FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20061007]

The Gift The Gift
The Jam (1997/07/07)
Polydor
この商品の詳細を見る


ジャムのラストアルバムであり最高傑作アルバムです。All Mod Cons、Setting Sons、Sound Affectsも勿論素晴らしい名盤でありましたが、より突き抜けており、アルバムとしての完成度も高いアルバムです。ダブ以外にもファンクやソウルの要素を取り入れ、まとまりが無いようなイメージもありますが、この後のスタイルカウンシルを聴いた後で聴き直すと違和感が無くなります。

1. Happy Together
2. Ghosts
3. Precious
4. Just Who Is the 5 O'Clock Hero?
5. Trans-Global Express
6. Running on the Spot
7. Circus
8. Planner's Dream Goes Wrong
9. Carnation
10. Town Called Malice
11. Gift

ジャムサウンドの完成形と言えるHappy Together、Ghosts。スタイルカウンセルを予感させるPreciousはドファンクです。Just Who Is the 5 O'Clock Hero?はいかにもイギリスらしいビートナンバー。Trans-Global Expressはポゴダンスが踊れそうなダブサウンドです。スカのリズムに近いかもしれません。

Running on the Spotもジャムらしい曲です。Circusはクラッシュがやりそうなファンクレゲエです。マッドネスのようなスカかもしれません。Planner's Dream Goes Wrongはスティールドラムをフューチャーしたトロピカルな曲です。そして名曲Carnationは短調の素晴らしく感動的な曲です。そしてゴーイングアンダーグラウンド以来のNO.1ヒットとなったTown Called Maliceはモータウンビートをカバーではなくオリジナルで創ってしまった名曲です。後のスタイルカウンシルに繋がるきっかけとなりました。Giftはポゴダンスの為の音楽のようなパンクファンクサウンドです。

既にこの時期にミックタルボットとのスタイルカウンシルの構想が出来ており、ジャムでやるべき事は全てやったと解散を表明。ラストコンサートまできっちりやって解散するという生真面目なポールウェラーらしい潔いラストを飾りました。70年代にパンクスとしてでてきたポールウェラーでしたが、80年代は時代をリードするイノヴェーターとなっていきます。最後に届けられたGIFTという素晴らしい贈り物を私達に残して。

Happy Together
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20061007]

Sound Affects Sound Affects
The Jam (2004/08/24)
Universal International
この商品の詳細を見る


タイトルに示しているように、当時流行のダブの手法やレコーディングエフェクトを多用した作品に挑戦しております。基本的な作曲面においては、これまでのような良い曲を創り出しており、英国の国民的バンドジャムの王道を行っております。

1. Pretty Green
2. Monday
3. But I'm Different Now
4. Set the House Ablaze
5. Start!
6. That's Entertainment
7. Dream Time
8. Man in the Corner Shop
9. Music for the Last Couple
10. Boy About Town
11. Scrape Away

Mondayなどはブリットポップの代表曲としてもいい名曲であります。Set the House Ablazeのようにリフがカッコイイ曲もあり、ポールウェラーの作曲技術も絶好調を維持しております。曲もドラマチックな展開が示されるようになり、説得力も出ております。Start!なんてビートルズのタックすまんのような7thを多用した曲になっています。ブラスなんかも入っています。

That's Entertainmentはまるでブルーススプリングスティーンのようなアメリカ的な曲になっています。パンクはこうでなければならないという呪縛ははもう亡くなり、ポールウェラーはやりたい曲を創り、演奏しファンもそれをしじするという理想的な状況になり、イギリスではトップグループとしての地位も確立出来ました。

世界的にはまだまだ第三のバンド的位置に甘んじておりましたが、まぎれも無くジャムの代表的な名盤の一つとしてこのアルバムは存在しております。ブームが終わった後でも通用するのはそれだけ曲が良く出来ているからでしょう。ダブなどを使っていても少しも古くさく感じません。素晴らしいアルバムです。

Pretty Green

But I'm Different Now

The House Ablaze & Little Boy Soldiers

Start!

That's Entertainment

Dream Time

Man in the Corner Shop

Boy About Town

Scrape Away

[20061007]

Setting Sons Setting Sons
The Jam (2001/11/06)
Collectors' Choice Music
この商品の詳細を見る


前作All Mod Consの延長線上にある作品ですが、録音状態などかなり良くまとまっており、完成度が高い作品になっています。パンクバンドとして出てきておきながら、好きな音楽を素直に作ってしまうというポールウェラーのやり方が、80年代ミュージックシーンに大きな影響を与えていきます。

1. Girl on the Phone
2. Thick as Thieves
3. Private Hell
4. Little Boy Soldiers
5. Wasteland
6. Burning Sky
7. Smither-Jones
8. Saturday's Kids
9. Eton Rifles
10. (Love Is Like A) Heat Wave
11. Strange Town
12. When You're Young
13. Smither-Jones [Single Version]
14. See-Saw
15. Going Underground
16. Dreams of Children
17. So Sad About Us
18. Hey Mister
19. Start

シングルだけで出された彼等の代表曲Start とGoing Undergroundがボーナスで入っているのでお得です。All Mod Consではさりげなくやっていたモッズリヴァイバルも、ここではかなり自身を持って表現しております。英国の国民的なバンドへと成長したジャムの代表作品でもあります。

ジャケットからも分かるように、戦時下に置ける兵士の葛藤を描いたコンセプトアルバムになっておりますが、キンクスのように一曲一曲が楽しめる素晴らしいポップな作品です。モータウンのカバー曲Heat Waveもその一部としてジャムらしい曲になっています。WastelandなんてまるでJ-POPのような曲です。多分イカ天出身のアノバンドがパクったのだと思います。

Smither-Jonesでは弦楽四重奏により、クラッシュのようなメロディーが美しい曲になっています。彼等の代表曲でもあるEton Riflesはとてもパンクらしい曲です。やはり彼等はパンクバンドなのです。でもそんなジャンルなど関係なく楽しめる名盤です。シングルだけの曲も沢山入っているので、ジャムの全盛期の息吹が堪能出来ます。素晴らしい!!

Start! Private Hell

The House Ablaze & Little Boy Soldiers

Smither-Jones

Eton Rifles

Strange Town

When You're Young

Going Underground

Dreams of Children

So Sad About Us

Start

[20061007]

オール・モッド・コンズ オール・モッド・コンズ
ザ・ジャム (1997/12/21)
ユニバーサルインターナショナル
この商品の詳細を見る


セックスピストルズの解散、クラッシュがレゲエやダブを取り入れ出す。パンクの概念は大きく変わろうとしていた。そんな風潮がジャムの追い風となった。元々ピストルズのような音楽を目指していなかったジャムは、このアルバムで大きくモッズリヴァイバルを掲げ出す。そしてより音楽的に素晴らしい楽曲が揃ったこの作品で大ブレイクしていきます。

1 All Mod Cons
2 To Be Someone (Didn't We Have A Nice Time)
3 Mr. Clean
4 David Watts
5 English Rose
6 In The Crowd
7 Billy Hunt
8 It's Too Bad
9 Fly
10 Place I Love
11 A-Bomb In Wardour Street
12 Down In The Tube Station At Midnight

60年代のビートグループへのリスペクトとパンク以降の新しい感覚が宿った名盤です。キンクスのカバーDavid Watts 、アコースティックギターによるEnglish Rose、Flyは後のスタイルカウンシルのようなテンションコードをつかったおしゃれなバラードです。To Be Someone、In The Crowd、It's Too Badなど60年代ビートグループの影響をもろに出しております。

ビートルズやストーンズの影響を発言しにくいパンクの風潮の中、キンクスやスモールフェイセス、ザフーの影響を表明しておりましたが、明らかにビートルズ、ストーンズの影響が出ております。ブリットポップリヴァイバルの先駆的なアルバムです。テープの逆回転やSEなど、これまでのストレートな一発録りとは明らかに違う仕上がりになっております。

ポップで愛すべき楽曲ばかりですが、カッコ良く仕上げているセンスが素晴らしいです。ぱんくとしても、ブリットポップとしても楽しめる名盤です。スタイルカウンシルファンにもお勧めです。

All Mod Cons

Oasis - To Be Someone (The Jam Cover)

'In the city', 'Mr Clean' and 'A Bomb in Wardour Street.

David Watts & Private Hell

English Rose

In The Crowd

Place I Love

A-Bomb In Wardour Street

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ