FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20210103]

He Closed His Eyes So He Could Dance With You
(1998/07/14)

Vitaminsforyou商品詳細を見る


2009年のアルバムで現在までの最新作になります。これ以降はフルアルバムが出ていないので最後のアルバムかもしれませんが、まだ新しい作品が出る可能性もあるかもしれません。音楽的には作風がガラッと変わって、80年代シンセポップのような内容になっています。こんなにちゃんとした曲も作れるのかという驚きも同時にあります。

1. Flesh Python
2. One Nite Stand
3. He Closed His Eyes So He Could Dance With You
4. The End
5. War: Twilight Of The Idols
6. Me And My Mirror
7. B4U
8. Leave My Head Around
9. It's Over

普通に歌ものの曲も作れるというのを前提に、これまでのようなブレイクビーツ的な曲を作っていたのだと思いますが、シンセポップなアレンジにする事により、歌を中心とした楽曲を作り出しています。それでも最新のシンセサウンドを使っているので、所謂80年代リバイバルのような感じでもありますが、歌も上手いし、アレンジもこなれていますし、才能溢れる人だと思います。これで最後というのはもったいない。

レトロというよりも、まだまだこの手のサウンドは需要がありますし、古臭さは感じませんので、この路線でも良かったと思いますが、これにてある程度自己満足したのかもしれません。活動していくには、それなりに資金も必要ですし、収入が見合わなければ続けていけません。どんなスタイルでもこなせる器用さがありますから、もっと挑戦して欲しいと思います。

Flesh Python
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20210103]

The Legend Of Bird's Hill
(1998/07/14)

Vitaminsforyou商品詳細を見る


2006年のアルバムです。手法は変わっておらず、サンプリングやフィールドレコーディング素材を組み合わせたエレクトロニカになっています。フレーズサンプリングも多い事からビッグビートっぽい感じもありますが、アコースティック楽器の音源も多い事からフォークトロニカという総称がいいかと思います。リズムの作り方も巧みになっていますが、踊らせる為の音楽じゃないというところがフォークトロニカっぽいのです。

1. I Move
2. So Long Pleasant Bay
3. The Ukranians
4. Six O'Clock Whispers
5. Welcome To Echo Valley, Saskatchewan
6. Being Away From Fame (A Song For The Xenophobic)
7. I Think I Know That Kind Of Feeling
8. A Call From Curtis
9. Me, Arden And Iran-Contra
10. Nothing Never Is (In Two Parts)
11. Everything Is Always
12. 1986
13. A Call From Ghislain
14. Wishing I Lived Near Water
15. It Is Always Raining In Dublin
16. A Call From Emm
17. Cross-Crab Apple Tree
18. When We Were Young
19. It's Not The Brown That Makes Your Eyes So Pretty

ベッドルームミュージックというのが正しいのかもしれませんが、ゲストによる生演奏も含まれています。リズムとなるブレイクビーツの部分は音源にしてもドラムパターンにしても新鮮で、タイムストレッチな感じの王道ブレイクビーツなのですが、DTMとしては簡単に作れるような環境になっていますし、こだわればもっと新しい事が出来るのに、最近はここまでこだわっている人は少なくなっています。

まるで90年代へのオマージュのような部分もありますが、DTM環境が整ってきた状態での再現ですから、90年代のそれとは違う新鮮さが感じられます。何と言ってもフォークトロニカという地味なムーヴメントですが、これがパンク並みに大きな改革を与えていますから、そうした恩恵も受けながらの独自の世界観がユニークであり、ポップですからチャーミングな音楽になっています。

The Ukranians
⇒ 続きを読む

[20210102]

I'm Sorry Forever And For Always
(1998/07/14)

Vitaminsforyou商品詳細を見る


カナダのアーティストBryce Kushnierの一人プロジェクトVitaminsforyouの2003年のファーストアルバムです。エレクトロニカのポップな雰囲気の音楽性を持っていますが、歌が入ると一時期のフリッパーズギターのようなハウス系のポップエレクトロに聴こえます。ポストブレイクビーツな感じのエレクトロニカです。

1. BHOMa
2. It's Only Snow - It's Only Sunshine
3. Écologie + Histoire Part 2
4. Écologie + Histoire Part 3
5. Annie And Nicky
6. Losing Everything
7. A Little More Singing A Little More Apocalypse
8. Quand Peanut Fait Dodo
9. Theme De Gigi
10. Écologie + Histoire Part 4
11. Churchill
12. Untitled

この私的な雰囲気がいかにもエレクトロニカしていて、90年代のハウスミュージックとは違う感じになっています。音響派と言えるほど凝ってはいませんし、ローファイな感じもあり、フィールドレコーディングも含まれ、この混沌とした感じがとても私的な印象を与えてくれます。ブレイクビーツのような手法を使いながらも、踊らせる音楽にはなっていない事が90年代とは違う印象となっています。

ポップでメロディアスな印象を与えながらも、音楽として完成させないファジーな雰囲気が後のフォークトロニカにも通じる部分があります。印象的なポップさを断片的に聴かせていくような、つぎはぎのサンプリングミュージックでありますし、なのに流れてくる音楽が情緒的であったりと、不思議な世界観を作り出しています。

It's Only Snow - It's Only Sunshine
⇒ 続きを読む

[20200122]

Light Sweet Crude (Act One: Hybrid)
(1998/07/14)

Vanessa Daou商品詳細を見る


2013年のアルバムで現在までの最新作になります。5年ぶりのフルアルバムになりますが、自身のレーベルからEPやシングルのリリースは続けていて、この後もフルアルバムは出していませんが、シングルやEPは制作し続けています。ほぼダウンロード販売に力を入れるようにシフトチェンジしています。

1. Love Affair
2. Goodbye
3. The Broken Hearted
4. Dream
5. Danger Ahead
6. Love Is War
7. The Brunette
8. Break Me
9. Just for You
10. Bar D’O
11. One Thing I’m Missing
12. Chances
13. Camouflage
14. Trouble Comes
15. Revolution

自分でプロデュースするようになって、より多くの人を取り込んでかっこいい作品に仕上げるようになっています。前作も素晴らしかったですが、よりアダルトな魅力にあふれる作品になっています。まず使っている音源からして違います。基本的なジャズ、アシッドジャズ、ダブ、ソウル、エレクトロニカというスタイルは引き継ぎつつ、よりそこを強調しているのに、アレンジ、音源が違うだけでまったく違う表情を浮かべるようになっています。

曲によってマニュピレーターを変えているので、プログラミングの仕方も多様性が感じられますし、旦那と別れた事がとてもいい方向に向かっていると思います。やっている事は古かったりもしますが、音源が違っていたり、アレンジを工夫するだけでとてもモダンな感じに聴こえますし、これまでもヒップホップ感が全く無いというのも好感が持てます。トリップホップ感やテクノ感はありますが、ラップ的なノリには絶対ならないというのは、とても大事な事だと思います。

Love Affair
⇒ 続きを読む

[20200121]

Joe Sent Me
(1998/07/14)

Vanessa Daou商品詳細を見る


2008年のアルバムです。自信のレーベルDaou Recordsを立ち上げてからのリリースになります。ネットからも積極的に売るようになり、以前は少なかったPVにも力を入れるようになっています。肝心の曲作りに関しては、これまで以上に工夫が施され、かっこいいアレンジが出来上がれば歌もかっこよくなってきています。

1. Manifesto
2. Black & White
3 . Consequences
4 . Joe Sent Me
5. Hurricanes
6. Life Force
7. True
8 . The Hook
9. Love Lives In The Dark
10. Save Yourself
11. The Poem
12. Once In A While
13. Heart Of Wax
14. The Hook (Reprise)

もうスタイルこだわる必要もなくなって、自由に制作出来る環境も整い、その自由さに甘んじる事なく素晴らしい創作活動を行っています。彼らの特徴的だったトリップホップ、ジャズ、エレクトロニカに加えてブルース色も入り、それらの様々な色使いをバランスよくセンス良くまとめあげています。それにより表情豊かに歌い上げる事が出来ています。

プログラミングと生演奏の組み立て方もより立体的になっていますし、音の出し下げも絶妙でメリハリがしっかり効果的に使われています。プロデューサーだった旦那のPeter Daouと別れた事が良い方向に行っていると思います。なぜ今までこれが出来なかったのかと思えるほど、自分の持ち味を活かしながらも質の高い作品となっています。

Manifesto
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ