FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
サービスエリア
Bento2Bento2
(2008/11/05)
Macintosh

商品詳細を見る


お好きなサービスをご利用ください!!
最近のコメント
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20190128]

玉鷲が初の優勝を果たし初場所は幕を閉じました。全勝できていた白鵬が後半連敗して最終的には休場となり、追っていた玉鷲がそのまま優勝となりました。もともと実力のある力士でしたが今場所は順調に勝ち進みました。しかもこの千秋楽に第二子が誕生したというおまけ付きです。貴景勝は二桁勝ち準優勝でした。先場所優勝ですから大関になってもおかしくありませんが、大関の条件は三場所連続二桁ですから、そこは厳しい条件となっています。

上位の成績
白鵬 10勝4敗1休
稀勢の里 0勝4敗
鶴竜 2勝4敗9休
高安 9勝6敗
豪栄道 9勝6敗
栃ノ心 0勝5敗10休
玉鷲 13勝2敗 優勝
貴景勝 11勝4敗
妙義龍 5勝10敗
御嶽海 8勝4敗3休
逸ノ城 6勝9敗
栃煌山 6勝9敗
錦木 7勝8敗
北勝富士 9勝6敗
松鳳山 5勝10敗
正代 7勝8敗


自分の相撲が取れて調子が良かった逸ノ城でしたが、どうしても自分より背の低い力士を苦手としており、なかなか勝てません。そのまま気力を失い負け越しとなりました。同じく自分の形を掴みかけている魁聖は二桁勝利となりました。遠藤も二桁勝っています。しぶとさも出ていますが、後は馬力が必要でしょうか。新入幕の矢後は9勝と健闘しました。上位が不調の場所でしたが、中堅以下の力士達の活躍で最後まで盛り上がりました。来場所はいよいよ平成最後の場所となります。誰が主役となるのでしょうか。

千秋楽幕内全取組
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

[20190121]

平成、恐らく最後になるであろう天覧相撲が行われた中日、天皇、皇后が入ってきてからは自然と気迫のこもった土俵となりました。稀勢の里は勝つ為に土俵に戻っておらず、自分の相撲が取れない状況で連敗。そのまま引退となりました。自分の相撲がどういうものなのかすら忘れているような内容でした。それで土俵に戻るなんて彼の相撲人生を物語るようなものです。自分の相撲の形を自覚していれば怪我も引退もまだ無かったと思います。なんで横綱になってしまったのでしょう。どこか大乃国とダブるところがあるので、解説者になったら自分の相撲は置いといて、口が良くまわるのかもしれません。

中日までの上位の成績
白鵬 8勝0敗
稀勢の里 0勝4敗 引退
鶴竜 2勝4敗3休
高安 4勝4敗
豪栄道 3勝5敗
栃ノ心 0勝5敗4休
玉鷲 6勝2敗
貴景勝 6勝2敗
妙義龍 3勝5敗
御嶽海 5勝2敗2休
逸ノ城 5勝3敗
栃煌山 3勝5敗
錦木 4勝4敗
北勝富士 5勝3敗
松鳳山 3勝5敗
正代 2勝6敗


白鵬は万全では無いですが、勝つ事への執念、勝ち方を心得ているので全勝。どんどん調子を上げてきていますが、万全な状態では無いので、まだ付け入る隙があると思います。鶴竜は悪く無いと思いましたが、金星を上げすぎて休場。栃ノ心は足の状態が良くなくこれも休場、来場所は角番となります。絶好調だった御嶽海は土俵下で足を痛めて、これも球場、勿体無い場所となりました。

逸ノ城が調子がいいです。前に圧力をかけ、積極的に勝ちに行っている姿勢が良い結果に結びついていてると思います。最初っからこういう相撲が取れる人なのに、気持ちがついてきていませんでした。やっと本領発揮出来るようになりました。遠藤も調子は良さそうです。遠藤は不利な状態になった時の返し方に磨きをかける必要があるようです。貴景勝は常に自分の相撲を取りきっており、いい感じです。魁聖も積極的に前に出る相撲で7勝しています。今場所は脆さが見えないので期待できます。新入幕の矢後も体格を活かした相撲で、将来が楽しみです。今場所は白鵬が有利ですが、ひょっとするとという期待も持てる場所になっています。

中日幕内全取組

[20190114]

平成最後となる初場所が始まりました。三横綱が揃っての場所、白鵬も鶴竜も十分に仕上げてきた感じがしますが、稀勢の里は相撲感戻っておらず、腰も高い立会いで黒星スタート、巻き返せれば何とかなるでしょうが、このままだと覚悟せねばなりません。先場所優勝の貴景勝は大関取りがかかりますが、気負い無く自分の相撲を取っていますので、集中力を切らさなければやってくれると思います。

初日上位の結果
稀勢の里 押し出し 御嶽海◯
妙義龍 叩き込み 白鵬◯
◯鶴竜 突き出し 栃煌山
高安 突き出し 逸ノ城◯
◯錦木 上手投げ 豪栄道
◯勝富士 押し出し 栃ノ心
◯貴景勝 突き出し 正代
松鳳山 突き落とし 玉鷲◯
◯琴奨菊 寄り切り 隠岐の海
◯碧山 押し出し 嘉風
千代大龍 押し出し 阿武咲◯
竜電 突き出し 大栄翔◯


栃ノ心は足の故障で力が出せません。高安は逸ノ城の前に出る相撲で黒星、両大関が黒星スタートとなりました。逸ノ城は上位定着出来る実力がありますから、あとは気持ちと相手に圧力をかけていく相撲に徹すれば上が見えてくると思います。遠藤は好調とは思えませんが何とか勝ちました。返り入幕も多く、中堅も切磋琢磨していて充実した場所となりそうです。横綱が揃っている場所での結果が求められている貴景勝がどこまでやれるか楽しみです。

初日幕内全取組

[20181126]

平成最後の九州場所、小結、22歳の貴景勝が優勝しました。ずっと1敗のままリードしてきましたが、高安との直接対決では破れ高安と並びましたが、千秋楽に勝って、高安が負けた事によって優勝となりました。千秋楽まで優勝が決まらなかった事によって大いに盛り上がりました。相撲界を去った貴乃花親方に対して最高の敵討ち、恩返しとなりました。もう一人の貴ノ岩は負け越したので対照的な結果となりました。貴景勝はしっかりと貴乃花イズムを継承しており、立ち合いもいつでも立てるように手をついて相手を待っていますので、待ったになりません。千秋楽は先に立ってしまいましたが、貴乃花イズムでの優勝は相撲界にとっても意味のある事だと思います。

上位の成績
稀勢の里 0勝5敗10休
豪栄道 8勝4敗3休
高安 12勝3敗
栃ノ心 8勝7敗
逸ノ城 6勝9敗
御嶽海 7勝8敗
貴景勝 13勝2敗 優勝
魁聖 3勝9敗3休
妙義龍 8勝7敗
北勝富士 7勝8敗
玉鷲 9勝6敗
栃煌山 8勝7敗
錦木 8勝7敗
竜電 6勝9敗
嘉風 7勝8敗
正代 8勝7敗


荒れる九州場所は怪我人も多く、休場力士が多かったので、優勝だけでは来場所の大関取りには難しい判断ですが、その次も二桁いけば問題無いでしょう。逸ノ城は関脇の位置で負け越し。なかなか上に行けない力士です。遠藤は体の軽さが目立ちましたが、なんとか9勝しました。白星が薬になるといいますから、これからの精進を期待したいところです。ご当所の琴奨菊は二桁勝ちました。ご当所でこれだけ大勝ちしたのは初めてではないでしょうか。酒も女も美味しい九州場所で、ご当所力士は接待も多いでしょうから、いつもはそれほど振るわないのですが、いい方向に行ったと思います。来場所、横綱が出てきてからの貴景勝がどういう成績をおさめられるか、真価が問われる場所となります。

千秋楽幕内全取組
⇒ 続きを読む

[20181119]

稀勢の里は1勝も出来ないまま休場。横綱不在の場所となってしまいました。残された大関陣は総崩れになる日もあり振るわず、高安がなんとか2敗で踏ん張っています。その中、貴景勝が1敗で善戦しています。親方の敵討ちが出来ている状態ですが、もう一人の貴ノ岩は2勝しか出来ていません。好対照な二人ですが、貴景勝は後半無心でやっていけば、もしかしての初優勝も見えてきます。

中日までの上位の成績
稀勢の里 0勝5敗4休
豪栄道 5勝3敗
高安 6勝2敗
栃ノ心 4勝4敗
逸ノ城 2勝6敗
御嶽海 5勝3敗
貴景勝 7勝1敗
魁聖 2勝4敗2休
北勝富士 5勝3敗
妙義龍 4勝4敗
栃煌山 6勝2敗
玉鷲 4勝4敗
竜電 2勝6敗
錦木 3勝5敗


大関陣が不甲斐ない感じですので、平幕優勝の可能性も大きくなっています。若手も奮闘していますから、横綱不在でも見応えはあります。後は大関陣が奮起してくれればいいのですが、どうなる事でしょうか。関脇の位置で逸ノ城は振るわず、陥落の可能性が大きくなっています。平幕に下がった遠藤はなんとか白星を重ねて調子を上げてきていますが、まだ脆さが見受けられます。優勝の行方はまだまだ不透明な状況ですので、最後まで目が離せません。

中日幕内全取組

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

サービスエリア

Apple iPod touch 8GBApple iPod touch 8GB
商品詳細を見る


ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Shop.TOL
最近のトラックバック
月刊アーカイブ