FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20210125]

初場所は6年連続初優勝という流れで大栄翔が初の優勝を勝ち取りました。前々から実力者ではありましたが、勝ち越したり、負け越したりの連続でありました。今場所も三役から落ちてからの優勝という事で、常にトップを走りながらの見事な優勝でした。優勝する力士は運も味方していて、危ない相撲もありましたが、勝てているという取り込みもありましたが、実力と気迫でもぎ取った優勝だと思います。

上位の結果
貴景勝 2勝8敗5休
朝乃山 11勝4敗
正代 11勝4敗
隆の勝 9勝6敗
照ノ富士 11勝4敗
高安 9勝6敗
御嶽海 9勝6敗
大栄翔 13勝2敗 優勝
北勝富士 7勝8敗
宝富士 9勝6敗
阿武咲 9勝6敗
琴勝峰 2勝13敗
栃ノ心 4勝11敗
玉鷲 6勝9敗
隠岐の海 7勝8敗
遠藤 7勝8敗


綱取りだった貴景勝は結局2勝しか出来ず休場となり、不甲斐ない結果となりました。照ノ富士は何とか11番まで勝って来場所は二桁勝てば大関復帰となります。角番だった朝乃山も正代もなんとか11勝まで勝ちました。新入幕の翠富士も9番勝って見事な相撲でした。コロナの影響で休場力士の多い場所でしたが、大栄翔が大いに盛り上げてくれました。横綱も揃うことが出来ればもっと盛り上がると思いますが、新しい勢力が育ちつつあります。

千秋楽 十両以上の取り組み
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20210118]

綱取りの貴景勝でしたが、全く圧力をかけられないほどの不調ぶりで、綱取りは完全に無くなりました。勝ち越しすら危ばまれるほど気力がついて行っていません。このまたとないチャンスをモノに出来ないという事は横綱の資質がないという事であり、仮に後に横綱になれたとしても長続きしないでしょう。もう万年大関に甘んじるしかありません。代わりに絶好調なのが大栄翔で、全勝で折り返しました。三役の時にこの成績が出せればいいのですが、初優勝をなれば話は変わってきます。最後まで集中を切らさなければありえない話ではありません。それだけ良いところばかり出ている取り口です。

中日までの上位の成績
貴景勝 2勝6敗
朝乃山 5勝3敗
正代 6勝2敗
隆の勝 5勝3敗
照ノ富士 5勝3敗
高安 5勝3敗
御嶽海 3勝5敗
大栄翔 8勝0敗
北勝富士 2勝6敗
宝富士 4勝4敗
阿武咲 5勝3敗
琴勝峰 0勝8敗
栃ノ心 2勝6敗
玉鷲 5勝3敗
隠岐の海 4勝4敗
遠藤 4勝4敗


照ノ富士は優勝に準じる成績を残すしかありませんが、来場所楽になる為にも多く勝っておく必要があります。どうもこのコロナの影響の大きい今場所で、チャンスだと思っている力士と、不安定に思っている力士に分かれているようです。逸ノ城は突き押しの相撲では安定感を見せています。以前からも行っているように、逸ノ城は曙のような取り口が一番良いと思っているので、まわしにこだわらず、突き押しに徹してくれれば上位に定着出来ると思います。組んでも勝てるけど勝つ為には突き押しに徹する事が最良の策だと思うのですが、親方とかそういうアドバイスをしていないのでしょうか。親方にも問題があると思います。隆の勝は関脇の地位で強さを発揮していますので、二桁勝って弾みをつけて欲しいと思います。

中日の全取組

[20210111]

新春の初場所ですが、多くの力士が新型コロナで陽性が出てしまい。65人ほどの力士が休場という危機的な状況の中開催されました。両横綱も感染して休場していますので、横綱取りの貴景勝にとってはまたとないチャンスではありますが、初日黒星というやらかしをしてしまいました。慎重になってしまい、前への圧力が弱かったのが原因ですが、これで緊張がほぐれてくれば取り返せると思います。

初日上位の取組結果
貴景勝 押し出し 御嶽海◯
北勝富士 寄り切り 正代◯
朝乃山 押し出し 大栄翔◯
◯照ノ富士 押し倒し 琴勝峰
宝富士 押し出し 隆の勝◯
高安 押し倒し 阿武咲◯
◯栃ノ心 寄り切り 玉鷲
遠藤 上手出し投げ 隠岐の海◯
竜電 押し出し 明生◯
翔猿 押し出し 輝◯
◯徳勝龍 引き落とし 霧馬山
◯志摩ノ海 押し出し 妙義龍
◯琴恵光 押し出し 碧山
◯逸ノ城 小手投げ 照強


先場所準優勝の照ノ富士は大関取りの足固めとなります。三役で三場所連続二桁が条件ですが、先場所準優勝しているので、今場所も同等の成績なら二場所で昇進もありえるかもしれません。新大関だった正代は怪我でいきなりカド番となりましたが、前に攻める事でなんとか白星。同じくカド番の朝乃山はまだ怪我の様子が思わしく無く黒星。休場力士が多いので、十両からも参戦していますが、それでも取組が少なくなっています。そんな中、逸ノ城は苦手な自分より身長が低い相手に勝っていますから、少しはやる気が出ているようです。開幕前から大波乱の初場所ですが、ここで男を見せる力士は誰になるでしょうか。

初日全取組

[20201123]

貴景勝1敗、照ノ富士2敗で迎えた千秋楽、両者の直接対決で照ノ富士が勝ち、2敗で並んでの優勝決定戦となりました。本割では組まれて負けた貴景勝が気迫の突き押しで勝って、大関になってからは初めての優勝を手にしました。来場所は綱取りとなります。照ノ富士も三役での13勝は大きな貯金となります。大栄翔も気迫の相撲が目立ち、二桁勝っていますが三賞には選ばれませんでした。幕尻だった志摩ノ海が11勝4敗で終盤まで優勝争いにいた事で敢闘賞を受賞しています。帰り入幕の千代の国も二桁勝って敢闘賞を受賞しました。

幕内上位の成績
貴景勝 13勝2敗 優勝
正代 3勝2敗10休
朝乃山 1勝2敗12休
隆の勝 8勝7敗
御嶽海 7勝8敗
照ノ富士 13勝2敗
高安 8勝7敗
若隆景 7勝8敗
霧馬山 3勝12敗
阿武咲 7勝8敗
大栄翔 10勝5敗
隠岐の海 6勝9敗
輝 5勝10敗
北勝富士 11勝4敗
翔猿 6勝9敗
琴勝峰 8勝7敗
妙義龍 4勝11敗


大関になって思うような結果を残せなかった貴景勝は勝った瞬間に感慨深い思いの表情を浮かべておりました。その気持ちのまま来場所も頑張ってもらいたいものです。現在の両横綱が休場がちなので、新しい横綱の誕生は待ち望まれています。怪我で序の口まで下がった照ノ富士も大関に戻れる位置までになりました。ここまで辛抱するには相当な精神力が必要でしょう。横綱までいったら新たな歴史が生まれます。

遠藤も逸ノ城も千秋楽になんとか勝ち越しました。期待されていた二人ですが、この辺が実力なのかもしれません。栃ノ心はなんとか9勝し、高安も千秋楽に勝ち越しました。実力者でありながら怪我で思うようにならない力士たちもどこまで辛抱出来るのか、体力がもってくれるのか。若い勢力も伸びてきています。来年も新たな幕開けを期待したいと思います。

千秋楽幕内全取組
⇒ 続きを読む

[20201116]

三大関のうち、朝乃山が体調不良で休場、体調が良かった正代が負傷で続いて休場となり、両横綱不在の場所、貴景勝が一人大関で引っ張る形となりました。貴景勝は万全の相撲で全勝の勝ち越し、同じく昨日まで全勝だった小結照ノ富士は中日に大栄翔に敗れました。大栄翔は手術明けでありながら万全の準備をしていたようで敢闘賞ものの相撲を取り続けています。

中日までの上位の成績
貴景勝 8勝0敗
正代 3勝2敗4休
朝乃山 1勝2敗6休
隆の勝 4勝4敗
御嶽海 6勝2敗
照ノ富士 7勝1敗
高安 4勝4敗
若隆景 2勝6敗
霧馬山 1勝7敗
阿武咲 2勝6敗
大栄翔 5勝3敗
隠岐の海 5勝3敗
輝 3勝5敗
北勝富士 4勝4敗
翔猿 2勝6敗
琴勝峰 4勝4敗
妙義龍 2勝6敗


小結に戻ってきた高安も好調だった頃の体調に戻っています。入幕二場所目の翔猿は上位に上がってきて上位との対戦の連続で負け続けていますが、負けて相撲を覚える、負けて相撲が強くなっていきますので、良い経験の場所となっていると思います。なので変化とか考えずに真っ向からぶつかって行く事が来場所につながって行くと思います。新入幕の天空海はアクアと読むんですね。力士もキラキラネームの時代になっているようです。そして、十両に落ちていた琴奨菊が引退となりました。相撲バカな人生でしたが、部屋の指導者となって行くようです。さて、番付け通りの責任を貴景勝が最後まで果たしてくれるか、照ノ富士が追い上げるのか、上位力士不在でも盛り上がってくれそうな場所になっています。

中日幕内全取組

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ