FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060511]

Station to Station Station to Station
David Bowie (1999/09/28)
Virgin
この商品の詳細を見る


前作ヤングアメリカンでアメリカで活動して行くのかと思われておりました。イギリスは税金が高いので、アメリカ進出をして行くアーティストが増えておりましたので、ボウイもそうなるのかと思いきや、このアルバムでEuropean man is hereと高らかにあくまでも自分はヨーロッパ人である事を宣言しております。

1. Station to Station
2. Golden Years
3. Word on a Wing
4. TVC 15
5. Stay
6. Wild Is the Wind

CDのアルバムジャケットはカラーになっておりますが、オリジナルは白黒でした。映画、地球に落ちてきた男のワンシーンが使われております。

タイトルのStation to Stationからプログレ魂炸裂です。列車の音を模したシンセの音に絡み付くようなダウンビート。ボウイの代表作と言ってもいいくらいの歌いっぷり、次第に曲調が変わって行き、ロックンロール調のエンディングとなって行きます。正にプログレ的な作りです。

前作から参加したカルロスアロマーのカラーが強い、Golden Yearsはラテン系も入ったソウルフルなファンキーナンバー。そして、ファンキーなロックンロールナンバーとして解釈してもいいTVC 15はポップで、80年代の音楽はこのあたりも影響を受けています。渋く、スリリングなStay、ラストは映画の導入歌のようなWild Is the Wind。感情たっぷりと歌い上げるボウイのボーカルも新境地をひらいたと言っていいでしょう。

ダンディズム、それは男の色気であると、本能を重んじる女性方は感じているのではありませんでしょうか。しかし、このアルバム実に男的です。

TVC 15

Golden Years

Stay

Wild Is the Wind
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ