FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20190614]

The Mall
(1998/07/14)

Secret Mommy商品詳細を見る


2011年のアルバムで現在までの最新作になります。ショッピングモールのフィールドレコーディング素材で出来ており、ジャケットにはご丁寧にショッピングマップまでつけてくれています。曲のタイトルにも、その場所が明記されており、分かり易い内容になっています。

1. Intro (Elevator Up)
2. Clothing Racks (Sears)
3. Music At The Bay
4. Erin Tells Me About Shoes
5. Um, I'll Think About It (Holt Renfrew)
6. I'll Be A While (A Rest At Fountain By The Elevator)
7. Whining Child (Food Court)
8 . Thank You So Much (The Body Shop)

ほぼフィールドレコーディングはエレベーターから始まり、徐々にリズムが加わり、音楽として奏でるようになっていきます。初期の頃に比べると、素材を分かりやすく丁寧に紹介するような作風になっていて、それがいかにしてポップな音楽になっていくのか、その編集技術の巧妙さを見せつけるようになっています。

日常の生活音の中にも音程は存在しており、絶対音感の人にとっては音程として認識されているであろう音源を、サンプンリングして鍵盤に割り当てるので、更に音程として認識された素材、それを更にCDにして、CDターンテーブルでスクラッチしているようなプレイも出てきます。音程として認識しやすい音源はメロディーとして使われ、見事に日常音で音楽が出来上がっています。

Intro (Elevator Up)
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20190613]

Plays
(1998/07/14)

Secret Mommy商品詳細を見る


2007年のアルバムです。アコースティック楽器のサンプリング素材のみで作られたビッグビートな作品です。テーマとしては彼なりのフォークトロニカでしょうか、素材そのもののフレーズサンプリングも、電子音に聴こえるくらいに加工された素材などを組み合わせたプログラミングで、質感も豊かに聴こえますが、この異なる質感を組み合わせるというのは、これまで以上に複雑な作業を必要とします。

1. String Lake
2. Grand About The Mouth
3. Deciduism
4. Kool Aid River
5. Trust Me, Cub
6. To Burry A Tent
7. Inch Up To Fur
8. Plays
9. The Tale Of A Bird Hit By Lightning
10. I Can't Get Down
11. Up On Mt. Okay
12. A Bear At Hotel Cuba

中にはターンテーブルを使ったような音源もあります。これも単なるサンプリング音源なのだとしたらどうやって作っているのか見当がつきません。ターンテーブルを模擬的に再現出来るソフトもありますので、それを使ったのか、これまでのようなブレイクビーツやビッグビートへのオマージュすら無視して次の次元へと進んだような内容になっています。

演奏は全て自分達で演奏した素材のようで、そこには著作権が発生しませんから使いたい放題です。ですからレコードの擦れるノイズはありませんし、フレーズサンプリングも使いたい放題です。なので、今までやり方に普通に録音された素材も混じっていて、使われている楽器も分かりやすくしながら、ポップなエレクトロ作品としても成り立たせています。

String Lake
⇒ 続きを読む

[20190612]

Very Rec
(1998/07/14)

Secret Mommy商品詳細を見る


2005年のアルバムです。今回は場所を特定してサンプリングした素材で曲に仕上げるというコンセプトアルバムになっているので、とても分かりやすくなっています。テニスやサッカーなどの実況中継をサンプリングして、その素材だけでポップな曲に作り上げる、彼の手法が分かりやすく伝わってきます。

1. Tennis Court
2. Pool
3. Soccer Feild
4. Yoga Studio
5. Ice Rink
6. Squash Court
7. Music Room
8. Dance Studio
9. Dojo
10. Daycare
11. Weight Room
12. Basketball Court

ブレイクビーツの暗黙の了解として、一つの素材をサンプリングして、それだけで1曲を作り上げるという定義がありました。一つの素材で何処まで創り上げられるかを競っていたのです。音楽の完成度としては複数の素材を使った方が面白くなりますが、昔はサンプリング編集技術を競い合っていたのです。音楽としての完成度よりも、偶発的に出来上がるものを良しとしていたのです。ですから革新的なサウンドが出来上がったのも事実ですが、それはあくまでも黎明期の話です。

最新の機材を使いながらもその黎明期に戻るという事で個性的な音楽を作るのが彼の特徴になっています。ですからあえてマルチサンプリングにはしない。テレビ放送を録音したものや、その場所に行って録音した素材を特定したタイトルがつけられているので素材が明快です。その場所の雰囲気もはっきり伝わるようにしながらも、その非楽器な素材でポップな曲に仕上げる、マルチサンプリングじゃ無い分、音程がしっかりついているという特性故に出来る技であります。

Tennis Court
⇒ 続きを読む

[20190611]

Mammal Class
(1998/07/14)

Secret Mommy商品詳細を見る


2004年のアルバムです。より強力にヘナチョコビッグビートに作り上げています。あえてマルチサンプリングにはしていないので、鍵盤を変えるほどにキーが変わり、高速になったり、低速になったりする効果を使ってフレーズサンプリングを組み合わせています。そうなると全ての素材のキーを合わせるのが難しくなりますが、見事にポップにまとめあげています。

1. AOL Keyword Party
2. An Apple A Day Keeps The Mac Voice Away
3. Scrtmmmy: The Shame Of Pink To Come
4. Andrew W. Cake
5. I'm Juan
6. Ta-Da Peru
7. Parallel Parka
8. Bottom 40
9. Shania Twang
10. Don't Croak
11. Anthem Of The Andysirables
12. Mess With The Bull, Get The Horns
13. If You Miss Me And You Know It, Stomp Around

破茶滅茶に作っているように聴こえますが、かなり細かく計算されたプログラミングになっています。破茶滅茶に聴こえていいというのは楽でもあり、勢いで偶発的な効果も利用していると思いますが、ポップな曲として成り立たせるには相当手間暇をかけていると思います。素材音源もかなり豊富で、お元素材とはキーが違いますからネタバレしないという効果ももたらしています。

フレーズサンプリングを短く使っているのでより元ネタが探り辛いです。ここに著作権が発生するのかどうか、とても難しい判断だと思います。最近の傾向だとチープなサンプラーに聴こえないような音作りにしますし、それに応えてくれるだけの機能が備わっています。おそらく最新のサンプラーでなければここまでの編集は難しいと思いますので、あえてヴィンテージなサンプラーを使っているような手法はかなり斬新です。

Scrtmmmy: The Shame Of Pink To Come
⇒ 続きを読む

[20190610]

Babies That Hunt
(1998/07/14)

Secret Mommy商品詳細を見る


カナダのアーティストAndy Dixonの一人プロジェクトSecret Mommyの2003年のファーストアルバムです。サンプラーのみで作られたエレクトロポップになっています。手法的にはブレイクビーツですが、かなりポップな曲調になっています。短めのワンショット的なサンプリング音源だったり、フレーズサンプリングでも頭の部分だけを使ったような使い方です。

1. Drop Shadow
2. Photocopiers At Night
3. A Mammal Grows Up
4. Lonely Tylenol
5. Scrtmmmy: The Shame Of Punk To Come
6. Chef In A Wet Suit
7. 1.21 Gigawatts
8. Koi!
9. Lay Em Down And Smack Em Yack Em
10. Pandas
11. Save As

フレーズサンプリングを時間をかけて組み合わせればビッグビートにもなりそうですが、時間をかけずにフレーズサンプリングで打ち込んだような気の短い感じで作られたアブストラクト作品という印象です。かなりチープな、もしくは中古のサンプラーを使っているのか、マルチサンプリングにもなっておらず、機械的な印象を全面に出しています。

初期の頃の廉価版のサンプラーを買って、初めていじりまくって遊んでいるような感覚で、精密なプログラミングで制作されている、ある意味最新テクノロジーに対するアンチテーゼのようなアナーキーな内容になっています。スクエアプッシャーの初期の頃の感じに似ていますが、ポップな曲調になっているのが特徴です。

Drop Shadow
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ