FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060226]

Fireball Fireball
Deep Purple (1990/10/25)
Wea Japan
この商品の詳細を見る


メカニカルなSEの中からもの凄い勢いでドラムロールが入り、かなり早いテンポのファイアーボールが始まります。他にはストレンジ・ウーマンが有名な曲ですが。誰かの娘は珍しくカントリーだったりします。

1. Fireball
2. No No No
3. Strange Kind of Woman
4. Anyone's Daughter
5. Mule
6. Fools
7. No One Came

前作や次回作に比べると、あまり作り込まれていない感がありますが、なにせ黄金時代のメンバーによる演奏ですので、それだけでも充分楽しめるアルバムだと思います。

ザ ミュールは、後にレインボーでリッチーがヤードバーズのスティルアイムサッドをカバーしますが、そんな後期ヤードバーズ的な作品になっております。緩やかなサイケという感じです。そんな第一期的な部分を踏まえられる人なら納得出来る作品だと思います。あくまで、インロックから入って、気に入ったら次回作を聴いて、ファンになったら聴いてみて下さい。

Fireball

No No No

Strange Kind of Woman

⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20060226]

音楽以前に、アルバムジャケットが気に入って買ってしまう、ジャケ買いと言う事がある。それだけに、ジャケットデザインは重要である。数々の名盤のジャケットデザインを手がけてきた、ヒプノシスというチームについて語ります。

ツエッペリンでは、聖なる館からジャケットをてがけている。プレゼンスでは、モノリスが存在する社会をおしゃれに映し出す。ピンクフロイドでは、一部を除いてほとんどのアルバムを手がけている。EL&Pのトリロジーでは内ジャケットデザインが不気味である。かなりインパクトがあり、ファッション性も兼ね備えているのが特徴だろうか。10CCのビックリ電話など、物語性もあったりする。キャラヴァン、ブラックサバスなど、なんか気になるジャケットがあれば、デザインがヒプノシスだったりする。70年代、80年代では、アーティスト同様、欠かせない存在だったはずです。

私も、音楽第一としており、写真を公表しておりませんが、目からくる印象も大事ですので、曲をイメージさせる映像も大切にしなければと思っております。しかし、デジカメを持っていないのがまずいですね。携帯だと、小さいし、ネット運営には、デジカメは必需品でしょうか。なんかの懸賞で当たんないかな。

[20060226]

Deep Purple in Rock Deep Purple in Rock
Deep Purple (1990/10/25)
Warner Bros.
この商品の詳細を見る
イン・ロック(紙ジャケット仕様)イン・ロック(紙ジャケット仕様)
(2006/02/22)
ディープ・パープル

商品詳細を見る



いよいよ黄金時代によるハードロック第一作、その名もインロック。これまで、ツェッペリンやフリーなどの成功を横目で見ていた分、リッチーの才能が爆発します。

1. Speed King
2. Bloodsucker
3. Child in Time
4. Flight of the Rat
5. Into the Fire
6. Living Wreck
7. Hard Lovin' Man

まずオープニングのスピードキング。これこそがハードロックという感じです。リズム&ブルースの8ビートLet The Good Time Rollを16ビートにアレンジしたジミヘンの影響が伺えますが、これはそれよりも超高速なビートで展開されていきます。ソロの前にはジャズ的なアレンジになりますが、曲の一部として作曲されている印象的なギターソロによって、リッチーは押しもおされぬギターヒーローとして崇められていきます。
そしてアームを使ったリフがカッコイイ、ブラッドサッカー、やった女が処女だったという歌詞です。パープルの歌詞は大体そんな感じです。深い内容の歌詞ではなく、どちらかと言うとストーンズ的な、男のロックという感じの詩です。何たって、当時20代なので、納得出来ます。ピートシンフィールドが年不相応なだけです。

ハイライトは何と言ってもチャイルド・イン・タイムです。ギランの高いボーカルを存分に活かしたバラードから、どんどんスピードアップしていき、インプロビゼイションのようなソロの応酬となります。予定されているギターソロもありますので、バンド全体でそのソロを盛り上げていく勢いがあります。

全体を通して、全員のプレイはかなり興奮状態にあり、スタジオアルバムでこれだけ攻撃的なプレイというのも珍しいほどです。それだけにロックを語る上では欠かせない名盤と言っていいでしょう。このスリリングな危うさというのは、このアルバム以外では感じ取れません。まずロックを聴くならこれから聴け!!と言えるアルバムです。

Speed King

Bloodsucker

Child in Time


⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ