fc2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20211204]

some more bullshit 05-08 (incomplete)
(1998/07/14)

Mesita商品詳細を見る


2021年11月にリリースされた、現在までの最新作になります。これもリリースされたばかりなので、まだ一般的な販売ルートには乗っかっていません。タイトルからも分かるように、前作05-08に入りきらなかった曲を集めたもののようです。こちらはブレイクビーツというより、フォークロックな感じの曲をプログレッシヴに演奏しています。

1. This Is A Crashing Plane
2. Reset
3. With Sprinkles
4. I Can Change This Now (ateaseweb)
5. Can't Tell Me Nothing (ye 2007)
6. Random Jam
7. Loomer (mbv 2007)
8. 13 Volt
9. When The Martyr Meets The Miser
10. All I Need (rh 2007)
11. Claustrophobia

こちらもデモというより、完成されていますが、ここから更に音源などを差し替えて本来は完成品にしているように思います。Mesitaとしてはまだ未完成な状態なのでしょう。つまり、一人で、自主制作で音楽配信しているにも関わらず、ラフなデモから、スタジオにおいてのある程度完成された状態に持っていき、更にそこから細かい部分の修正を経て作品をリリースしていたという事が判明しました。

そこまで突き詰めているからこそ、一人マルチレコーディングなのに、あそこまでの完成度を誇っていたのですね。では何故、このようなまだ未完成な状態の作品をリリースしたのか、これはこれで面白いのです。未完成だからこそ面白いという事もあるのです。これこそ自主制作らしい自由な感じがあります。こういう状態の方が一般的には理解されやすいのかもしれません。それだけ、本来のオリジナル作品は、かなり先を行っているのあります。もうコロナとか気にしないで、もっと自由に活動してもらいたいと思います。

Full Album
スポンサーサイト




[20211204]

Mesita 05-08
(1998/07/14)

Mesita商品詳細を見る


2021年11月にリリースされたばかりの作品です。リリースされたばかりなので、まだちゃんとした販売ルートに乗っかっていませんが、後に各販売ルートにアップされていく事でしょう。18曲もあるので、2枚組な感じの内容になっています。実際には1枚半くらいの容量です。ブレイクビーツっぽい感じのアレンジが多く、しかも、攻撃的で、ダークな雰囲気を持った作品になっています。

1. Bank Customers
2. We Are People Like Us
3. Losing It
4. The Darker Evenings
5. The Arctic Circle
6. Racehorse
7. Good Morning Coffee
8. Young No Longer
9. Forces of Nature
10. Jesters
11. Forever For Now
12. Old Habbits
13. Never Loved You
14. I Really Don't Have Anything To Talk About
15. We Swim In Infinite Oceans
16. When We Pretend To Be Angels
17. The Outer Limits of Greeley
18. Dog Pet Pet Dog

ポップ感覚を持っていますから、いい曲を書いていますが、これまでのポップワールドとは違って、暗く、攻撃的で、内省的な音楽になっています。アレンジは、はっきりとしたブレイクビーツでもありませんが、明らかにサンプリング素材をカットアンドペーストして作った風になっていて、グランジなエレクトロニカという感じでしょうか。

詳しい情報は無いのですが、05-08というタイトルから、2005年から2008年にかけて作られた作品の未発表曲を集めたものなのか、これもデモ的な内容なのか、それにしては曲は完成されています。いつもより少し粗めではありますが、これに音源を差し替えてからの本当の完成になるにか、そこは作り手にしか分からない領域であります。とてもロックな、オルタナ?な感じの作品になっています。

Full Album

[20211203]

You're Still Beautiful
(1998/07/14)

Mesita商品詳細を見る


2021年10月リリースのアルバムです。以前出したYou Are Beautifulの続編のような内容で、アコースティックギターによる弾き語りのみのデモのような音源になっています。容量的にはミニアルバムっぽいのですが、ダウンロード販売なので、あまり容量は関係していません。好きなだけの容量で出せます。

1. End
2. Everything
3. Filler
4. Fans
5. Queer
6. Coffee
7. Context
8. Pussy
9. Death
10. Done

どの曲も似たようなコード進行で、歌詞も完全に決まっていないような、語りも入っていたり、いつもの完成された彼の作品に比べたら、デモにすらなっていなような状態ですが、こういうフリーな感じから曲に仕上げているのでしょう。だからいくつもの作品を大量に作り出せるのでしょうね。あらかじめ曲の構想を考えていた方が多彩な曲を作れると思うのですが、一つのアルバムが統一感を持っているのは、こうした作曲法が影響しているのかもしれません。

例えば、ブレイクビーツの定義として、一つの曲を作るのに、一つの曲のサンプリングだけで作ると言う流儀があります。一つの素材でどれだけの曲を作れるかと言う事が試されると言うか、そう言う試練を自分に与えるという事を流儀としているアーティストが多くいました。それと同じで、同じセッションから生まれた曲でアルバムを作ると言う作業も似たような感覚なのかもしれません。であれば、このようなデモが存在しても合点がいきます。

End
⇒ 続きを読む

[20211202]

Life Is Flashing Before My Eyes One Day at a Time
(1998/07/14)

Mesita商品詳細を見る


2021年のアルバムです。今回はニューソウルと言うか、フィリーソウルとも違いますが、ブルーアイドソウルみたいなオシャレな音楽で統一されています。しかも17曲もあり、2枚組サイズなのでしょうが、ダウンロード販売に枚数は関係ありません。ステイホーム時期で、かなり曲を書きためていたのでしょう。この年はこのアルバムだけでは終わりません。

1. I Don't Know What This Song Is About
2. I Found a Feather
3. I Voted Today
4. I Want to Become a Flight Attendant
5. I'm Considering Quitting Music
6. I Love Snow!
7. I Need to Sort Myself Out
8. I Befriended a Spider
9. I'm From Denver
10. I Love Anime
11. I've Been Wandering
12. I Need to Finish This Album
13. Bad Feeling
14. Park Bench
15. I'm Still Here
16. I'll Have a Husband
17. This Album Done

ソウルミュージックっぽいけどブラックミュージックとは違う、ブルーアイドソウル。後にネオアコに発展していくスタイルですが、その前にA.O.R.にもなっていきます。ですから、古い感じではありますが、それらの大元になる訳ですから、心地良く、この状態でも何ら問題無いのであります。アレンジの仕方によれば現在でも十分通用する音楽です。

サンプリングによるものだと思いますが、ホーンセクションのアレンジもバートバカラックっぽいオシャレな感じにしています。デイヴィッドフォスター風にしていけばA.O.R.になっていく訳です。アメリカンポップスの王道ですね。しかし、ヒップホップの横行で最近は軽く見られがちですが、逆に新鮮に聴こえます。レアグルーヴとしてなら分かりやすいのかもしれませんが、この人の音楽センスは底が知れません。

I Don't Know What This Song Is About
⇒ 続きを読む

[20211201]

Empty Island
(1998/07/14)

Mesita商品詳細を見る


2020年 夏にリリースされたアルバムです。コロナ禍でのリリースということもあって、stay safe out thereというメッセージが添えられています。曲の内容もそれらしきものであり、これまでのデモっぽい作風を改めて、本来のきちんと完成された作品、アルバムごとに違うコンセプトをもった統一感が蘇っています。

1. Drift Away
2. Late Earth
3. Real World
4. Inevitable Spring
5. Self Care
6. Human Touch
7. Stand Up
8. Vanilla Hell
9. Akatsuki Shuffle
10. Mirror Image
11. Ocean Song

今作はプログレッシヴなポップソングという感じでしょうか。オーケストレーション的なアレンジでありながら、曲はポップソングになっています。ダウンロード販売のみの活動をしていますから、お店に買いに行かなくてもいい販売方式を活かして、ステイホームの生活への応援メッセージになっています。自主制作で、自分でマルチレコーディングしていますから、この期間においての活動が活発化しています。

細々とコロナ禍においてのメッセージソングを届けているミュージシャンもいますが、そこでセンスのあるミュージシャンは、コロナに関係ない時においても通用するような曲を作っています。音楽は普遍的であるべきという曲の作り方が出来る人ですね。出来ていない人が多かったと思います。こういうところでセンスが明確に見えてきます。ただ悪態をつくなんてもってのほかです。それでは何の解決にもありません。ロックが反抗的な音楽だとしても、建設的でないロックに何の魅力があるでしょう。本当に、ここにミュージシャンとして、人間としてのセンス、気質が明確に現れています。

Drift Away
⇒ 続きを読む

HOME NEXT
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ