FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060508]

Pin Ups Pin Ups
David Bowie (1998/02/24)
Capitol
この商品の詳細を見る


ミニスカートの女王ツィッギーと映っているジャケット。まるでプラスティックアンドロイドのようです。このアルバムは全てカバー曲でまとめられた作品です。当時ライバルだったロキシーミュージックのブライアンフェリーが、ソロアルバムでは全曲カバー曲というのを連発しておりました。その影響があるのかは分かりませんが、ここではボウイ独特の解釈によるアレンジが光っております。

1. Rosalyn
2. Here Comes the Night
3. I Wish You Would
4. See Emily Play
5. Everything's Alright
6. I Can't Explain
7. Friday on My Mind
8. Sorrow
9. Don't Bring Me Down
10. Shapes of Things
11. Anyway, Anyhow, Anywhere
12. Where Have All the Good Times Gone!

プリティシングスのRosalyn、まるでボウイの為にあるような歌です。カッチョイイ。
ゼムのHere Comes the Night。ヤードバーズのI Wish You Would。そしてピンクフロイドのSee Emily Play。シドバレット時代の名曲ですが、ボウイはシドの影響が強いように感じます。

モジョスのEverything's Alrightもボウイにぴったりです。アレンジがカッチョイイ。
ザフーのI Can't Explainは切ない歌い方です。イージービーツのFriday on My Mindも面白いアレンジです。マーシーズのSorrowも切ないです。そして又もプリティシングスのDon't Bring Me Downもボウイにぴったりの曲です。私はこのアルバムからプリティシングスのアルバムを集めるようになりました。又もヤードバーズのShapes of Things。ザフーのAnyway, Anyhow, Anywhere。極めつけはキンクスのWhere Have All the Good Times Gone。ボウイのモッズ節全開です。

ジャケットのせいか、全てグラムロックとして楽しめますが、ボウイの歌唱力、アレンジ力を改めて確認出来る作品でもあります。最近カバー曲が多くありますが、原曲より下手にするくらいならやるな、と言うのが多いです。カバー曲をやるならこれくらいのアイデアを持ってやれ、と言える名作です。原曲を台無しにしてしまうようなカバーはやるべきではありません。本当にその曲が好きなら、その曲を活かせる観察力が必要だと、声を大きくして訴えたい今日この頃です。

ボウイのオリジナルとしても十分通用する魅力に溢れたピンナップス。お楽しみあれ。

Everything's Alright
Sorrow

Where Have All the Good Times Gone
スポンサーサイト




[20060508]

ジギー・スターダスト ジギー・スターダスト
デヴィッド・ボウイ (2005/09/14)
東芝EMI
この商品の詳細を見る


眉毛を剃り上げ、分厚い化粧を施し、山本寛斎デザインのスケスケ着物を身に纏い。まるで地球外生物のようなボウイ。ミックロンソンと交わる。伝説のジギースターダストコンサートの映像を見る事が出来ます。

ロンドンで行われたライブは、伝説として聞いてはおりましたが、こうして映像で見る事が出来るなんて、素晴らしい事です。16フィルムで撮影された粗粗しい映像ですが、グラムロック全盛時代のデヴィッドボウイを克明に映し出しております。

1. Intro
2. Hang On To Yourself
3. Ziggy Stardust
4. Watch That Man
5. Wild Eyed Boy From Freecloud
6. All the Young Dudes
7. Oh! You Pretty Things
8. Moonage Daydream
9. Changes
10. Space Oddity
11. My Death
12. Cracked Actor
13. Time
14. Width of a Circle
15. Band Introduction
16. Let's Spend the Night Together
17. Suffragette City
18. White Light White Heat
19. Farewell Speech
20. Rock 'N' Roll Suicide
21. End Credits

当時のヒット曲のオンパレードですが、例の超高速Let's Spend the Night Togetherも見れます。最近の綺麗な映像とは違い、粗く,音も超アナログですが、この時代のイギリスの熱気がダイレクトに伝わってきます。

楽屋に奥さんのアンジーが訪ねてきます。それほど美人ではありませんが、ミックジャガーと不倫をして、ストーンズの名曲、悲しみのアンジーとして歌われた人です。ですが、ボウイは、この後、ストーンズのような曲を創り、ミックジャガーとダンシングインザストリートをデュエットするなどの交流をしております。クラプトンとジョージハリスンといい、イギリスのミュージシャンの人間関係はどうなっているのでしょうか。

パントマイム出身のボウイですので、映像としての見せ方も心得ております。地球外生物のロックショウをとくとご覧あれ。

Hang On To Yourself
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ