FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20191014]

Covers
(1998/07/14)

Alpha Couple商品詳細を見る


2012年のミニアルバムで、現在までの最新作、もしくは最後の作品となっています。これ以降の作品はリリースされていません、活動もしているのか不明です。面白いユニットではありましたが、活動し続けるだけのモチベーションを持ち合わせていなかったのか、男女デュオだから情のもつれか、など、いろいろ推測は出来ますが、こういうデュオがいた事を気にとめる人も少ない事でしょう。

1. Lucky
2. Mariah
3. A Walk Through Central Park (With Or Without You)
4. Wenn Ich Mir Was Wünschen Dürfte
5. Lucky
6. Mariah
7. A Walk Through Central Park (With Or Without You)
8. Wenn Ich Mir Was Wünschen Dürfte

タイトルからするとカバーアルバムみたいですが、カバーというより、人の曲をサンプリングして使用しているだけです。フィールドレコーディングにノイズ、それに今回はエレキギターも使用しています。歌は歪ませて呪いのような歌になっています。音楽って研磨していけばどんどんシンプルになっていくものです。つまり旋律をデフォルメしていく現代音楽のようなものになっています。

インディーズからのリリースですが、当初25枚限定が75枚になり、現在はダウンロード販売のみになっています。まだダウンロード販売だけでは市場に形跡を残すのは難しい状況で、しかもほぼ自主制作に近い形だと、まだ相手にされないようなところがあります。よっぽど話題にならない限り、その手法で成功するのは難しいでしょう。しかし、こうしたジャブがいずれTKOしていく時代が訪れるのは近いと思います。ネットの速度がもっと高速化されていけば、MP3、ハイレゾ程度の質よりもよくなるでしょうし、そうなるとCDのサンプリングレートでは満足されなくなるので、ダウンロード販売が主流になっていくはずです。その時に、こうした魁がいたという事で再評価されて欲しいものです。

Lucky
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20191013]

WHNZ:27:NJNYC
(1998/07/14)

Alpha Couple商品詳細を見る


2011年のアルバムです。これはインディーズからのリリースになっています。フィールドレコーディングと自宅で録音したようなアコースティックギターに歌、自主制作の作品よりもローファイな感じになっています。まるでデモテープみたいです。それでもインディーズでリリース出来ると言う懐の深さを感じさせます。

1. A Walk Through Central Park
2. 15 Americans (Rothko On The Other Side Of The Room)
3. Jasper Johns (DJ Aubrey Beardsley Remix)
4. Car Song

新曲は2曲で、後はリミックスとバージョン違いの曲があります。自主制作で限定販売だった前作よりもラフですが、これでやっと日の目に会えました。このアシッドな雰囲気こそが彼らのやりたかった事なのでしょう。古いラジオ放送などを録音していたのかどうかわかりませんが、そういう現代的では無い空気感を現代音楽風に演出しています。

歌も祈りみたいになっています。ブラックマジックのような感じをあまり宗教的に感じさせないように表現しています。新しい事をやっているわけではありませんが、独特の作風は時代を超越して存在します。実験性はより強くなっていますし、かなり挑戦的な作品になっていると思います。

A Walk Through Central Park
⇒ 続きを読む

[20191013]

Stalingrad
(1998/07/14)

Alpha Couple商品詳細を見る


カナダの男女デュオAlpha Coupleの2011年のファーストフルアルバムです。自主制作で当初50枚限定で販売されていて、現在は数曲のみダウンロード販売されています。メンバーはKristel JaxとMark Wohlgemuthの二人で、フィールドレコーディング系のサンプリング素材を用いて、アコースティックでサイケデリックなサウンドを作っています。

1. Boozecan
2. The Single
3. Subject: Yup
4. Edna Pontellier
5. Penguin Classics, 1984
6. Edna & Ginny At The Beach
7. Four Eyed Monster
8. Jasper Johns
9. Rothko On The Other Side Of The Room
10. Stealing Ink
11. 4k

ミニマルな現代音楽系のサウンドトリートメントに浮遊感のある女性ボーカル、フィールドレコーディング素材は何か既成のものをサンプリングしたような感じがします。ラジオ放送の録音のようなもの、非楽器な音も重要な要素となっています。歌はフォーキーでまともなので、雰囲気作りが全てのようなところがあります。

カナダからこれほど実験的でアシッドな雰囲気のアーティストは珍しいと思います。さすがインディーズです。底辺では志の高いミュージシャンがうごめいています。ヨーロッパ系のレーベルだったら拾ってくれるかもしれないので、そこはマネージメント力が必要ですが、えてしてこう言うタイプのミュージシャンは宣伝力が疎かったりします。

The Single
⇒ 続きを読む

[20190808]

Pullhair Rubeye
(1998/07/14)

Avey Tare & Kría Brekkan商品詳細を見る


Animal CollectiveのDave PortnerとmúmのKristín Anna Valtýsdóttirによるデュオ、Avey Tare & Kría Brekkanの2007年にリリースされた唯一のアルバムです。Dave Portnerのギターと歌、Kristín Anna Valtýsdóttirによるピアノと歌という構成になっています。二人は結婚していて、夫婦による唯一のアルバムという事になります。

1. Sis Around The Sandmill
2. Opis Helpus
3. Foetus No Man
4. Who Wellses In My Hoff
5. Lay Lay Off, Faselam
6. Palenka
7. Sasong
8. Was Onaip

二人で8トラックのマルチレコーダーで多重録音していて、テープ録音の特徴を活かして、演奏は逆回転して再生したものになっています。歌も逆回転されていて、逆回転して聴こえるように歌っているようですが、何を言っているのか分からない感じが面白いようです。この出来上がった作品を逆回転すれば、そのまんまの演奏が判明しますが、逆回転する事を想定して演奏しているので、そうなると余計に分からない感じになります。

リズム系の細かいストロークだと逆回転するとサイケデリックな感じになりますが、1曲全部を逆回転しているので、サイケデリックというより、つかみどころがない感じになっています。しかも逆回転して再生してちゃんと聴こえるように演奏しているので、ただ、不思議な感じがするだけの音楽になっています。この場合、上手に逆さまに演奏しないほうが効果的だと思います。

Full Album

[20190627]

Open Land
(1998/07/14)

Awen Magic Land商品詳細を見る


2009年のアルバムで、現在までの最新作になります。2枚しかアルバムはリリースしていません。これで最後かもしれませんが、この後の情報は不明です。ケルトミュージックだけでなく、フォルクローレ、インド音楽、ダブなどをエスニックテクノにミクスチャーしようとしています。志半ばで頓挫してしまった模様です。売れなければ非常の世界であります。

1. Human Mystery
2. Magic World
3. Da Elise
4. Ethno Techno
5. Mirage Dans Mon Ame
6. Meditation
7. Luna Funk
8. Persepolis
9. Planeta Tierra

やろうとしている事は面白いし、もっと突き詰めてよかったと思いますが、いかんせん、テクノの部分がありきたりなので、スペインのローカルなデュオという枠組みからははみ出せていません。エスニックテクノも一時期は繁栄しましたが、ある程度やり尽くされた分野でもあり、新しいアイデアでも無ければ新鮮味がありません。

民族音楽には宗教的な要素もあり、そういうオカルティックな雰囲気も演出しています。そこまではいいのですが、どうしてもプログラミングの部分が弱い。無理やりくっつけたみたいな程度で終わっているので、そこが大きな課題だと思います。そこをブラッシュアップしていけば世界的にも売れるようになれたと思いますが、そうならずに終わっているようです。

Human Mystery
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ