FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20060909]

ウェザー・リポート’81(紙ジャケット仕様) ウェザー・リポート’81(紙ジャケット仕様)
ウェザー・リポート (2007/05/23)
ソニーミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る


ウェザーリポートの最高傑作アルバムがこれです。黄金期の作品は少なく、このアルバムで終わるのですが、このメンバーでの最高の演奏が収録されています。デビューアルバムと同じくグループ名をタイトルにしているという変わったアルバムですが、それだけこれぞウェザーリポートだという自信の現れなのでしょう。既にジャコは自身のビッグバンドワードオブマウスを結成しており、脱退も決まっており、アースキンも脱退を表明していた中での録音でした。パワーステーションで録音されたその内容は、これまでのどのアルバムよりもエキサイティングな充実した内容となりました。

1.Volcano For Hire
2.Current Affairs
3.N.Y.C.: 41st Parallel / Dance, The / Crazy About Jazz
4.Dara Factor I
5.When It Was Now
6.Speechless
7.Dara Factor II

Volcano For Hireの凄まじさでもうぶっ飛びます。ディストーションの効いたジャコのベースも珍しいです。バードランドなどよりも先に行ってしまった感があるアレンジになっています。このバンドでしか表現出来ないグルーブと共に考え抜かれたアレンジの数々が素晴らしい名曲です。Current Affairsではまたしてもショーターの素晴らしいサックスが歌い上げます。N.Y.Cは80年代のジャズを表現したかのような作品です。When It Was Nowではドラムマシーンに基本リズムを刻ませ、生ドラムはフリーになるという手法がとられています。ジャコのフランジャーがかかったベースというこれまでとは違うタッチを聴かせてくれます。

Speechlessではジャコのベースが歌い上げるバラードです。ザビヌルはボコーダで歌ってもいます。圧巻はDara Factor IIでしょう。メンバー全員で創り上げた素晴らしい曲です。ウェザーの音楽にはジャズもファンクもロックもブルースもワールドミュージックもパンクもテクノも全て飲み込んだ上でのバンドとしての音楽が表現されております。そしてそれらは未来のブレークビーツやエレクトロニカなどへも連なる時代を超越した美しさが存在しております。その最高傑作がこのアルバムです。彼等の真髄はこのアルバムにこそあります。しかしこれを頂点として、この後のウェザーは違う道を進んでいく事となります。そしてこのバンドを離れたジャコは悲しい結末へと向かっていきます。

Volcano For Hire
スポンサーサイト




[20060909]

Night Passage Night Passage
Weather Report (1990/10/25)
Sony
この商品の詳細を見る


黄金時代メンバーとしては本格的なスタジオアルバムになります。ジャコのような凄腕プレイヤーは普通のバンドにいたら浮いた存在になってしまいがちですが、このバンドの中では違和感無く機能しております。この天才にとってはこれだけの受け皿を持ったバンドが必要だったのです。

1. Night Passage
2. Dream Clock
3. Port of Entry
4. Forlorn
5. Rockin' in Rhythm
6. Fast City
7. Three Views of a Secret
8. Madagascar

Night Passageは前作でも見せた4ビートジャズ的な曲です。ウェザーはエレクトリックバンドとしてやっていますが、こうした従来のジャズへのリスペクトを時折見せており、新しいジャズの在り方を模索しているようにも伺えます。Port of Entryでのジャコのプレイが素晴らしく、スケールの大きな作品に仕上がっています。Forlornは幻想的な曲で、これまでのウェザーの一連の作品に連なる曲です。Rockin' in Rhythmデュークエリントンの曲ですが、恐ろしく早いパッセージで演奏されています。しかもエレクトリック。恐らくリハーサルでの演奏から発展したものと思われますが、このバンドではこれだの演奏が出来るという証明になっているのだと思われます。

続くFast Cityでは同じスピード感でありながらオリジナルな閃きが爆発しております。4ビートでここまでやるとフリージャズのようですが、フリーという訳ではありません。マハヴィシュヌ並みのバカテクの連続です。これというのもピーターアースキンのテクニックが加わった故の成果でしょう。Three Views of a Secretは3拍子のフュージュン曲ですが、ダイナミックでカッコイイ曲です。アースキンはどうやら3連ものが得意のようです。

Madagascarは民族音楽的でありながら映画のサウンドトラックのようなドラマチックな曲です。ロック界ではツェッペリンが絶対無二なバンドありました。誰が欠けても成り立たないバンドとしての音楽を創造しておりました。ジミーペイジのリフもボーナムのドラミングを想定して創られておりました。ジャズ界ではこのウェザーの黄金期のメンバーが絶対無二なバンドです。誰が欠けても成り立たない音楽なのです。そんな貴重な音源が詰まった名作であります。

[20060909]

8:30 8:30
ウェザー・リポート (1997/03/31)
ソニーミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る


ウェザーリポートの黄金時代の幕開け、前作は一部分的なもで、今作から本格的となるのですが、何とそれはライブ盤だった。これまでのヒット作もこのメンバーによって演奏すればこうなるという訴えだったのだろうか。各曲これまでのスタジオ盤とは違うエネルギーとポテンシャルを放っている。じゃズの醍醐味はライブでると私も言い続けておりますが、このバンドほどライブで本領を発揮しているバンドもいないでありましょう。この黄金時代ともなれば尚更です。

1. Black Market
3. Scaret Woman
3. Teen Town
4. Remark You Made
5. Slang
6. In a Silent Way
7. Birdland
8. Thanks for the Memory
9. Medley: Badia/Boogie Woogie Waltz
10. 8:30
11. Brown Street
12. Orphan
13. Sightseeing

10曲目以降はスタジオでの新曲となります。アナログ盤でいうと3面がライブ盤という事になります。新メンバーのピーターアースキンはナチュラルなドラミングですが、このエレクトリックバンドには見事にハマる鳴りを出しております。彼のソロ作品はアコースティックジャズものばかりなのですが、このウェザーでのプレイが最高です。

圧巻はジャコのTeen Townです。ジャコのエネルギーが全メンバーに乗り移っているかのような凄まじさです。ライブでは御馴染みのジミヘンのサードストーンフロムマースのスレーズも覗かせています。そして美しいRemark You Madeではショーターのサックスもジャコのフレットレスベースも歌いまくっております。ショーターがどれほど素晴らしいサックスプレイヤーであるかを再認識させられる名曲です。

Slangはジャコの為に設けられたベースソロ、ここでジャコがどれほど凄いプレイヤーなのかが満天下に示される。ディレイを使って、ループのようにリズムをつけて別のアウトプットからダイレクト音をプレイするやり方は正に独壇場であります。そしてお決まりのジミヘンのサードストーンフロムマース。まるでベース界のジミヘンは俺だと言わんばかりです。In a Silent Wayはマイルス時代にジョーが創った曲ですが、ポリフォニックシンセによって違う美しさがあります。この時代はマイルスが病気療養して不在だった時代で、マイルスに代わって時代をリードしていたのが弟子であるこのバンドだったのです。Birdlandはシャッフル気味にアレンジされていますが迫力満点です。この面子でやるとこうなるのでしょう。

Thanks for the Memoryはショーターのサックスソロになっており、ソニーロリンズやコルトレーンとは違う情感を持っていながらジャズへのリスペクトを忘れていない素晴らしいプレイが聴けます。Badiaでは民族楽器とシンセが同一の周波数で共存しているところが素晴らしいです。

スタジオ盤の8:30はまるでプログレのような雄大さがあります。Brown Streetは国籍不明ですが、南国的な雰囲気のある曲です。Orphanは児童合唱団とのコラボレートでワールドミュージック的なスケールの大きい作品です。Sightseeingは4ビートでのサックスsとシンセのユニゾンがマイルスでのモードジャズ時代のような曲です。

ウェザーの入門編としても入り易く、彼等の素晴らしさ十分に伝わってくる名盤です。ロック系の人もジャズ系の人も納得させられるだけの内容になっています。このアルバムからウェザーリポートの世界音楽紀行に参加してみてはどうでしょうか。

Black Market~Scaret Woman

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ