FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20061006]

This Is the Modern World This Is the Modern World
The Jam (2006/06/20)
Polydor
この商品の詳細を見る


ファーストの延長線上にあるセカンドアルバムですが、よりブリティッシュビートサウンドライクになっております。他のパンクバンドとは違い、よりメロディーを大事にしているのが分かります。スリーピースである事を素直に表現しているので、音の隙間が多いですが、それだけメロディーが強調されております。

1. Modern World
2. London Traffic
3. Standards
4. Life from a Window
5. Combine
6. Don't Tell Them You're Sane
7. In the Street Today
8. London Girl
9. I Need You (For Someone)
10. Here Comes the Weekend
11. Tonight at Noon
12. In the Midnight Hour
13. Don't Tell Them You're Sane

細いネクタイとリッケンバッカー、英国らしいファッションでモッズの復興を掲げております。ブリットポップとして聴き直すと結構いけてる作品です。ファーストのような疾走感はありませんが、じっくり聴き込める曲ばかりです。In the Midnight Hourはウィルソン・ピケットのカバーですが、パンクというかパブロック的な味付けがカッコイイ仕上がりになっております。

パンク全盛の時代にこのメロディアスな作品はあまり受けませんでしたが、作詞の面でパンク色を出し、英国では受けていたようです。現在聴くと作品として非常に魅力的な曲が揃っています。この音楽面についてのこだわりが、この後のジャムの方向性を決めていきます。パンクというよりポールウェラーファンとしては愛聴すべきアルバムです。

Modern World

Life from a Window

In the city & Tonight at noon
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ