FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060705]

Survival Survival
Grand Funk Railroad (2002/11/19)
Capitol
この商品の詳細を見る


このアルバムあたりから反戦色が強くなっていきます

1. Country Road
2. All You've Got Is Money
3. Comfort Me
4. Feelin' Alright
5. I Want Freedom
6. I Can Feel Him In The Morning
7. Gimme Shelter
8. I Can't Get Along With Society (2002 Remix)
9. Jam (Footstompin' Music)
10. Country Road (Unedited Original Version)
11. All You've Got Is Money (Unedited Original Version)
12. Feelin' Alright (Unedited Original Version)

Country Roadはヘビーなフリーのような曲です。カントリー色はありませんが、やはりアメリカらしさはあります。All You've Got Is Moneyもヘビーなブルースを基調とした曲になっております。跳ねた感じが独特です。Comfort Meはコーラスもあるポップな曲です。徐々にリズムが複雑になっていき、どんどんハードになっていきます。Feelin' Alrightはトラフィックの名曲のカバーです。見事なアレンジでグランドファンクらしさがあり、自分のものにしております。シングルヒットもさせております。

I Want Freedomは女性コーラスを導入したアカペラ風のサビですが、かなりソリッドな演奏になっております。I Can Feel Him In The Morningはオルガンもフューチャーされたアートロック的な曲です。Gimme Shelterはストーンズの名曲のカバーです。歌詞の内容は反戦的なものであり、それを採用するような思いがこのころから現れてきます。オリジナルのようにためた感じではなく、ガンガンテンポアップしている演奏です。ためた感じもグランドファンクラシくなると思いますが、ここではなぜかガンガンきております。これもシングルカットされております。

カバー曲ばかりカットしているので、他のアルバムに比べると地味な感じですが、この作品も捨て曲というものはありません。全部楽しめますが、初心者向けではないかもしれません。
スポンサーサイト




[20060705]

Closer to Home Closer to Home
Grand Funk Railroad (2002/08/27)
Capitol
この商品の詳細を見る


グランドファンク全盛の時期に発売されたサードアルバムです。内容もこれまで以上にヘビーでハードな内容になっております。来日も果たした彼等は伝説の雷雨の後楽園コンサートを結構して、益々不動の人気をものにしていきます。

1. Sin's A Good Man's Brother
2. Aimless Lady
3. Nothing Is The Same
4. Mean Mistreater
5. Get It Together
6. I Don't Have To Sing The Blues
7. Hooked On Love
8. I'm Your Captain
9. Mean Mistreater (Alternate Mix)
10. In Need (Live)
11. Heartbreaker (Live)
12. Mean Mistreater (Live)

最初はアコースティックギターで始まるSin's A Good Man's Brotherは一転ハードでヘビーな曲へと変貌。マークファーなーのボーカルも叫びまくります。続くAimless Ladyも思いっきり勢いのなる力強いナンバーです。Nothing Is The Sameは、これもベースブンブンのハードロックです。出だし3曲からもうやられちゃいます。Mean Mistreaterはエレピによるバラードで、ライブバージョンがシングルカットされたヒット曲です。どんどん盛り上がっていく曲です。マークファーナーバンドでの映像がありましたので添付しております。Get It Togetherはこれもエレピがフューチャーされており、大半がソウルフルなインストもので、後半にアカペラ調のコーラスとマークファーなーの叫びが絡んでいきます。

I Don't Have To Sing The Bluesは跳ねた感じのブギですが、バンドのビート感がカッチョイイです。Hooked On Loveはソウルフルな女性バックボーカルがフューチャーされた曲です。フリーのようでありますが、やはりこちらの方がアメリカ的です。フェイザーのかかった音をワウペダルでフィルタリングしている部分が面白いです。I'm Your Captain(Closer to Home)はこれも代表作で、ザフーのトミーのようなアコースティックギターによるポップな曲から壮大な広がりを魅せてくれます。このハードロック黎明期には本当に名曲のオンパレードになっておりますが、その多くはこのグランドファンクから生まれております。

全曲全身全霊で演奏しているのが伝わってくる名作です。グランドファンクのアルバムはどれも捨て曲がないので、たっぷり楽しめます。グランドファンクにハズレはありません。

Mean Mistreater

[20060705]

Grand Funk Grand Funk
Grand Funk Railroad (2002/08/27)
Capitol
この商品の詳細を見る


セカンドアルバムはよりソリッドなハードロックを提示したアルバムとなりました。
ツェッペリンの前座としても充分観客を魅了したグランドファンクはよりライブ向きの作品を発表していきます。

1. Got This Thing On The Move
2. Please Don't Worry
3. High Falootin' Woman
4. Mr. Limousine Driver
5. In Need
6. Winter And My Soul
7. Paranoid
8. Inside Looking Out
9. Nothing Is The Same (Demo)
10. Mr. Limousine Driver (Extended Version)

ファズ気味のギターリフ、ブーストされたベースに炸裂しまくるドラムのGot This Thing On The Move。Please Don't Worryはファンキーでもあるロックナンバーです。グランドファンクの場合、踊る為ではないファンクネスがあるように感じられます。High Falootin' Womanはアメリカらしいロックンロールナンバーです。Mr. Limousine Driverはクリームのようなブルースを基調としたロックナンバーです。シングルヒットしております。In Needイントロのストラトにフェイザーをかけた音がジミヘンっぽいですが、曲自体はポップな曲です。ハープソロからヘビーなパートへと移行していきます。決して巧くはないですが、パワーのあるソロを聴かせてくれます。

Winter And My Soulはネイティブアメリカンなフレーズから発展させたロックナンバーです。多彩なソロへと展開していくバイタリティーは凄まじいです。シンプルな構成ながらバリエーションが豊かです。Paranoidはヘビーメタル的でもあります。ブラックサバスよりも先に発表された曲でありますので、サバスが彼等を参考にしたのが分かります。そう言えばサバスもバリエーションのある展開が特徴です。こちらはグランドファンクの代表曲の一つとなっております。

Inside Looking Outも彼等の代表曲で、元々はアニマルズもカバーしていたリズム&ブルースの名曲です。それを見事にハードロックへとアレンジしていった彼等のセンスには脱帽するしかありません。ロック史上もっともカッコイイ名曲ではないでしょうか。後半のファズギターのソロなどは名演中の名演です。シンプルなペンタトニックだけでもこれだけカッコ良くなれるという見本です。下手に小難しくなっていくブリティッシュ勢に比べて、この簡潔さこそがハードロックの命であります。

グランドファンクはその名の通り、ソウルやリズム&ブルースのファンクネスからハードロックへと組み立てているカッコ良さが特徴です。解り易さもあり,実に痛快なハードロックを聴かせてくれます。このアルバムは、そんな彼等をダイナミックに体現できる名作の一つであります。

Got This Thing On The Move

High Falootin' Woman

Mr. Limousine Driver

In Need

Winter And My Soul

Paranoid

Inside Looking Out


HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ