilean Recordsから150枚限定リリースされたもので、現在は販売終了してしまっています。これまでの作品と違う点は、音がかなりクリアになっています。過渡なエフェクトを抑える事で、音の素材がかなりサンプリングレートの高い状態で録音されているのが分かります。

1. Diamond Earth
2. Lull In The Momentary
3. Optical Senses
4. Phony Disaster Of Laziness
5. Pleasurably Lost
6. Weepingdictionaryhands
7. Edges Of Distortion
8. Ferdydurke
9. Once Upon Her
10. Do Widzenia

歌、ボイスも多用されています。アコースティック楽器も割合が多くなり、いかにもフォークトロニカな内容になっていると思います。これまでのエフェクトかけまくりのサイケな手法を抑える事でスッキリとした空間が生まれ、フィールドレコーディング素材も楽器と同等のレベルで聴き取れます。すべてが一つの空間で溶け合うような、上質なミックスに仕上がっています。

エフェクトかけまくりというのは昔のサイケの手法であって、現在の環境ではそこまでやる必要がないし、手法も多種多様であるべきなので、後はセンスの問題になってくると思います。デジタル環境ならではの音のクリアさ、しかし、空間を切り取ったサンプリング素材はアナログな柔らかさも切り取っています。アナログとデジタル、この対比をバランスよく保つ役割をサンプラーは果たす重要な役割を持っています。そこをわきまえている領域に達してきました。

Do Widzenia
⇒ 続きを読む

[20171027]

Amorosa Sensitiva
(1998/07/14)
Benjamin Finger

商品詳細を見る


2015年の作品です。アンビエント系のコンクリートミュージックになっています。何とか音楽的であろうとしていましたが、行き着く先は抽象的な表現となっていきました。もはや音楽に対して遠慮をしなくなったことの現れです。前作で掴みかけていた信号的な音楽をさらに発展させてきました。ある意味自在に音楽を操れるようになってきたのでしょう。

1. Headspincrawl
2. When Face Was Face
3. Waltz In Clay
4. Whirlbrainpoolin
5. Bum Finger Notes
6. Darnskullgreyness

現代音楽を使ったサウンドトラックも珍しくありません。彼にとっては架空の映画音楽のように、抽象的故に映像が浮かんでくるような表現が出来るようになってきました。それは音楽的であろうとする事にこだわらなくなってきたからで、どこかでタブーだと思っていた事からブレイクスルー出来たから得られた表現を手に入れたと思います。

現代音楽と言っても最近出来た音楽ではありません。長い歴史を持っています。既存の音楽だと言ってしまってもいいくらい、多くの人達がやり尽くしてきた事をなぞりながらも、やっとその呪縛から抜け出して自分が表現したいものを純粋に見つめていく事で、こうでなければならないという呪縛から解放されたと思います。これからが楽しみになってきました。

Headspincrawl
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ