FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20061027]

Power in the Darkness (CCCD) [Bonus Tracks] Power in the Darkness (CCCD) [Bonus Tracks]
Tom Robinson Band (2004/09/20)
Emi
この商品の詳細を見る
TRB Two TRB Two
Tom Robinson Band (2004/10/04)
Emi
この商品の詳細を見る


パンクムーヴメントの中から出てきたトムロビンソンバンドは、ポップな音楽性を持ち合わせながら、男気剥き出しのパンクバンドの中では異質な存在でした。Glad To Be Gayで自身がゲイである事をカミングアウトした為です。今でこそゲイにも市民権が与えられるようになりましたが、当時は蔑まれるような扱いだったのです。デヴィッドボウイがバイセクシャルである事をカミングアウトして話題となりましたが、ゲイである事を初めてカミングアウトしたのがトムロビンソンだったのです。

反社会性を歌い上げるパンクスの中で、弱者や差別についてのメッセージを歌い上げるトムロビンソンは異質な存在でしたが、そのメッセージはパンクの精神性に乗っ取るものだったのです。

Power in the Darkness
1. Up Against The Wall
2. Grey Cortina
3. Too Good To Be True
4. Ain't Gonna Take It
5. Long Hot Summer
6. Winter Of '79
7. Man You Never Saw
8. Better Decide Which Side You're On
9. You Gotta Survive
10. Power In The Darkness
11. Don't Take No For An Answer
12. Martin
13. Glad To Be Gay
14. Right On Sister
15. 2-4-6-8 Motorway
16. I Shall Be Released
17. I'm Alright Jack
18. Waiting For My Man (Live At London Lyceum 1977)
19. Power In The Darkness (2004 remix)
TRB Two
1. All Right All Night
2. Why Should I Mind
3. Black Angel
4. Let My People Be
5. Blue Murder
6. Bully For You
7. Crossing Over The Road
8. Sorry Mr Harris
9. Law And Order
10. Days Of Rage
11. Hold Out
12. Never Going To Fall In Love...(Again)
13. Getting Tighter
14. 2-4-6-8 Motorway (TRB Demo)
15. Elgin Avenue
16. Number One Protection
17. We Didn't Know What Was Going On
18. Suits Me, Suits You

2-4-6-8 Motorwayのデビュー曲、ビートポップな曲でヒットを飛ばし、カッコイイPower In The Darknessにはしびれました。MartinやGlad To Be Gayのような場末の酒場で歌われるようなメランコリックなシャンソンライクな曲もあり、ヒットを連発していきます。ベースを弾きながら歌うトムロビンソンは新鮮でした。まだポリスが出てくる前でしたので他のバンドとは一味違う感じがしました。どちらかと言うとキーボードなんかも入っていて、ブルーススプリングスティーンのような曲調でした。

セカンドアルバムはTodd Rundgrenのプロデュースでポップ感覚を前面に出しますが、攻撃的なパンクが流行る中、2枚のアルバムのみで解散。トムロビンソンはソロ活動に入る事になります。来日もしており、チープトリックファンなどにも支持されるほど人気がありました。何と言ってもPower In The Darknessは名曲でカッコいいです。こんな曲が書けるなんて凄いと当時は羨望の眼差しで見ておりました。ジャズの要素もありながら、しっかりとしたメッセージが伝わる言葉使い、見事としか言い様がありません。もっと頑張って欲しかったのですが、今は何をしているのでしょうか。

2 4 6 8 Motorway

Up Against The Wall

Don't Take No For An Answer

2-4-6-8 Motorway and Glad To Be Gay
スポンサーサイト




[20061027]

あっ!とおどろく放送局にて8月26日に名古屋市総合体育館レインボーホールで行われたRIDEウェルター級GP2006 2nd ROUNDを又しても無料で試聴出来ます。

あっ!とおどろく放送局

阿部裕幸 VS 松下直揮
池本誠知 VS 中村大介
日沖発 VS ジェフ・カラン
青木真也 VS ジェイソン・ブラック
帯谷信弘 VS ギルバート・メレンデス
川尻達也 VS クリス・ブレナン
石田光洋 VS クリスチャーノ・マルセロ
桜井“マッハ”速人 VS ルシアノ・アゼベド
美濃輪育久 VS バタービーン
デニス・カーン VS アマール・スロエフ
長南亮 VS パウロ・フィリオ
郷野聡寛 VS ゲガール・ムサシ
三崎和雄 VS ダン・ヘンダーソン
五味隆典 VS デビッド・バロン

五味が初黒星を食らった問題の試合からの復活戦ですね。あっ!とおどろく放送局では、どうやら今年見れなかったプライドの試合を次々に見せてくれそうです。大変感謝いたします。民放で放送していたのに、有料でしか見れないというのは納得出来ませんでした。無料で配信してくれて本当に感謝です。11月5日までの期間限定ですので、是非お見逃しなく。

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ