FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060107]

ロックと言うと、黒人と白人の音楽というイメージがある。しかし、我々、黄色人種も深く関わっているのである。

中国と言うと、一般的に漢民族を指すが、その領土を拡げていく中で、周りの少数民族も取り込んでいく行く事となる。現在では、それらも含めて中国である。その中国の少数民族の中に、音楽を生業として生活していた部族があった。冠婚葬祭に音楽を演奏して収入を得るのである。今でこそ音楽は再生技術を持って、いろんなところで気軽に音楽をかける事が出来るが、レコードが出来るまでは、生演奏するしか音楽を聞く事は出来なかったのである。しかし、結婚式や葬式が一つの町でそんなに行われるはずも無く、その為、この部族は遊牧民のように定住せず、いろんな場所に出向いていっては、音楽を演奏するという生活を繰り返していく。

それがエスカレートして、ユーラシア大陸を西へと横断していくようになる。南側を通り、スペインへと辿り着いたもの達はやがて、ジプシーと呼ばれ、フラメンコを生み出していく原動力となる。北側を通っていったもの達は、ボヘミアンと呼ばれ、ついにはイングランドからアイルランドへと渡っていく。そして、アイルランド民謡、つまりはフォークソングやケルトミュージックを形づけていくのである。

時はアメリカ開拓。アイルランドから多数の移民が映り住んでいく。それらの人達が愛した音楽がやがてブルーグラスからカントリーミュージックへとなっていく。

その前に一般的に知られている流れを語ろう。アフリカから連れてこられた黒人奴隷である。白人鼓笛隊が使い古していた楽器を拾い集めては、思い思いの音楽を演奏していく事になる。それがJAZZの始まりである。JAZZの中にはBLUESという形式がある。それはスリーコードを基本としており、ギター一本で歌う事も出来た。そうした中で出てきたブルースギタリストで有名なのは、クラプトンも影響を受けたロバートジョンソンである。

やがて、リトルリチャードやチャックベリーにより、8ビートのブルースは16ビートで奏でられるようになる。私が今32ビートに挑戦しているのと同じようにである。リトルリチャードの歌は後にポールマッカートニーに真似され、ハードロックのシャウト唱法へと影響していく。チャックベリーは、自分のバンドにいたピアニストが弾いていたフレーズをギターで真似して弾いてみせた。それが有名なジョニーBグッドのイントロである。ギターで弾くと非常に簡単なので、その後のロックンロールギターの基本となった。それからチャックベリーはいろんなロッククラシックとなる名曲を生み出して行く。ボブディランもジョンレノンも口を揃えて言う事に、アメリカで最高の詩人はチャックベリーだと言う事である。英語を使わない私たちにはピンとこないかもしれないが、英語圏の人にとっては、チャックベリーの言葉使いは、かなりイケテいるのだそうだ。

そしてロックンロールとカントリー&ウェスタンが融合して、ロカビリーが生まれた。ここで初めて、黒人、白人、黄色人種の音楽が融合する事となる。そして生まれたのが、スーパースター、エルビスプレスリーである。その後の流れは既に知られているように、プレスリーに影響を受けたビートルズが世界を席巻していき、レッドツェッペリンがブルースをハードロックへと昇華していく。

後はもう、皆さんご存知の通りである。輸入ものと思われがちなROCKには、我々黄色人種の血も流れている事を知っていただきたかった。これからは、胸をはって、誇りをもってROCKして参りましょう。流行もへたりも関係ない。LONG LIVE ROCK!!
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ