FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20191107]

ハード色の強いハードフュージョンは存在していましたが、フュージョン色が強いハードロックは、一時期のイアンギランバンドくらいしかやっていませんでした。私は若い頃からハードロックにフュージョンを巧く取り入れたいと思っていました。フュージョン的なアレンジにするとメロウな感じになりがちで、ハードロックとして成り立たせるのは難しいもので、ましてや歌を入れるのは難関で、唯一イアンギランバンドだけが成功していたと思います。

ですからライフワークのように、その融合を常に念頭に置いていました。思うように曲が作れるようになっても、付け焼き刃的に曲を作るのは避けていました。必然性とアイデアが必要で、今回うまい具合にイメージに近い曲が作れたと思います。もっと色んなバリエーションに発展させていいければと思いますが、必然性とアイデアが再び降りてくるのを待ち続けます。

スポンサーサイト




[20191101]

フラメンコとロックやジャズの相性は昔から良く、スパニッシュなポップスも多くあります。
この曲はバイオリンを中心としたフォークトロニカになっていて、フラメントロニクスと名付けました。

電子音は少なめですが、リズム構成はスパニッシュでありながらサンプリング素材を使ったエレクトロニカになっています。フォークトロニカの分野においてはエスニックなものは少なくありませんが、スパニッシュなものはまだごくわずかです。ですからフラメントロニクスと言う名称を提唱させていただきました。

理屈は抜きにして、ロックにとってもスパニッシュにおいても新しい感覚が加わる事が大事であり、伝統と革新が良いバランスで両立出来る事が肝心かと思います。


[20191028]

複雑化して増大していくプログレは破城して最後に取った行動はアメリカナイズしていく事だった。ハードロックもしかり。アメリカンプログレは複雑化をシンプルに見せる術を持っていました。ジャーニーやカンサス、カナダのラッシュなどが代表ですが、それにより生き残る事ができました。UKやエイジア、レインボーなど売れることは出来ましたが、本来のハードロック、プログレファンからはそっぽを向かれました。

本来忌み嫌うべきアメリカンプログレでしたが、現在ではそのポップさは見習うべき点が多くあります。フュージョンとロックを融合させるという点においても参考になります。ですから忌み嫌うべき点を避けながら、手法だけを取り入れることは有効だと思います。そういう意味合いで作られた曲になっています。


[20191020]

トランペット音源を中心にしたバートバカラックのようなアメリカンポップスを洗練させたSAMARQAND流ポップスに仕上げました。非ロックなアレンジですがSAMARQANDというフィルターを通る事でロックとして成立されていきます。トランペットと言ってもあまりビブラートをかけないクラシック的な演奏と、ジャズ的なビブラートを活用した演奏がありますし、エフェクターを通したマイルス的なトランペットも再現しています。


[20191015]

ピアノ曲のバラッドです。
当初はピアノ音源だけでアレンジをまとめようと思っていましたが、
さすがに似たような波形の音だけだと音の粒だちがよくないので、
弦楽器も加えてピアノ室内四重奏としました。
久々のドラムレスなので、歌が全面に出てきてしまうので、歌の処理にも気を使いました。


HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ