FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060106]

ワンダーウォール ワンダーウォール
ジェーン・バーキン (2005/05/11)
キングレコード

この商品の詳細を見る


ジョージハリソンのソロアルバムで、ビートルズ解散前、アップルレコード第一弾として発売された。ジョージのアルバムの中では一番の好きなアルバムである。お得意なインド音楽をプログレ的な雰囲気をもって昇華している。ポップな曲もあり、よく聞いている方だ。しかし、これは映画のサントラ版である。ワンダーウォールというジョー・マソット監督によるサイケなムービーであるが、上映はされなかったそうである。つまり、DVDを購入しないとみれないのである。

この映画の一番の魅力は、なんと言っても若かりし頃のジェーンバーキンを見れる事である。若い頃のジェーンバーキンのなんと可愛らしい事か。昨日のブログで紹介した、欲望にもちょい役ででていたが、こちらは全面ジェーンパーキンが主役である。

ジェーンバーキンは後に、フレンチポップのゴッドファーザー、セルジュ・ゲーンズブールと運命的な出会いをして、レコード上でエロエロ大作戦を敢行していくのである。なんともスキャンダラスなフランスのジョンとヨーコである。

この映画もイギリスの映画であるが、照明の当て方など、一目でイギリスの映画だとわかる独特のセンスがある。変態的ではないが、サイケでポップな美術センスが心地よい。

Movie Trailer
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト





2006-01-06(Fri) 23:30 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
[20060106]

ラトルズ4人もアイドル! ラトルズ4人もアイドル!
ザ・ラトルズ (2005/11/23)
バップ
この商品の詳細を見る


ラトルズ:四人はアイドルというDVDを購入しました。これは、イギリスのモンティーパイソンというお笑いTV番組の関係者で、ビートルズを完全にパロディー化し、ラトルズというバンドのヒストリーを番組化したDVDです。

音楽的にもパロディー化しており、トッドラングレンよりも音楽的には質が高いと評判だったので、CDを買おうかと思っていたら、DVDが再発されるとの事だったので、DVD購入しました。トッドは盗作にならない程度でパロディー化しておりましたが、ラトルズはそんなのおかまい無しでパロっておりますので、かなりいい感じになっておりました。歌い方も各メンバーの特徴をコピーしており、特にジョンのリパプール訛も正確にコピーする徹底ぶりです。

ヨーコ役はなぜかナチス風の女でしたが、リンダ役はなぜかビアンカジャガーでした。メンバー以外のエピソードについても細かくパロっておりましたが、僕だったら、ツイスト&シャウト風の曲でジョンの喉を爆破してみせます。又、全編に渡って、ジョージハリソン本人がレポーターに扮しております。

ビートルズに詳しい人には、かなり笑える内容になっておりますが、知らない人でもそれなりに笑えるのではないでしょうか。

Rutles Intro
⇒ 続きを読む

[20060106]

スウィート・トロント スウィート・トロント
ジョン・レノン (2002/12/11)
コロムビアミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る


ビートルズ解散前にジョンとヨーコとプラスティックオノバンドによって行われたコンサートのライブアルバム『平和を我等に』は、最初に買ったジョンのアルバムだった。その映像版が、今はDVDで見れるのだ。夢のような時代である。

初代プラスティックオノバンドのギタリストはエリッククラプトンである。クリームを解散して、ブラインドフェイスも解散した後の、次を模索していた時の映像である。ドラムは、後にイエスに加入するアランホワイトである。

元々は、ロックンロールリバイバルという肩書きのコンサートである。ジョン達の他には、チャックベリー、ジェリーリールイス、リトルリチャード達の映像もはいっている。
もう当時既に年をとっているこの御大達のよれよれの演奏の中では、リトルリチャードだけは質の高い演奏を聞かせてくれた。なんか、プリンスのような面持ちでさすがの雰囲気をかもし出していた。

この頃のクラプトンは、今のように人間ギタリストではなく、ギターの神様として現役ばりばりの演奏を聞かせてくれる。その切れたるや、最近のロックギタリストでも真似出来ない領域に達している。特筆すべきは、クラプトンの音楽では一度もみせていなかった、スライドギターやフィードバックまでも披露してくれる、貴重な映像なのである。

オノヨーコの絶叫に合わせて、ジョンがフィードバックを決める楽曲は有名だが、まさか、クラプトンまでもがフィードバックをギンギンに決めているとは、想像していなかった。

オノヨーコには、好き嫌いのある人が多いようだが、その才能は過小評価されているとしかいいようがない。あのビブラートを効かせた唱法は、T-REXのマークボランに影響を与え、その前衛的な芸術性は、後のパンクや、アバンギャルド、インダストリアルなアーティスト達に与えた影響力は計り知れない。早過ぎた天才であり、ジョンとともに正直すぎた為に誤解されている部分も多々あると思われる。

最後に、フィードバックを奏でたままのギターをアンプの前に置き去りにして、メンバー全員が引き上げて終了する。しかし、誰があのノイズを消すと言うのだろう。まるで一遍のイタリア映画を見終えたような気分で映像は完結する。

Blue Suede Shoes
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ