FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060525]

Stranded Stranded
Roxy Music (2000/03/14)
Virgin
この商品の詳細を見る


イーノが脱退して初めてのアルバムになります。プロデュースは前作同様クリストーマスで、エンジニアにジョンパンターという布陣です。イーノが脱退して初期の頃のアクの強さや癖が薄らいでおりますが、あの癖とアクはブライアンフェリーによるものでしたので、イーノが抜けた事によってフェリーの思いのままに出来る状態がいい結果を生んでいったのかもしれません。

1. Street Life
2. Just Like You
3. Amazona
4. Psalm
5. Serenade
6. Song for Europe
7. Mother of Pearl
8. Sunset

グラムロックブームも下火になり出した頃でしたが、独自のサウンドを追求していたロキシーにとっては関係ありませんでした。逆にこの頃からファッションだけではなく、音楽面も評価されるようになり、どんどん売れていくのです。

一曲目のStreet Lifeからしてカッコ良く、フェリー独特の癖のある歌い方の典型となるAmazonaも洒落ております。ヨーロッパの哀愁ある退廃性を美しく描く、Serenade、Song for Europe、Mother of Pearlという流れは感動的で名作たるに相応しい内容となっております。

スーツを身に纏ってもダンディーというより妖艶なフェリーですが、年齢を重ねていくほどにダンディーという呼ばせ方を定着させていきます。その始まりがここにあるのではないでしょうか。プログレ志向の強いアルバムでもあります。

Street Life
スポンサーサイト




[20060525]

For Your Pleasure For Your Pleasure
Roxy Music (2000/03/14)
Virgin
この商品の詳細を見る


このセカンドアルバムはクリストーマスのプロデュースです。セックスピストルズやプリテンダーズなども手がける人なんだけれども、日本のサディスティックミカバンドもイギリス進出をかけて、このクリストーマスにプロデュースさせた黒船がじっとしました。身かバンドはこのロキシーを真似たメイキャップなどをしてグラムロック的だった時期がありました。

1. Do the Strand
2. Beauty Queen
3. Strictly Confidential
4. Editions of You
5. In Every Dream Home a Heartache
6. Bogus Man
7. Grey Lagoons
8. For Your Pleasure

このアルバムはと言うと、ファーストの流れをくみますが、Do the Strandからしてかなりカッコ良さが加わってきます。Bogus Man、Grey Lagoons、For Your Pleasureと続くプログレ志向も妖しく妖艶です。

一つのバンドに二人のブライアンは必要ないとして、ブライアンイーノはこの作品の後、脱退してソロ活動に入ります。ソロ作品も歴史的名盤ばかりなので、後ほど紹介していきたいと思います。イーノは楽器が弾けないと思っている方も多いようですが、ヴィデオを見るとしっかり演奏しております。ただプレイヤーという位置づけがいやだったのではないでしょうか。
結局ブライアンフェリーがイニシアチブを握りたかっただけのようですが、それは結構いい結果を生んでいきます。

このアルバムもかなりアクが強い作品です。もっと普通に演奏出来ると思いますが、あえてこの感じを売りにしておりました。真似しようとしても出来るものではありませんが、その影響力は多くのフォロワーを生んでいきます。クラプトンのように上手にギターを弾くのは難しいですが、キースリチャードのようにヘタクソに弾くのも難しいという事に似ています。

いわゆるヘタウマというバンドなのですが、センスはピカ一です。それまで存在していなかったような奇抜でありながら、プログレなんかと比べると親近感のあるバンドだったのです。最初は見た目の派手さが目立っておりましたが、この音楽は徐々に効いてくるのです。ジャケットもカッコいいです。

Do the Strand

In Every Dream Home a Heartache

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ