FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060624]

PUNCH DRUNKARD PUNCH DRUNKARD
THE YELLOW MONKEY (1998/03/04)
ファンハウス
この商品の詳細を見る


前作同様イギリスで録音されたアルバムです。よりハードロック色を全面に出すようになりましたが、イエローモンキーとしてのサウンドはいよいよ完成されていきます。

1. パンチドランカー
2. 球根
3. 間違いねえな
4. ゴージャス
5. 見して 見して
6. クズ社会の赤いバラ
7. セックスレスデス
8. エヴリデイ
9. SEA
10. バーン(アルバム・ヴァージョン)
11. 甘い経験
12. 離れるな
13. ラヴ・ラヴ・ショウ(アルバム・ヴァージョン)

パンチドランカーはハードロックですが、サビの歌い上げるところがイエモンらしくてカッコいいです。当時レディオヘッドを中心にイギリスでは申し合わせたように暗く悲しげなロックが流行っておりました。それの日本からの回答が球根です。命という重たいテーマでダークなアレンジのこの曲をシングルヒットさせたというイエモンの実績は無限の底力を感じさせてくれました。こういう曲を支持させるという事は、それまでの日本では考えられない事でした。間違いねえな、ゴージャスなどハードロックなのですが、歌謡曲のような親しみ易さもあります。

見して 見してはワウクラビネットを使ったファンキーな曲。クズ社会の赤いバラもハードロックなのですが、ギターフィルがビートルズのヤーブルースしています。メロディーの付け方も旨くなっております。セックスレスデスはライブ向けの曲という感じ。エヴリデイはブリットポップのようなのですが、サビで歌謡ロックになるところがイエモンらしさでしょうか。SEAは序曲的な小曲です。BURN派シングルヒットしたフラメンコ調のハードロックで、アルバムバージョンとなっております。BURNといえばディープパープルを連想しますが、デヴィッドカヴァーディルが使っていた二段階に曲げられるマイクスタンドを使って吉井氏はテレビで歌っておりました。そういう小技をつかったりしていたのですが、分かっている人は何人いたでしょうか。

甘い経験はグラムポップロックです。こんなUKポップな曲を演奏出来るのは日本ではイエモンくらいしかいないでしょう。ポップなのに濡れちゃいそうです。離れるなは切ないほど淫猥な歌謡ロックの極みです。こんな生々しい歌謡曲は存在するはずも無く、イエローモンキーにしか成しえない音楽なのです。ラヴ・ラヴ・ショウもシングルヒット曲ですが、アルバムバージョンとなっております。ポップなロックンロールなのですが、聴いているとなんか妊娠しちゃいそうな気分になるのはいかなる事なのでしょうか。最後にノイズまじりの球根がリプライズされますが、キュアーのように淫美です。

イエローモンキーの本質を顧みたとき、このアルバムの完成度の高さというものを痛感させられます。行き着くべきところに行き着いたという感じです。傑作アルバムの一つです。

Love Love Show

Burn
スポンサーサイト




[20060624]

SICKS SICKS
THE YELLOW MONKEY (1997/01/22)
ファンハウス
この商品の詳細を見る


レーベルを移籍しての第一弾アルバム。これまでの世界感はそのままに、より雄大なスケールを感じさせるアルバムとなっております。イギリスのピーターガブリエルが所有するリアルワールドスタジオなどで録音されています。

1. レインボウ・マン
2. アイ・キャン・ビー・シット,ママ
3. 楽園
4. TVのシンガー
5. 紫の空
6. 薬局へ行こうよ
7. 天国旅行
8. 創生児
9. HOTEL宇宙船
10. 花吹雪
11. 淡い心だって言ってたよ
12. 見てないようで見てる
13. 人生の終わり~フォー・グランドマザー

レインボウ・マンはシタールっぽいギターがサイケなニュアンスを少し与えております。インドの山奥で修行をしていたレインボーマンに引っ掛けてそれっぽくしたのでしょうか。サビの歌詞のメロディーがいまいちです。ここをしっかり創っていればいい曲になっていたでしょう。アイ・キャン・ビー・シット,ママはあっかんべーしたままを英語化した曲で、ハードロック的な曲です。楽園はシングルヒット曲でsus4を聴かせたコード進行でイエモンの魅力を存分に聴かせてくれる名曲です。TVのシンガーはディープパープルのようなハードロックナンバーで、この頃からグラムというよりハードロック性が強く成っていきます。

紫の空はジャズっぽい曲でメランコリックで激しさは椎名林檎に通ずるものです。薬局へ行こうよはブルース曲でインストです。ユニゾンするスキャットが喘ぎ声に聴こえたらたいしたものです。天国旅行はドラマティック名ハードロックです。こういう曲が創れるように成ったという事は、かなり充実した活動が出来ている事だと思われます。創生児は二重人格についてのないようでしょうか、これはグラムロックの薫りがします。HOTEL宇宙船はストーンズのジャンピングジャックフラッシュのwont youというかけ声を宇宙といっているのが笑えます。乗りのいいロックンロールで、アシッドセックスがテーマでしょうか。

花吹雪は日本語ロックとしては見事な出来映えです。淡い心だって言ってたよは名曲です。デビッドボウイがジョンレノンを手本として創っていた曲を吉井和哉が手本として創っているというロックの歴史を循環しているような曲です。歌詞とメロディーが見事にマッチしております。初期のボウイのような声で歌う吉井はとうとう自分のものにしたなーという感じです。見てないようで見てるはモットザフープルのようなロックンロールで、この流れは正にグラムロックです。人生の終わり~フォー・グランドマザーはグラムのようでいて独特の美しさを持った名曲です。前作にはファーザーがありましたが、今回はグランドマザーです。これほどの曲を創れるのは日本では吉井和哉くらいなものでしょう。フォーク界で名曲を創る人はいろいろおりますが、これほどの完成度があり、独自性は見かけません。

最後にオマケでジョンレノンのLOVEのような曲が入っておりますが、これはグランドマザーへの鎮魂歌なのでしょうか。
イエローモンキーの充実した時期の作品はどれも名作ですが、これがその中の一つであり、誰も寄せ付けないだけの確信が籠った作品であります。

楽園

TVのシンガー

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ