FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060905]

Tale Spinnin' Tale Spinnin'
Weather Report (2002/06/04)
Sony Jazz
この商品の詳細を見る


ワールドミュージックという世界中の音楽への感心を示すジョーザヴィヌルの傾向が強く出ており、ファンクやラテンというカテゴリだけでは捉えきれなくなるくらいの大きなスクロール感が出始めており、これからのウェザーの音楽性を予感させる作品です。

1. Man in the Green Shirt
2. Lusitanos
3. Between the Thighs
4. Badia
5. Freezing Fire
6. Five Short Stories

Man in the Green Shirtから始まる無国籍でありながら、どこにでもあるような自然の息吹が感じさせられるユートピアサウンドがいよいよ完成させられております。攻撃的なヴィトウズがいなくなっただけで、これほどまでの平和な幸福感を感じさせられる音楽に変貌してしまうとは。エレピの歪んだサウンドもクリアーになり、美しい音色に包まれております。ザヴィヌルと言えばCASIOのシンセですが、この時代から使っているかどうかは分かりません。

ドラムがレオンチャンクラーに代わり、アルフォンソジョンソンのベースも本格的になり、本当にどこかのユートピアにでも迷い込んだのかのごとき音絵巻です。特にBadiaの多国籍な感じは秀逸です。ザヴィヌルのトレードマークでもあるフルート系のシンセサウンドも使われています。

ウェザーの特徴であるポップに聴こえるけど、実は複雑な楽曲の原型がここにはあります。この後このスタイルをどんどん完成させて絶対無二な、それでいて親しみ易い素晴らしい音楽を創り出していく訳ですが、その前哨戦のような素晴らしい名盤がこのアルバムです。ショーターのフレージングがまたマッチしている点も大きいです。全盛期と聴き比べても全然聴き劣りしておりません。

Badia
スポンサーサイト




[20060905]

K-1 WORLD MAX 2006 世界王者対抗戦は全て面白かったです。やはりへヴィー級よりミドル級の方がスピードもありKOもありで見所満載でした。

●須藤元気 VS イアン・シャファー○
●小比類巻貴之 VS アンディ・サワー○
●佐藤嘉洋 VS アルバート・クラウス○
●宍戸大樹 VS ブアカーオ・ポー、プラムック○
○安廣一哉 VS アンディ・オロゴン●
●TATSUJI VS マイク・ザンビディス○
●前田宏行 VS ヴァージル・カラコダ○
○HAYATO VS ルトゥール・キシエンコ●

まず安廣一哉VSアンディ・オロゴンですが、アンディはボビーよりも打撃センスが良く、善戦しておりました。勝ったという判定でもおかしくありませんでしたが、判定で安廣が勝ちました。

前田宏行VSヴァージル・カラコダは前田がダウンをとったりして優勢でしたが、まぶたを切り、合えなくドクターストップ。試合内容では勝っておりました。

宍戸大樹 VS ブアカーオ・ポー、プラムックではプアカーオが各の違いを見せました。ゴング開始から積極的に攻めた宍戸でしたが、相手を舐めていたのでしょうか、パンチ一発で秒殺されました。プアカーオのパンチはノーモーションで手打ちだけのパンチですが、KO出来るだけの破壊力があります。腰が入っていないこのパンチが打てるのは彼だけでしょう。恐ろしいくらいの破壊力です。

佐藤嘉洋 VS アルバート・クラウスは佐藤が特異のローキック攻めを仕掛けますが、アルバートも打たれ強いです。佐藤の攻め方はキックボクシングのような長丁場では威力を発揮するでしょうが、3RしかないK-1には向いていないようです。今後は攻め方の研究が必要でしょう。

須藤元気 VS イアン・シャファーはつまらない試合でした。須藤は相変わらずの斜め構えの戦法でこれまでと代わり映えしておりません。そこへ予想だにしなかったイアンの回転後ろ回し蹴りが決まりKO。須藤の打撃というのはこれだけだったのでしょうか。期待倒れです。

小比類巻貴之 VS アンディ・サワーは須藤は積極的に攻撃を仕掛けますが、アンディがラッシュをかけると手も足も出ません。何とか打ち返しますが、ダウンを貰います。アンディのラッシュをどうしのぐかが今後の課題でしょう。でもいい試合でした。

どの試合も見所があり面白かったです。TBSも最近何かと叩かれておりますが、今日の放送は素晴らしかったです。前振りもコンパクトにまとめ、全試合を見事に放送してくれました。HAYATO VS ルトゥール・キシエンコは前座試合のようなものなので、少しカットされていましたが延長になったのでOKです。ところで、プライドですが、大晦日は民放での放送がされる可能性があるそうです。マイクタイソンが参加する事が可能な場合のようですが、日本テレビなどが狙っているそうです。そうなると亀田をとったTBS、その為K-1から圧力がかかりプライドを追放したフジテレビの視聴率が出なかった場合は、フジは痛い目に遭う事でしょう。選択肢を間違えた事を謝罪してこれまでの放送されなかったプライドの試合を放送するべし!!

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ