FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20200523]

Pflug
(1998/07/14)

Attwenger商品詳細を見る


92年のアルバムです。歌はもうパンクになっていて、フォーク調なのはアコーディオンだけになっています。パンクだけじゃなくラップ調な歌い方でもあります。単語だけ叫ぶような、これもパンク的なのですが、ラップのイメージも持っていると思います。しかし、ラップのように単調では無く、パンクのようなスリーコードの流れに沿っています。

1. Kat3
2. Rahm
3. HiAso
4. Bian
5. Summa
6. Dramas
7. Pomaliger
8. I&Du&NuAmau
9. Gibim
10. Feda

ドラムはもうずっとパンクしています。ロカビリー的とも言えます。スウィングしているから3拍子なフォークソングにも対応出来るからでしょう。言葉も訛っていて演劇的なのでジョニーロットンっぽいし、軽快で明るい感じはトイドールズのようです。アコーディオンとドラムだけの演奏ですが、エフェクターをかけた音を被せていますので、別の楽器が混じったような効果をもたらしています。

アコーディオンの音はどうしてもパンクにはなりませんので、フィルターやフェイザーをかけたりして音を歪ませる事でロックやデジタルサウンドっぽいイメージも演出しています。真面目にトラッドフォークもこなせる人達なのでしょうが、パロディー精神や反骨精神も反映させた演奏になっています。そこは純粋なフォークファンには受け入れられないかもしれませんが、市民の音楽であるフォークソングに新たな息吹をもたらした事は評価すべきです。

Kat3
⇒ 続きを読む

[20200522]

Most
(1998/07/14)

Attwenger商品詳細を見る


91年のアルバムでファーストフルアルバムになります。全曲オリジナルを揃えてきました。しかし、フォークとパンクというコンセプトはしっかり確立しています。歌詞はオーストリアの方言を使った癖のある言葉になっていて、スラングのようなニュアンスを持っていて、オーストリアの人でも意味不明な感じになっているようです。

1. Abersee
2. Wi Schne
3. 1+ 2, 3
4. Sunnseitn
5. Tanz
6. Schick
7. Drei 4
8. Goaß
9. Da Stia
10. H.E. Zaum
11. Kreuzpolka
12. Hob Mi
13. Hochtief
14. Magazin
15. Franze
16. He - U
17. Brakpo
18. De Kia

歌は二人で歌っていて、楽器はドラムとアコーディオンのみです。しかし、それだけではステレオ空間は埋まらないので、ドラムとパーカッションを多重録音、アコーディンも伴奏とメロディーを同時に演奏出来ますが、あえて別々に録音してトラック分けしています。それでデュオというハンディを埋めています。まるでヨーロッパのパブで歌われているかのようなパブロックになっています。

パンクと言ってもトイドールズのような軽快な感じになっています。ヨーデルのような歌い方も出来ますし、ヨーロッパ全土のフォークソングを網羅しながらもパンクのような芝居風の歌い方、メロコアのような軽快感、ヒップホップも心得ている感覚、それらが独自のユニークなスタイルに結びついています。演奏力も正確で安定しており、表現力も持ち合わせています。おそらく昔からのフォークファンにとっては不良の音楽のように感じられるかもしれませんが、若い人にとっても馴染みにくいものかもしれません。でもこの潔さは不快ではありません。

Abersee
⇒ 続きを読む

[20200521]

Auf Da Oim Gengan Di Kia
(1998/07/14)

Attwenger商品詳細を見る


オーストリアのデュオAttwengerの90年のデビュー作品です。メンバーはアコーディオンのHans-Peter FalknerとドラムのMarkus Binderの二人組です。ポルカなどの民族音楽、つまりご当地フォークソングをパンクっぽい感じで演奏しています。後にヒップホップなアレンジも加えるようになっていきます。

Bei Uns Dahoam
Thurlhofer
Goaßbedlbaunbuam
Auf Da Oim Gengan Di Kia
Landla / Schleiniga
Polka Franze
Hoits Eing Zaum
Di Kia Gengan Auf Da Oim

これはミニアルバムで、ヨーロッパ各地のフォークソングのカバーですが、ドラムがロック、パンクしています。70年代後半から出てきたパンクロックもポストパンクの流れから衰退していきますが、90年代になる頃にはコアパンク、メロディアスなメロコアパンクとなって、形を変えてリバイバルされていきます。それらとは別物ですが、メロコアパンクが許されるなら、伝統的なフォークソングをパンクにアレンジしても問題ないわけです。

お年寄りなどから幅広い人達に親しまれている音楽がロックなアレンジで若者にも親しめるようになっている為、より多くの人達に受けそうですが、流石にローカルな人気にとどまってしまうのですが、後のフォークトロニカにもつながる発想なので、再評価すべき人達だと思います。アコーディオンとドラムだけというスタイルもユニークですし、伝統的な音楽に新しい命を吹き込んでいます。

Thurlhofer
⇒ 続きを読む

[20200107]

The Fiery Margin
(1998/07/14)

Alasdair Roberts商品詳細を見る


2019年のアルバムで現在までの最新作になります。また違うメンバーによるバンド演奏で、どちらかと言うと以前のスタイルに似た雰囲気に戻っていますが、明るい感じのトラッドフォークになっています。よく知られているトラッドフォークの雰囲気をなぞりながらオリジナルの曲作りに更なる新しい表現力をもたらしています。

1. False Flesh
2. The Evernew Tongue
3. Europe
4. Comments
5. A Keen
6. The Stranger With The Scythe
7. Actors
8. Common Clay
9. Learning Is Eternal
10. The Untrue Womb

新しい事に挑戦するにしても、実験的な事をやるにしても、トラッドフォークというフォーマットから外れる事がありません。だから何でも出来るという強みもありますが、大して変わらないという反面もあります。ここの線引きが難しいところで、トラッドフォークから大きく外れてしまったらもう普通のポップスになってしまいますから、この絶妙な立ち位置が一番良いのでしょう。

純粋なカントリーシンガーはいると思いますが、純粋なトラッドフォークだけで勝負して、これだけ作品を残しているミュージシャンは数少ないと思います。もうこの道では生き字引みたいな存在になっていくしかないでしょう。全く違うタイプのアーティストと共演するとかもありかと思います。コラボ作品も多いですし、ぱっとその場で演奏が始められると言うフォークの良さがこのデジタル時代に表現できていると言うのも凄い事だと思います。

False Flesh
⇒ 続きを読む

[20200106]

Pangs
(1998/07/14)

Alasdair Roberts商品詳細を見る


2017年のアルバムです。バンドスタイルになりましたが、メンバーが変われば、これまでのバンド演奏とは違う印象となります。かなりスタジオミュージシャン的なテクニックを持った演奏になっています。それはトラッドフォークらしくない演奏でもありますが、フォークロックとするなら又一歩攻めた形になります。

1. Pangs
2. No Dawn Song
3. An Altar In The Glade
4. The Breach
5. The Angry Laughing God
6. Wormwood And Gall
7. The Downward Road
8. Scarce Of Fishing
9. Vespers Chime
10. Songs Of The Marvels

これまでの演奏、音質に比べれば、60年代と70年代くらいの違いがあります。シンセも使っていますが効果音程度の使い方です。それでもシンセを使う時はトラッドフォークの伝統から飛躍しようとしている時です。それでもどこを取ってもトラッドフォークにしか聴こえないというところが彼の凄いところです。ベースとなる部分がまったくブレないのです。

本当に攻めるならもっと現代的なアレンジにする事も出来るはずですが、ブレない基盤が必要以上には変化させません。それでも、これまでにないくらいポップでジャズ、ロック寄りにはなっています。広く売れるためにはファンの幅も広げなければならないでしょうから、これくらいの変化はあって当然だと思います。そうする事によってトラッドフォークも新たな息吹を授かる事になります。

Pangs
⇒ 続きを読む

BACK HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ