FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20190923]

両横綱が不在となって大混戦となりましたが、最終的に御嶽海、貴景勝と隠岐の海が3敗で千秋楽を迎えました。貴景勝は二桁勝って大関復帰を手にして隠岐の海を破り、優勝決定戦へ。御嶽海も遠藤を退け優勝決定戦へ。貴景勝は立会いで失敗したのか、引いてしまって御嶽海が2度目の優勝を手にしました。関脇の地位ですが3場所連続で二桁勝たなければ大関にはなれません。それでも来場所優勝出来れば可能性は出てきますが、それに準ずる結果だったら横審に委ねられる事になります。

幕内上位の結果
鶴竜 4勝4敗7休
白鵬 0勝2敗13休
豪栄道 10勝5敗
栃ノ心 6勝9敗
御嶽海 12勝3敗 優勝
貴景勝 12勝3敗
遠藤 8勝7敗
阿炎 9勝6敗
北勝富士 9勝6敗
碧山 5勝10敗
朝乃山 10勝5敗
逸ノ城 1勝4敗10休
大栄翔 8勝7敗
友風 7勝8敗
正代 3勝12敗
玉鷲 7勝8敗
竜電 7勝8敗
千代大龍 2勝13敗


角番だった豪栄道は勝ち越して脱出、栃ノ心はまだ傷が癒えておらず負け越し、大関陥落が決定しました。それでも貴景勝と同じく、来場所二桁勝てば大関復帰出来ますので、早く怪我を治さなければなりません。遠藤は三役の位置で二桁勝てるチャンスがありましたが、後半戦はスタミナ切れだったのか叶わず。朝乃山は横綱、大関に勝っての二桁ですから、上位定着は問題ないと思います。このまま伸びていけば順当に上に上がっていけると思います。新入幕の剣翔は二桁勝って敢闘賞を受賞。顔つきから貫禄があります。炎鵬は苦労しながらも勝ち越し、どうしても相手に十分になられると負けてしまいます。相手に十分にならせない立会いが鍵となっていくでしょう。

今年はこれまですべて違う力士が優勝しています。来場所は荒れる九州場所、誰がどのようなドラマを見せてくれるでしょうか。

千秋楽幕内全取組
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20190916]

初日に敗れた白鵬はそのまま休場しました。日本国籍を取れた事で気が緩んだのか、それでも休場したという事はまだ引退は考えていないようです。鶴竜は順調でしたが、3連敗してしまったので休場してしまいました。大関陣も不甲斐ないので、上位陣は無残な場所となりました。栃ノ心はまだ怪我が思わしく無いようですが、角番なのでなんとか出場していて痛々しいです。とにかく勝ち越したいところ。逸ノ城は鶴竜戦で腕を痛めて休場となりました。

中日までの上位の成
鶴竜 4勝4敗1休
白鵬 0勝2敗7休
豪栄道 5勝3敗
栃ノ心 3勝5敗
御嶽海 6勝2敗
貴景勝 6勝2敗
遠藤 6勝2敗
阿炎 5勝3敗
北勝富士 2勝6敗
碧山 1勝7敗
朝乃山 6勝2敗
逸ノ城 1勝4敗4休
大栄翔 3勝5敗
友風 5勝3敗
正代 2勝6敗
玉鷲 5勝3敗
千代大龍 2勝6敗
竜電 3勝5敗


貴景勝は2敗してしまいましたが、両横綱が休場した事で順当にいけば二桁まで行けると思います。調子がいいのは朝乃山で、上位でも通用する相撲、大関クラスの実力を身につけていると思います。遠藤も小結で順調な成績、二桁勝って大関取りに挑戦してほしいところですが、3場所連続二桁が求められますので、どうなるか分かりません。

平幕の隠岐の海が何となく一人で勝ちっ放しになっています。本人も気持ちよくなっているみたいですが、後半は上位と当たるでしょうからあまり期待していませんが、優勝する運が向いている力士にはこの何んとなくが思わぬ方向に行く事もありますので何とも言えません。この人の崩れ方次第で優勝の行方が伺えるというキーマンになっている事に違いはないでしょう。

中日幕内全取組

[20190909]

嵐が迫る秋場所初日がスタート。初日から白鵬が破れるという波乱で幕を明けました。関脇に陥落した貴景勝は危なかったですが、なんとか白星。角番の栃ノ心は黒星スタートとなりました。炎鵬は好調さを持続しており、巧みさと力強さが光る取り組みを見せました。

初日上位の対戦結果
◯鶴竜 叩き込み 遠藤
◯北勝富士 寄り切り 白鵬
碧山 押し出し 豪栄道◯
栃ノ心 上手投げ 逸ノ城◯
御嶽海 押し出し 朝乃山◯
大栄翔 突き落とし 貴景勝◯
阿炎 叩き込み 友風◯
◯玉鷲 送り出し 正代
千代大龍 寄り切り 竜電◯
志摩ノ海 寄り切り 妙義龍◯
琴奨菊 寄り切り 隠岐の海◯
◯宝富士 寄り切り 琴恵光
◯照強 押し出し 琴勇輝


日本国籍を取得した白鵬でしたが、日本人としての初めての勝ち星を逃しています。先場所優勝の鶴竜は好調のようですが、この明暗が後半戦、どのように流れていくのか分かりません。鍵は中堅どころの活躍にかかってくると思います。新入幕、返り入幕も多いですが、今場所も誰が優勝してもおかしくない状況であり、最後まで目が離せません。

初日幕内全取り組み

[20190722]

名古屋場所は両横綱でもつれましたが、最後まで安定感と集中力を維持した鶴竜が1年ぶりの優勝となりました。白鵬はやはり受けて圧力をかけられるともろかった。おそらくサポーターをしている両腕が万全では無かったと思われます。大関は全員が休場するという悲惨な状況となりました。高安は勝ち越してからの休場でしたが、栃ノ心、豪栄道は来場所角番、貴景勝は大関陥落となりました。来場所二桁勝てれば大関には復帰出来ます。

上位の結果
鶴竜 14勝1敗 優勝
白鵬 12勝3敗
高安 8勝3敗4休
栃ノ心 0勝6敗9休
豪栄道 3勝5敗7休
貴景勝 0勝0敗15休
御嶽海 9勝6敗
玉鷲 5勝10敗
竜電 4勝11敗
阿炎 8勝7敗
朝乃山 7勝8敗
北勝富士 9勝6敗
遠藤 10勝5敗
碧山 8勝7敗
正代 7勝8敗
大栄翔 8勝7敗
逸ノ城 9勝6敗
明生 4勝11敗


先場所優勝の朝乃山は勝ち越しなりませんでしたが、いい経験になったと思います。経験値を積んでいけば強い力士になると思います。技能賞を獲得した炎鵬は勝ち越しまで苦しみましたが、最終的には9勝しました。腕っぷしが強く、反応もよく、まわしを掴んだ腕を軸として遠心力で相手のバランスを崩すという、本当に技能賞ものの技術を持っています。ただ、その形にさせてもらえなくなると勝てません。自分十分になれる立会いが鍵となっていくでしょう。

唯一鶴竜を破った友風は七前目ですが、11勝あげて殊勲賞獲得。遠藤は後半戦善戦して二桁勝ちました。それでも足腰の不安定さ、土俵際での腰のおろしまで出来ていませんので、足腰の強化が一番の課題だと思います。逸ノ城もなんとか9勝まであげましたが、脆い時は脆い。まわしにこだわらず、体を活かした曙のような相撲を身につけるべきだと思います。若手が充実してきていますので、今後の相撲界も大いに期待していきたいと思います。

千秋楽幕内全取組
⇒ 続きを読む

[20190715]

両横綱が全勝で中日を折り返しました。鶴竜は安定していますが、後半まで持たない事が多いので分かりません。白鵬は先手先手で勝っていますが、それだけ受け身の時は危ういかもしれません。そこまで追い詰めれる力士がいればの話ですが、このまま順調にいくかはまだ分かりません。大関の栃ノ心と豪栄道は負けが込んできたので休場となりました。栃ノ心は本当に体調が悪いようでしたが、豪栄道はもっとやれたと思います。

中日までの上位の成績
鶴竜 8勝0敗
白鵬 8勝0敗
高安 7勝1敗
栃ノ心 0勝6敗3休
豪栄道 3勝5敗1休
御嶽海 6勝2敗
玉鷲 1勝7敗
竜電 3勝5敗
阿炎 3勝5敗
朝乃山 3勝5敗
北勝富士 5勝3敗
遠藤 3勝5敗
碧山 3勝5敗
正代 4勝4敗
大栄翔 3勝5敗
逸ノ城 5勝3敗
明生 2勝6敗


初めての上位挑戦だった朝乃山は黒星先行ですが、相撲内容は良く、上位でも勝とうと思えば勝てる内容が多かったです。あとは経験を積んで相撲感を磨いていけば上位に定着出来ると思います。新入幕の貴源治は正攻法の相撲で将来が楽しみですが、まだ変化の多い力士への対応が出来ていません。これも経験を積んでいくだけです。小兵の炎鵬はスピードと力強さも兼ね備えているので、対応力が舞の海級です。押し込まれた時の対応まで出来たら上に行けるでしょう。

逸ノ城は相撲内容は良くありませんが、前に出る圧力で何とか白星先行。遠藤はもう奇襲するくらいの気持ちで勝ちにこだわった方がいいと思います。正攻法で勝てるだけの実力がいつまでたってもついていません。寝て起きるたびに強くなっていく、という貴花田は特別だったのだと今は思います。普通以上の練習だけでは強くなりません。過酷な練習をコンスタントに出来る力士だけが上に行けるのだと思います。特に自力の無い遠藤が普通以上くらいの練習では通用しないというのが見えてきました。自分にあった相撲と向き合っていかないと、いつまでたっても現状維持のままです。

中日幕内全取組

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ