FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20200127]

十両と行ったり来たりしていた幕じりの徳勝龍が優勝するという劇的な初場所となりました。1敗を守っていた正代との直接対決で勝った事が大きかったと思います。平幕でも優勝する力士は最初から何か持っていたりしますが、幕じりなので上位対決も最後の頃にならないと無いという運もあると思いますが、千秋楽は大関貴景勝を破っての堂々たる優勝であります。

上位の成績
白鵬 1勝3敗11休
鶴竜 1勝4敗10休
豪栄道 5勝10敗
貴景勝 11勝4敗
朝乃山 10勝5敗
高安 6勝9敗
大栄翔 7勝8敗
阿炎 5勝10敗
遠藤 9勝6敗
妙義龍 5勝10敗
御嶽海 7勝8敗
北勝富士 11勝4敗
玉鷲 5勝10敗
正代 13勝2敗
隠岐の海 8勝7敗


豪栄道も大関陥落、すでに陥落している高安も栃ノ心も負け越しているので、大関復帰はかなり難しい状況だと思います。大関は長くいる地位では無いので、常に優勝を目指さないといけない立場なのに、何とか勝ち越す程度で長く居座ってもこういう結果になるのが目に見えています。遠藤は両横綱に勝っていましたが、下位に取りこぼすというところを何とか修正してほしいと思います。来場所は三役に戻ると思いますから、三役になってから二桁勝てばいいと思います。

新入幕の霧馬山は二桁勝ちました。怪我で幕下まで落ちていた照ノ富士は十両に上がってきていきなり13勝2敗で十両優勝しました。元大関ですから当然とも言えますが、かなり辛抱してきた事でしょう。世代交代の時期ではありますが、徳勝龍の優勝は若手力士に大いに刺激になったと思います。

千秋楽幕内全取組
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20200120]

両横綱が揃って金星を与え続け休場となりました。特に遠藤と妙義龍が両横綱を倒すという快進撃を見せました。昨日までは1敗力士が複数いましたが、結果貴景勝と正代が1敗を堅持。しかし、まだ2敗力士にも追いつける可能性はあります。大関陣では、貴景勝以外、元大関も不甲斐ない結果となっています。大関に長くいて、あぐらをかいていた力士には厳しい結果となっています。

中日までの上位の成績
白鵬 1勝3敗5休
鶴竜 1勝4敗4休
豪栄道 3勝5敗
貴景勝 7勝1敗
朝乃山 5勝3敗
高安 3勝5敗
阿炎 4勝4敗
遠藤 6勝2敗
妙義龍 3勝5敗
御嶽海 4勝4敗
北勝富士 5勝3敗
玉鷲 2勝6敗
正代 7勝1敗


御嶽海が本来の馬力を失っていますし、朝乃山も悪くはありませんが、勝ちにつながっていません。遠藤が見違えるほど練習してきたという自信に満ち溢れています。最後まで集中力を切らさなければ良い結果が待っていると思います。横綱不在となっただけに、今場所も誰が優勝するか最後まで見えてきません。

中日幕内全取組

[20200113]

今年も初場所がスタートしました。休場力士は琴勇輝だけなので、充実した内容となりました。大関から陥落した高安と栃ノ心は揃って黒星スタート、角番の豪栄道も黒星と調子良さそうではありませんが、一人大関で貴景勝が快勝しました。初の関脇となった朝乃山も見事な相撲で、遠藤も鶴竜を破り、金星スタートとなりました。

初日上位の取組結果
◯白鵬 寄り切り 大栄翔
◯遠藤 寄り切り 鶴竜
◯貴景勝 押し出し 妙義龍
◯北勝富士 突き落とし 豪栄道
◯朝乃山 寄り切り 御嶽海
◯玉鷲 押し出し 高安
阿炎 突き落とし 隠岐の海◯
明生 押し倒し 正代◯
宝富士 下手投げ 炎鵬◯
◯松鳳山 寄り切り 栃ノ心
◯碧山 叩き込み 阿武咲
◯隆の勝 寄り切り 竜電


炎鵬が今場所も調子良さそうで、上位に定着しそうです。小兵なので、怪我しやすいとおもいますが、大きな怪我がなければ三役まで行けると思います。今場所は魁聖と勢が帰ってきましたが、まだ本調子ではないようです。上位陣が全員出ているのも珍しい事になりましたが、そこで優勝するのは大きな意味があると思います。今年も大相撲は盛りがっていきそうです。

初場所幕内全取組

[20191125]

結局白鵬が43回目の優勝を決めました。万全では無かったと思いますし、まともに勝てた相撲もありませんでしたが、勝ち方を心得ている横綱が慎重に勝ち続けていったという事になります。上位陣の多くが休場となり、脅かす存在が無かったというのが幸いしたでしょうか。貴景勝は大関として初めての勝ち越しでしたが、二桁ならず。先場所優勝の御嶽海も脆かった。三役維持できず負け越し。

幕内上位の成績
白鵬 14勝1敗 優勝
高安 3勝5敗7休
豪栄道 0勝2敗13休
貴景勝 9勝6敗
御嶽海 6勝9敗
栃ノ心 2勝3敗10休
遠藤 7勝8敗
朝乃山 11勝4敗
阿炎 9勝6敗
北勝富士 7勝8敗
大栄翔 8勝7敗
隠岐の海 6勝9敗
明生 6勝9敗
妙義龍 8勝7敗
宝富士 6勝9敗
玉鷲 8勝7敗
琴勇輝 8勝7敗


遠藤は素晴らしい内容の相撲もありましたが、もろさ、馬力の無さが露呈。執念で勝つ気持ちがあればいなして勝つ事も優先しても良いと思います。朝乃山はもう上位で安定しているので、大関に上がるのも時間の問題だと思います。バタバタした相撲が多い阿炎ですが、何とか9番勝って、来場所は関脇でしょう。いつもながら波乱の多い九州場所でしたが、令和最後の場所を盛り上げて終わる事ができました。

幕内全取組
⇒ 続きを読む

[20191118]

あまり調子のいい力士は見当たりませんが、さすがに横綱の白鵬は万全ではないにも関わらず1敗で首位をキープ。白星を重ねていけば後半まで突き進みそうですが、万全では無い分、逆転も不可能ではありません。上位では朝乃山だけが何とか自分の相撲を取れています。豪栄道は白星の無いまま休場。高安も途中休場となりました。二人とも次は角番になります。新婚場所の高安ですが、調子が悪いと奥さんが悪く言われるので頑張りどころではありました。

中日までの上位の成績
白鵬 7勝1敗
高安 3勝5敗
豪栄道 0勝2敗7休
貴景勝 5勝3敗
御嶽海 4勝4敗
栃ノ心 2勝3敗4休
遠藤 4勝4敗
阿炎 4勝4敗
朝乃山 6勝2敗
北勝富士 4勝4敗
大栄翔 5勝3敗
隠岐の海 2勝6敗
明生 4勝4敗
妙義龍 3勝5敗
宝富士 4勝4敗


大関復帰を望む栃ノ心は復帰よりも怪我の回復を優先して休場。平幕からのやり直しとなります。再び大関に返り咲くのは苦難の道となるでしょう。先場所優勝の御嶽海は振るわず、貴景勝も勢いはありませんが、何とか白星を重ねています。遠藤は調子悪いとは思いませんが、馬力の無さがどうしても目立ちます。正攻法で横綱相撲を取りたいという気持ちは分かりますが、相撲センスはあるので、正攻法にこだわらず、柔軟な取り組みをするのが上に行ける道だと思います。馬力が無いのは認める潔さも必要だと思います。

上位陣が不安定なだけに混沌とした場所となりましたが、その中でも白鵬が優勝の仕方を心得ていて、ちゃっかり白星を重ねています。隙は沢山あると思いますので、そこに一矢報いる事が出来る覇気のある力士がいるかいないかで優勝の行方は違ってくると思います。最後までどうなるか分かりません。

中日全取り組み

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ