FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060806]

Starz Starz
Starz (2005/02/22)
Rykodisc

この商品の詳細を見る

Violation Violation
Starz (2004/08/30)
Bgo
この商品の詳細を見る


キッスのプロダクションROCK STEADYからデビューしたバンドです。プロデューサーはジャックダグラスです。ハードロックアルバムを創らせたらジャックの右に出るものはおりません。キッスやエアロの弟分として紹介され、日本でもヒットしました。ボーカルのマイケル・リー・スミスの実弟はREXというバンドでルックスも良かったので話題になりましたが、現在では廃盤になっているようです。

Starz
1. Detroit Girls
2. Live Wire
3. Tear It Down
4. Boys in Action
5. (She's Just A) Fallen Angel
6. Monkey Business
7. Night Crawler
8. Over and Over
9. Pull the Plug
10. Now I Can
Violation
1. Cherry Baby
2. Rock Six Times
3. Sing It, Shout It
4. Violation
5. Subway Terror
6. All Night Long
7. Cool One
8. S. T. E. A. D. Y.
9. Is That a Street Light or the Moon?

当時は日本でもDetroit GirlsとCherry Babyの2枚のシングルヒットがあり、若手ハードロックバンドとして期待されておりました。ファーストはかなりなハードロックですが、セカンドはポップな部分もあります。この2枚のルバムで終わってしまったため、現在では知名度も低いですが、2枚のアメリカンハードロックを代表出来るヒット曲をもっておりますので、忘れてはならないバンドだと思います。当時はA級でしたが、現在ではB級バンドとして聴いてもらっても良いです。結構エンジェル同様掘り出し物になる事でしょう。
Tear It Down

Pull The Plug

Cherry Baby

Sing It, Shout It
スポンサーサイト




[20060806]

Dream Police Dream Police
Cheap Trick (2006/03/07)
Sony
この商品の詳細を見る


来日も果たし、アメリカでも人気が爆発している真っただ中で、期待を裏切らない素晴らしいアルバムを出しました。プレッシャーよりも創作意欲の方が上回っていたのでしょう。大したものです。

1. Dream Police
2. Way of the World
3. House Is Rockin' (With Domestic Problems)
4. Gonna Raise Hell
5. I'll Be with You Tonight
6. Voices
7. Writing on the Wall
8. I Know What I Want
9. Need Your Love
10. Hosue Is Rockin' [Live]
11. Way of the World [Live]
12. Dream Police [No Strings Version]
13. I Know What I Want [Live]

Dream Policeはシングルヒットした曲で、シンセも入ったポップな曲ですが、ブリッジで♭5を絡めたアヴァンギャルドな部分も程よく出します。Way of the Worldはハードな曲ですが、メロディーがいいです。この辺は本当にセンスによるところが大です。House Is Rockinはサザーンロックのようなギターリフにパンクのような歌の曲です。最後にエアロがカバーしたヤードバーズのシンクアバウトイトのリフが聴こえます。Gonna Raise Hell はまるでヘヴィメタのような曲です。ネオヘヴィメタが流行っていた時代でしたが、単調なものが多かったので私はハマりませんでした。この曲はそんな単調さがないので良いです。

I'll Be with You Tonightはアイドル色たっぷりのポップなハードロックです。Voicesはポップで切ない曲です。アメリカンポップロックでは優等生的な作品ではないでしょうか。Writing on the Wallは元気のいいロックンロールナンバーです。パンクといっても良いぐらいです。I Know What I Wantは普通のハードロックです。Need Your Loveへヴィーで重苦しい出だしに子供のような声で歌うロビン。ハードに歌う部分との切り替えが面白いです。どんなにはヴィーな曲でもポップな印象を受けてしまうのは彼等の個性であり、長所でもあり、短所でもあるかもしれません。

この後もアルバムリリースして行きます。途中メンバーが変わったり解散したりしておりましたが、最近再結成されております。動画は再結成時のものが多いです。しかし、私が魅力を感じていたのはこのアルバムまでですので、紹介はここまでにします。ここまでの4枚のアルバムには、はずれはありません。全て名作と言っても過言ではないくらい素晴らしい作品ばかりです。是非お勧めします。

Dream Police

Way of the World

I'll Be with You Tonight

Voices

Need Your Love

[20060806]

Heaven Tonight Heaven Tonight
Cheap Trick (1998/09/29)
Epic/Legacy
この商品の詳細を見る


チープトリック絶頂期に発売されたサードアルバムです。実に油の乗り切ったポップでハードエッジなロック満載の作品です。

1. Surrender
2. On Top of the World
3. California Man
4. High Roller
5. Auf Wiedersehen
6. Takin' Me Back
7. On the Radio
8. Heaven Tonight
9. Stiff Competition
10. How Are You?
11. Oh Claire
12. Stiff Competition [Outtake]
13. Surrender [Outtake]

Surrenderはポップロックの典型的な作品です。アイドルとしてのシングル曲としては打ってつけの曲です。On Top of the Worldはグラムロック調で、ポップですが、かなりカッコイイ曲です。この辺のセンスは抜群です。California Manはシンプルなロックンロールですが、このキャッチーさはチープトリックならではのものです。High Rollerはへヴィーで悩ましい曲です。Auf Wiedersehenもへヴィーでハードな曲です。いろんな国の言葉でさよならと歌います。Takin' Me Backはこの後のアメリカンポップロック、例えばスーパートランプなどにも影響を与えたであろう素晴らしい構成のポップロックです。この時代にこれだけのクォリティーの作品を創っていた事は賞賛に値します。

On the Radioは普通のポップなロックンロールです。Heaven Tonightはへヴィーで物悲しい曲です。へヴィーなバラードを歌うジョンレノンのような曲です。Stiff Competitionはカッコイイハードロックです。アコースティックギターなどの絡みもあり、ポップにまとまったブリティッシュロックと言った面持ちです。How Are You?は半音降下系のポップな曲で、ビートルズの影響が強いというか、ELOに近い曲です。Oh Claireはライブ録音で、こんにちはー、こんにちはーという日本でのオープニングに使用された曲です。ほんのさわりだけの曲ですが、日本ではインパクトのある曲です。

ギブソンエクスポローラーや自分をかたどったダブルネックギターなどを弾きまくる、ひょうきんでありながらほとんどの作曲を手がけるリックニールセン。そして一番人気のボーカルロビンザンダーはジョンレノンの影響も強く、表情豊かに歌えるアクはありませんが、素晴らしいボーカリストです。ベースのトムピーターソンは8弦ベースを弾くなど個性を出していました。おっさんルックのドラムのバーニーカルロスはたまに馬鹿でかいスティックを振り回してドラムを叩くとぼけた存在ですが、結構いいドラミングを叩いております。この個性的なメンバーで来日も果たし、at武道館というライブアルバムも出します。

Surrender

On Top of the World

High Roller

Auf Wiedersehen

Takin' Me Back

On the Radio

Stiff Competition

[20060806]

HERO'Sミドル級、ライトヘビー級トーナメント準々決勝戦がありました。

★スーパーファイト
○ドン・フライ(1R 4分52秒 チョークスリーパー)山本宜久×
○セーム・シュルト(1R 4分46秒 三角締め)キム・ミンス×
★ミドル級
×所 英男(2R 判定 0-2)アイヴァン・メンジバー○
×高谷裕之(1R 30秒 とび膝蹴り)J.Z.カルバン○
×安廣一哉(1R 1分8秒 チョークスリーパー)ハニ・ヤヒーラ○
○宇野 薫(2R 3分30秒 チョークスリーパー)ブラックマンバ×
★ライトヘビー級
○秋山成勲(1R 2分1秒 腕ひしぎ逆十字固め)金 泰泳×
×クラウスレイ・グレイシー(1R 9分12秒 パウンド)メルヴィン・マヌーフ○
○大山峻護(2R 判定 2-0)ホドリゴ・グレイシー×
○桜庭和志(1R 6分41秒 腕ひしぎ逆十時固め)ケスタティス・スミルノヴァス×

所 英男VSアイヴァン・メンジバーはアイヴァンの方がポテンシャルは上だったようです。寝技を決めきれず判定で負けてしまいました。

宇野 薫VSブラックマンバは苦戦しましたが、最後になんとかチョークスリーパーを決めて宇野が勝ちました。今大会はKIDも須藤も不参加ですので、ベルトを外人勢に持って行かれそうでしたが、なんとか希望を繋いでくれました。

秋山成勲VS金 泰泳は師弟対決でしたが、秋山が腕ひしぎを決めました。金はタップしませんが、レフリーがこれ以上は駄目だとストップさせました。金は納得いきませんが覆りません。

しかし桜庭和志VSケスタティス・スミルノヴァスでは逆の事が起こりました。パンチを食らった桜庭が失神して倒れ、打たれ続けますが、レフリーは止めるどころかロープの外だから中で続けるように指示。桜庭は意識が飛んだまま今度は打ち勝ち、最後に腕ひしぎを決めて勝ちました。本来ならレフリーストップされていたかもしれませんが、それでも勝ってしまった桜庭は凄いです。

最近のK-1よりは真剣に闘ってくれますので、見ていて面白かったです。TBSの放送方法もしっかり試合を見せてくれて、フジTVより内容が良かったです。後はプライドを見れるようにしてくれれば言う事はありません。

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ