FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20191104]

Aquellos Maravillosos Daños
(1998/07/14)

Igloo商品詳細を見る


2017年のアルバムで現在までの最新作になります。メンバーも流動的になっており、Beni Ferreiroのワンマンバンドとして存在しています。ポップなロックンロールな曲調となっており、もはやオルタナですらありません。アレンジも多彩になっていて、演出としては良いと思いますが、毒が無くなってきています。

1. Prisma
2. Generación Fatal
3. Gremlins De Ciudad
4. De Perros Y Lechuzas
5. G7
6. Bloguers De Sofá
7. Gigante
8. Si No Estás
9. Ruleta Rusa
10. La Mujer Maravilla
11. Olla Pra Min

歳をとって丸くなったような感じのポップさで、ロックとしては面白くありません。単なるイギリス、アメリカかぶれのバンドだったのかという印象になっています。自分たちのアイデンディティはどこに行ったのか、と嘆きたくなるほどポップです。これで売れると思っているとしたら大間違いで、多分スペインでも無害なバンドとしての扱いになっているのでしょう。

楽しいでしょうし、アイデアも豊富ではありますが、これまでの男気が無くなっており、単なるおっさんに成り下がってしまったのかという批判は免れないです。アイデアが豊富なのに新しさが微塵も無いという始末。ポップなのは良いでしょう。ストレートな感じもいいでしょう。バンドサウンド以外があってもいいでしょう。しかし、ロックバンドとしての気概は失ってはいけません。

Prisma
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20191103]

Ø4. El Conjunto Vacío
(1998/07/14)

Igloo商品詳細を見る


2013年のアルバムです。ドラムもまた変わり、ギターも変わっています。スタイルとしては変化はありませんが、演奏が巧みになり、アレンジの幅も広がっています。それによりハードさとポップさが増して、少し気の利いたオルタナに進化しています。デジタルサウンドも少しだけ加える事により、もう学生バンドの延長とは言えなくなってきました。

1. La máquina de fabricar relámpagos
2. Ø4. zumbidos
3. Han Solo
4. Todos los días amanece
5. Sinatra
6. Halloween vs. Samaín
7. Todo
8. Canción para el fin del mundo
9. EX
10. Mi gran evasión
11. HADA

プロフェッショナルになってくるとパンク時代のスタイルが懐かしくなってきます。未熟だったけど何かやってくれそうな期待が持てました。それが熟練されてくると、これ以上は伸びないのかと期待が薄まってしまいます。ある程度完成してくると保守的になりがちですし、冒険しなくなってきます。なんか普通なところに落ち着いてしまったなと言うのが正直な感想です。

それは人間としても面白く無い事ですが、音楽としては尚更です。ある程度スタイルが固まる事によって固定客がつきますが、冒険しない芸術ほど退屈なものはありません。ストリングスを加えたり、お金をかけられようにはなっていますが、大して変わりがありません。ロックと言う衣装は纏っていますが、これが本当にロックなのでしょうか。未熟だったファーストが一番面白かったと思います。

La máquina de fabricar relámpagos
⇒ 続きを読む

[20191103]

∞3
(1998/07/14)

Igloo商品詳細を見る


2011年のアルバムです。ドラムがJosé Brunoに変わっています。ドラマー不在の時期だったのか、nanomédicosではブレイクビーツになっていて、デジタルロックになっています。その他は、いつものオルタナ系ですが、アコースティックギターを使ったり、サウンド面での工夫も見られるようになってきました。

1. nanomédicos
2. el mundo perfecto de Kira
3. cientos de motivos
4. Nina Kulagina
5. desastrología
6. E.L.O.
7. ∞3
8. ausencia parcial
9. momentos buenos
10. años luz
11. zumo V

80年代終わりから90年代始め頃のイギリスのスタイルをスペイン語で歌っているだけの事で、何も新鮮味はありませんが、こう言う事を真面目にやっているスペインのお国柄が興味深いです。第三国にはもっと様々なバンドが潜んでいると思いますが、そういう稀有なバンドに焦点を当てる事で何か新しい発見があるかもしれません。メジャーには何一つとして期待が持てない時代ですから、無名のインディーズや自主制作しているアーティストに希望を見出すしかありません。

まるでコピーバンドのようなバンドなので、Beni Ferreiroのワンマンバンドからの脱却が必要だと思います。これもある意味レトロなバンドであり、新鮮味はありませんが、こういう真面目なバンドが一皮剥けたら大化けするかもしれません。信念は曲げる必要はありませんが、新しいブレインが加わる必要があるかと思います。

nanomédicos
⇒ 続きを読む

[20191102]

#2. La Transición De Fase
(1998/07/14)

Igloo商品詳細を見る


2009年のアルバムです。レーベルも移籍して、ボーカルのBeni Ferreiro以外のメンバーを一新しています。ベースが Pablo López Juan、ドラムが Álex Penido、ギターのTarci Ávilaの四人組で定着します。メンバーが変われば演奏の質も変わってきますし、もうパンク色は無くなっています。少し80年代っぽいオルタナになっています。

1. Al Otro Lado Del Universo
2. Veranos Del Oso Bipolar
3. Sin Mentiras
4. Desarrollo De La Autoestima
5. #2
6. Azul Casi Transparente
7. Todos Somos Átomos
8. Adán Y Ella
9. El Pase De La Muerte
10. Informe De Daños

若々しかったパンクバンドからいきなり歳食った感じになっています。キーボードがいなくなったのでデジタルサウンドは少なめです。80年代のネオサイケに近い感じのオルタナバンドに変貌しました。時代遅れな感じもしますが、スペインからこんなバンドが登場するなんて面白いと思います。ふた回りくらいしてネオサイケも新鮮かもしれません。

ソリッドバンドスタイルに徹していますが、デジタルな遊びがあっても良いと思います。まだメンバーを新しくして間もないので、そこまで余裕が無いのでしょう。カレッジバンドの延長のような感じもしますが、ここまでシンプルなのもたまには良いかもしれません。演奏達者じゃないところもロックバンドらしくて微笑ましいです。

Al Otro Lado Del Universo
⇒ 続きを読む

[20191102]

Igloo
(1998/07/14)

Igloo商品詳細を見る


スペインのインディーロックバンドIglooの2005年のファーストアルバムです。メンバーはベースの Diego Castr、ドラムのDavid (367)、ギターの Selín、キーボードの Juan-Gil López、ボーカルとギターのBeni Ferreiroの5人組でスタートしています。メロコアパンクにデジタルサウンドを加えたスタイルで、デジタルロックとも言えない感じではありますが、U2っぽいパンクみたいな感じです。

1. Silvia Saint
2. XL
3. Y Todo Lo Demás
4. Una Película Francesa
5. Dime Que Sí
6. Todo Bajo El Cielo
7. Nunca Será Igual
8. El De Antes
9. El Día Que Me Quedé Solo
10. Nanook

パンクバンドにキーボードやシンセが加わるとニューウェイヴみたいに思う人がいますが、キーボードを中心としたストラングラーズは紛れも無くパンクバンドでありました。リード演奏が出来ないバンドバンドにとってキーボードは重要な立場にいました。このバンドでのキーボードは効果音的な立場をとっていますので、あくまでもギターパンクバンドなのですが、パンクバンドでここまでこだわってシンセサイザーを使っているバンドは最近では珍しいです。

パンクと言う固定概念は、破壊の象徴だった本来のパンクの意義を失うものであり、本来はオルタナのように既成のロックへのアンチテーゼであるべきであり、固定概念に縛られない演奏をするべきであり、そう言う意味においては、本当のパンクバンドはポップグループのようなアヴァンギャルド色が強いものであったと思います。しかし、元祖はテレヴィジョンであり、とても紳士的なカレッジバンドでありました。そう言う意味合いにおいて、少し間を置いているスペインではあまり既成概念に縛られないパンクバンドが育っていたようです。

Silvia Saint
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ