FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060711]

Fun House Fun House
The Stooges (1990/10/25)
Rhino
この商品の詳細を見る


ファーストはジョンケールの色が大きく関わっておりましたが、このセカンドになってようやくストゥージスらしいサウンドが全開で炸裂します。リズムは普通のロックパターンのように聴こえますが、街に溢れる工事現場のノイズを模倣しており、ストリートの音、つまりパンクスのリズムが刻まれている訳です。

1. Down on the Street
2. Loose
3. T.V. Eye
4. Dirt
5. 1970
6. Fun House
7. L.A. Blues

Down on the Streetからもうストリートノイズの嵐です。Looseになると尚激しく、言葉は単語化していき、直脳にきます。サビの部分はストーンズのようなポップさがあります。名曲です。T.V. Eyeも詩というより信号です。この潔さがパンク精神なのです。Dirtは気怠い感じ曲ですが、サイケのような浮ついた感じではなく現実的な切実さがあります。

1970はダムドがカバーし、日本のシーナ&ザロケッツも日本語歌詞でカバーしておりました。ストゥージスの代表曲の一つです。サックスソロの絡みは悪くないですが、この部分がパンクとは又違う感覚でもあります。Fun Houseも見事なくらいのストリートノイズをデフォルメしたサウンドです。跳ねたかんじもありカッチョイイです。L.A. Bluesは正に雄叫びとノイズの混沌。フリージャズのごとき狂乱です。

解き放たれた暴君。イギーポップそのものがここには存在しております。そしてこの後、暴君を調教するデヴィッドボウイとの出会いがあります。つまり、このアルバムには純粋な暴君がそのまま詰まった歴史的な名盤となるのです。

TV Eye ~1970
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ