FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060812]

クッキン クッキン
マイルス・デイビス (2005/09/22)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

リラクシン リラクシン
マイルス・デイビス (2005/09/22)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

Steamin' With the Miles Davis Quintet Steamin' With the Miles Davis Quintet
Miles Davis (1991/07/01)
Prestige/OJC
この商品の詳細を見る

Workin' With the Miles Davis Quintet Workin' With the Miles Davis Quintet
Miles Davis (1990/10/17)
Prestige/OJC
この商品の詳細を見る


第一期黄金のクィンテッドを結成したマイルス。メンバーはジョン・コルトレーン(サックス)レッド・ガーランド(ピアノ)ポール・チェンバース(ベース)フィリー・ジョー・ジョーンズ(ドラム)という布陣になります、全員が後にビッグネームへと成長して行く新進気鋭のプレイヤーばかりです。このメンツでメジャー展開を企てたマイルスは、コロンビアレーベルと契約します。今で言うソニーであります。人生の最後にワーナーへ移籍するまでの長い付き合いになるのですが、まだプレステッジレーベルでの契約が残っていたため、たった2日間でのセッションを録音します。これが俗に言うマラソン・セッションです。このセッションから4枚のアルバムを出します。それが今回の4作品です。同じセッションですので、まとめて紹介しますが、内容はアルバムごとに特徴があります。

Cookin'
1. My Funny Valentine
2. Blues by Five
3. Airegin
4. Tune-Up/When Lights Are Low
5. Tune-Up/When Lights Are Low
6. Just Squeeze Me (But Don't Tease Me)
Relaxin'
1. If I Were a Bell
2. You're My Everything
3. I Could Write a Book
4. Oleo
5. It Could Happen to You
6. Woody 'N You
Steamin'
1. Surrey With the Fringe on Top
2. Salt Peanuts
3. Something I Dreamed Last Night
4. Diane
5. Well, You Needn't
6. When I Fall in Love
Workin'
1. It Never Entered My Mind
2. Four
3. In Your Own Sweet Way
4. Theme [Take 1]
5. Trane's Blues
6. Ahmad's Blues
7. Half Nelson
8. Theme [Take 2]

モダンジャズを愛するファンにとっては一番安心して聴ける作品ではないでしょうか。特にMy Funny Valentineの美しさは絶品です。ハードバップ時代の一番マイルスがかっこ良かった瞬間が詰まっております。コルトレーンがアドリブが出来なくて悩んでいた時代でもありますが、非凡な才能は聴いていても分かります。

またしても動画が見つかりませんでした。他の人が演奏しているものでご辛抱下さい。恐れ入ります。

My Funny Valentine

Peanuts & Kirk Whalum - "Four"
スポンサーサイト




[20060812]

Bags Groove Bags Groove
()

この商品の詳細を見る


プレステッジ時代の最高傑作が此のアルバムです。クリスマスの喧嘩セッションとして伝説を残しているBags Grooveは珠玉の名曲であります。MJQのミルトジャクソンによるマイナー調のブルースジャズです。喧嘩というのはセロニアスモンクとマイルスの事ですが、実際に喧嘩になったのかどうかは不明です。しかし、実際にこの二人は時折衝突しております。理論派のマイルスに対して感覚派のセロニアスモンクはチャーリーパーカー時代からの先輩ミュージシャンです。そこへ理屈っぽい若造が噛み付いてくる訳です。喧嘩は絶えなかった事でしょう。マイルスはアンサンブルを大切にするので、タイム感や拍子にもこだわります。しかしセロニアスモンクは感覚で弾くので、一人だけ一拍多かったりする訳です。それに腹を立てるマイルス、しかし感覚はミュージシャンにとっては個性ですし、セロニアスモンクにとっては譲れない部分でもあります。それでライブ中にも良く喧嘩していたようです。

1. Bags' Groove [Take 1]
2. Bags' Groove [Take 2]
3. Airegin
4. Oleo
5. But Not for Me [Take 2]
6. Doxy
7. But Not for Me [Take 1]

Bags' Grooveを聴いてもらえば分かると思いますが、モンクのピアノは非常に絵画的で独特のものです。しかし、このプレイはこうして作品として発表されている訳ですので、音楽的には認め合っていたようです。他のセッションではホレスシルバーがピアノを弾いております。そしてソニーロリンズのテナーが素晴らしいです。

マイルスはじれ以降先輩ミュージシャンよりも若手を起用するようになります。それだけ思い通りにしたくなったのでしょう。ジャズミュージシャンは誰でも自分が一番だという自尊心が強い人が多いです。その為、人がやらないような事に挑戦して行くのです。その点ではマイルスがやはりトップでした。理論を実践してく能力は天性のものです。本来ミュージシャンとはこういう気概を持つべきですが、残念ながら商業化した現在のミュージシャンにはこの気概が見受けられません。そう言う意味では良き時代の名盤だといえるでしょう。

やはりこの時代の動画は見当たりません。別の人の演奏でBags' Grooveをお楽しみ下さい。

Bags' Groove

[20060812]

The Miles Davis All Stars: Walkin' The Miles Davis All Stars: Walkin'
Miles Davis (1991/07/01)
Prestige/OJC
この商品の詳細を見る


此のアルバムの前にブルーへ伊豆というアルバムがありましたが、此のアルバムから紹介します。麻薬中毒からも立ち直りThe Miles Davis All Starsを結成してプレスティッジレーベルに数々の名作を残しています。メンバーはセクステッドとクィンテッドに別れております。


1. Walkin'
2. Blue 'N' Boogie
がセクステッドでの演奏でジェイジェイジョンソン:トロンボーン、ラッキートンプソン:テナーサックス、ホレスシルバー:ピアノ、パーシーヒース:ベース、ケニークラーク:ドラムの布陣です。
3. Solar
4. You Don't Know What Love Is
5. Love Me or Leave Me
がクィンテッドでデイブシルドクラウド:アルトサックス、ホレスシルバー:ピアノ、パーシーヒース:ベース、ケニークラーク:ドラム&マイルスの布陣です。

ホレスシルバーはファンクジャズピアニストとして有名になる人です。その為、此のアルバムはファンクジャズに近いハードバップとなっております。旋律、構成音以外にもリズムの構築など斬新な挑戦が伺える名盤です。プレステッジ時代が一番モダンジャズとしてのマイルスを楽しめると思います。

Solarはマイルスの作曲になりますが、生涯を通じてマイルスはあまり作曲はしておりまえん。あくまで演奏家として存在します。又斬新なアイデアはアレンジとして具体化していきますので、作曲は他のメンバーが書く事が多いです。曲というより方法論に重きを置いていたように思われます。

やはり動画は見つけられませんでした。他の人が演奏しているものを参考に見て下さい。

Walkin'

[20060812]

Dig Dig
Miles Davis (1990/10/25)
Prestige/OJC
この商品の詳細を見る


クールの誕生は後に評価されましたが、当時は高い評価は得られず、増して九重奏団を維持するのは経済的に無理があったので、マイルスはすぐにこのアルバムでビバップへシフトを戻します。しかし、構成音などを複雑にしていき、よりオシャレな感じにして行きます。その為、ビバップではアドリブ時コードに縛られるという制約がありましたが、ここでは旋律に縛られるという制約が出てきました。しかし、これがハードバップの始まりとなりました。クールジャズ以降のジャズの歴史は正にマイルスによって創造されていったのです。

1. Dig
2. It's Only a Paper Moon
3. Denial
4. Bluing
5. Out of the Blue
6. My Old Flame
7. Conception

Sonny Rollins(ts)Walter Bishop(p)Tommy Potter(b)Art Blakey(ds)

後にビッグネームになっていく新進気鋭の若手ミュージシャンと組んでのセッションとなっております。アートブレイキーなどは、その後ファンクジャズで大ヒットを飛ばして行きますが、ファンクジャズもハードバップの一部として捉えて結構です。

アルバムジャケットを見てもらえば分かる通り、唯一マイルスがみすぼらしい格好で映っています。ドラッグ中毒の療養などもあり、一番金がなかった時代だったようです。ジャズミュージシャンはチャーリーパーカーを筆頭にドラッグずけになる人が日常で、マイルスも、中毒になっては療養を繰り返す事が、彼の人生につきまとって行きます。ここで聴けるサウンドは、今日ではとてもスタンダードな聴き易いジャズになっております。又、やはりこの時代の動画は探せませんでした。もう少し時代が新しくなるまでお待ち下さい。

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ