FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060517]

Tin Machine Tin Machine
Tin Machine (1999/06/15)
Virgin
この商品の詳細を見る


売れ線路線をやり尽くしたデヴィッドボウイ、彼が次にとった行動はバンド結成だった。Tin Machineと言うバンド、ボウイはその中のボーカリストにしか過ぎない。ジギーの頃のスパイダーフロムマースはバックバンドにしか過ぎなかったが、ここでは完全にバンドの一員として存在している。

では何がやりたかったのか。ロックに置ける初期衝動。それはパンクが再認識してくれたものだったが、単に暴力的なものではない、ロックの潔さを取り戻したかったのではないか。そんな姿勢で創られたTin Machineのファーストアルバムです。

1. Heaven's in Here
2. Tin Machine
3. Prisoner of Love
4. Crack City
5. I Can't Read
6. Under the God
7. Amazing
8. Working Class Hero
9. Bus Stop
10. Pretty Thing
11. Video Crime
12. Run
13. Sacrifice Yourself
14. Baby Can Dance
15. Bus Stop [Live Country Version]

アバンギャルドなギタープレイを聴かせるreeves gabrelsドラムにhunt salesベースにtony salesそしてギターとボーカルを担当するデヴィッドボウイ。

1曲目Heaven's in Hereなんてブルースであります。バンド名のTin Machineはこれまでのボウイの蓄積がまだ残っております。ワイルドシングのようなCrack City。I Can't Readではアバンギャルドなギターが炸裂。しかし、ボウイは淡々と歌って行く。静と動。ボウイならではの世界です。どんなに初期衝動に回帰しようが、これまで培った経験は熟練の技を露呈してしまいます。やはり玄人にしか創り得ないサウンドです。

発売当時に聴いた時は、かなりヘビーな印象でしたが、今改めて聴き直してみると抑えめに録音されているのが分かります。それだけ最近の音楽はレベルオーバーで録音されているようです。

ジョンレノンのWorking Class Heroもやっております。R&Bなアレンジです。当時はアバンギャルドな印象がつよかったですが、今では普通に聴こえてしまいます。私のオリジナル曲の方がアバンギャル度は激しいですのでしょうがないでしょう。

ハンキードリーにPretty Thingと言う曲がありましたが、それとは違う曲でPretty Thingと言うのがあります。かなりスリリングでいい作品です。この路線もいい感じです。後半になるほど良くなって行きます。

ソロ活動ではプログレ志向でしたが、バンド形態になってハードロック志向となっております。極力シンプルにしておりますが、ところどころ凝っております。最近の他の音楽がつまらないですから、かなりの名作に聴こえます。いや、他は関係なく名作でしょう。
これもボウイからの大切な贈り物なのです。

Heaven's in Here

Bus Stop
スポンサーサイト




[20060517]

大相撲というのは、奇数の月、年6回本場所があります。その間は地方巡業やトーナメント大会などもあります。

1月が春場所。3月が大阪場所、5月が夏場所、7月が名古屋場所、9月が秋場所、11月が九州場所です。季節名の場所は東京の両国国技館で開催されます。

今場所は横綱 朝青龍が怪我のため途中休場となりました。これは横綱を目指す栃東にとっては又とないチャンスだったのですが、いつものように綱取りの場所は負けが込みます。多分もう横綱になれるチャンスは巡ってこないでしょう。

先場所、準優勝の白鵬にとってはこれも大チャンスです。一敗はしておりますが、相撲内容が良ければ、横綱に推挙されるでしょう。本来横綱になるには、2場所連続優勝が必要なのですが、準優勝+優勝でもなれるのです。しかし、それで横綱になった双羽黒が破門されることになり、むやみに準優勝+優勝では横綱にしないという風潮になっていました。その影響をもろに被ったのが貴乃花です。準優勝+優勝では横綱にしてもらえなかったのです。意地になった貴乃花は次の場所、全勝優勝してみせます。2場所連続全勝優勝でした。これでは文句のいいようがありません。見事横綱へ昇進されました。しかし、最近は一人横綱になっているので、やはり東西、横綱を揃えなければなりませんので、準優勝+優勝もありのようです。

相撲の長い歴史の中には、どんなに優勝しても横綱になれなかった人がいます。前田山です。素行が悪かったので推挙してもらえませんでした。しかし、最終的には横綱になります。彼の偉業は引退後海外巡業をハワイで開催して、初めての外国人力士 高見山をスカウトした事です。それが現在の外国人力士興隆の原点となっております。元元相撲はレスリングやモンゴル相撲などが日本に入ってきたものなので、国技とされておりますが、世界大会のような今日の相撲もいいのではないでしょうか。

横綱不在の今場所。次の勢力の台頭が楽しみです。

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ