FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20200125]

Low Spokes
(1998/07/14)

Lucas Van Lenten商品詳細を見る


2013年のアルバムで現在までの最新作になります。前作からは9年のインターバルがありますが、アマチュアなので時間をかけても問題ところです。前作ではプログラミングもありましたが、今回は仲間を集めてのバンド演奏でレコーディングされています。しかも自分で設計したHell’s Kitchenという自分のスタジオでのレコーディングになります。スタジオまで作るなんてよっぽど好きなんでしょうが、それにしては作品のリリースがまだ少ないです。

1. San Sebastian
2. Pocketful of Blackbirds
3. Animal Behavior
4. Gold Monkey
5. Black Veruza
6. Speak of the Devil
7. Taxicab Blues
8. Hatful of Bees
9. Out in the Streets
10. Toledo Facedown
11. Shake the Bells Dow

今回もブリットポップでひねくれポップな珠玉の名曲が作られています。プロの世界ではここまで素直にひねくれポップスを作る人がほとんどいなくなっていますので、ポップロックファンにはお勧めの内容になっています。シンセサウンドは新しくなっていますが、生演奏なのでポップの王道を行っています。自分の子供の声だと思われるフィールドレコーディングも使ったりとアイデアに溢れています。

時間をかけているだけあって、アレンジも曲の出来栄えも素晴らしいです。ヴォイストレーニングを受けていない歌の方が親しみやすかったりします。最近はネコも杓子も金払ってヴォイトレするのが当たり前になっていますが、昔のロックバンドでそんな奴はいませんでした。特にキンクスファンにはお勧めの素晴らしい名盤に仕上がっています。メジャーもインディーズも含めて、最近の作品の中では一番好きだと思える作品に出会えました。自主制作だとしても、世界に誇れる名盤だと思います。

San Sebastian
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20200124]

Slowpoke
(1998/07/14)

Lucas Van Lenten商品詳細を見る


アメリカのミュージシャンLucas Van Lentenの2004年のアルバムです。過去にバンドで活動はしていたようですが、プロではないようで、普通に家庭を持っている人なのですが、自主制作でダウンロード販売を続けています。こういうアマチュアでも作品を出して販売している人は現在は数多くいますし、そういうシステムが定着しつつあります。しかし、レーベルの力がないと知名度を上げるのは難しいところです。

1. S.O.S.
2. Twice
3. Ghost Ship Dub
4. Picture Show
5. Missing
6. Satellites & Snowcones
7. Blacktop
8. Musique
9. On the Skyline
10. The Acid Gang
11. Dogs Are Nations
12. Loot
13. Lullaby Fr Ther Natives
14. Mutiny on the Bountiful
15. Fingertips

ほぼ自分で多重録音、プログラミングをしていますが、数名の友人ゲストが参加しています。曲調はブリットポップっぽいパワーポップという感じです。確かにアマチュアっぽいですが、それだけに新鮮さもあります。曲もしっかり作曲されていますし、プロでもインディーズものには引けを取っていないと思います。自分一人でやる場合には偏る場合もありますが、アイデアは豊富なようで楽しめます。

プログラミング、サンプラー等も使っていますが、テクノ系にはならず、バンドフォーマットなアレンジのバリエーションとして使用しています。サンプラーもテクノミュージシャンが使う事が多いですが、ロック側の人間が使うと新しい発見があったりします。ダンスミュージックになる必要は無いのですから、一般的な使い方にこだわる必要もありません。そういう意味においては、今後注目していかなければならい分野だと思います。

S.O.S
⇒ 続きを読む

[20191108]

RS=5EADB26wwKKIMCgt33CApkYWNgrzC6_Y-;_ylt=A2RCL6Drawings of Clouds
(1998/07/14)

The Lentil Collective商品詳細を見る


南アフリカのグループThe Lentil Collectiveの2012年の唯一のアルバムです。ダウンロード販売のみになっています。アコースティックギターによるトリオ編成のグループで、メンバーはボーカルのChris Davidson、ベース系ギターのStephan WillemseとNick Jonesによる三人編成です。

1. Help Me Up
2. Birds in the Garden
3. Rome is Burning
4. Peculiar Day
5. The Harvester
6. Don't Turn Too Soon
7. The Way Things Are
8. Shunters Yard

三本のギターによるフォーク系のスタイルですが、曲によっては鍵盤も入っています。アフリカという事で、ヨーロッパ的な哀愁のあるフォークソングだけでなく、トロピカルなレゲエ曲があったりします。作品がこれだけなので、全体が把握しにくいですが、ドラムレスですが、パーカッションっぽいアレンジがあります。

ロックバンドスタイルにこだわらずに三人でやれる事をやろうというスタンスなのでしょう。しゃがれ声の歌で、昔の酒とタバコで声を枯らしたフォークシンガーっぽいです。フォークを基調にしながらも、もっと色々とやってみたいという気持ちは伝わってきます。これ以降の作品がないので、活動していくには厳しい状況だったのかもしれません。

Help Me Up
⇒ 続きを読む

[20191031]

Porvenir
(1998/07/14)

Le Parody商品詳細を見る


2019年のアルバムで現在までの最新作になります。ワーナーとの契約は1枚限りでインディーズに移籍しています。しかしサウンド面はさらに進化して完成度を増しています。エレクトロニクスの部分が増えてラテンエレクトロニカになっています。現代的で都会的なサウンドとスペインの伝統的な官能的な音楽が見事に融合しています。

1. Flores
2. Plata Fina
3. La Piedra
4. El Junco
5. La Puerta
6. Alepo
7. La Fuente
8. Europa

まだジプシーがスペインに移り住む前のスペインの音楽。それは中東の音楽に近いものであり、シルクロードの道は様々な文化を流通していた事が分かります。スペインと言ってもいくつかの国が統合された総称であり、合衆国のようなもので、地方によって様々な文化があり、それらルーツミュージックとエレクトロニクスを融合させるという試みは、スペイン本国のみに限らず、世界的にも通用する音楽として昇華されています。

サンプラーも活躍していますが、それ以上に電子音の出番が増えています。これまではサンプリング素材の力を借りている部分もありましたが、それに頼らずともスパニッシュな雰囲気を作れるようになっています。なぜこれほどまでの才能をワーナーは手放すのか、大手メジャー企業にはアーティストを育てるという気概と能力が失せているように感じます。現在、一番才能が必要なのは企業であり、資質が問われているのも企業側でありましょう。ミュージシャンにとってはセルフプロデュース能力が必須になってきています。

Flores
⇒ 続きを読む

[20191030]

Hondo
(1998/07/14)

Le Parody商品詳細を見る


2015年のアルバムです。自主制作していたのが、いきなりメジャーのワーナーと契約してからの作品になります。メジャーになり、売れ線に走るのかと思いきや、民族音楽性を前面に出したマニアックな内容になっています。エスノテクノのようなドープさとポップさを出して、本国スペインでは知名度が上がりますが、流石にワールドワイドでやっていくにはマニアックになり過ぎています。

1. Hemos Venido A Deshacerlo
2. Por El Camino Largo
3. Hondo Agujero
4. Corazón Monstruoso
5. Saetas En El Aire
6. Quise Ser
7. Dejadla Sola
8. El Agua Es Clara
9. Ríos De Lamentos
10. Peligroso Criminal
11. Cae, Cae, Cae

メジャーになった事でゲストミュージシャンも雇っていますが、サンプラーによる雰囲気作りがキモになっています。曲調も民族性が強いですが、サンプリング素材もそういうものを選択して民族楽器の響きを大事にしています。スペインと言ってもフラメンコばかりでは無く、土着のフォークソングがあります。どの地方のものをやっているのか、詳しくは分かりませんが、少しアラビックな感じがしますので、西側の地方のように推測します。

スペインも昔イスラムに占領されていた地域がありますので、その影響のある音楽だと思われます。そこにデジタルサウンドが加わる事には拒絶反応は無く、トリップホップ的なロック色が反映しています。フォークトロニカがあらゆる分野に浸透している事を感じさせる作品だと思います。色気と毒があり、ロックとしても、テクノとしても完成度の高い内容になっていると思います。

Hemos Venido A Deshacerlo
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ