FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20070302]

In No Sense? Nonsense! In No Sense? Nonsense!
The Art of Noise (1993/11/12)
Polydor
この商品の詳細を見る


トレヴァーホーンの操り人形である事を嫌ったアートオブノイズの面々。自分達だけでやっていける事を主張し始めました。勿論はファンはそんな事は百も承知なのですが、彼らが自己主張すればするほど注目されなくなっていくという不思議な現象がZTTレーベルにはあります。アートオブノイズもこのアルバム辺りから注目度が徐々に下がり始めていきます。

1. Galleons of Stone
2. Dragnet
3. Fin du Temps
4. How Rapid?
5. Opus for Four
6. Debut
7. E.F.L.
8. Day at the Races
9. Ode to Don Jose
10. Counterpoint
11. Roundabout 727
12. Ranson on the Sand
13. Roller 1
14. Nothing Was Going to Stop Them Then, Anyway
15. Crusoe
16. One Earth

映画で使われたDragnetなど話題曲はあるのですが、以前のような繊細さが薄れており、アンビエントテクノ的な部分も、デカダンな薫りが薄らいでいるようでしっくりきません。後継が次々と新しい試みに挑戦する中、アートオブノイズは何時しか過去の栄光のみが輝く存在となってしまいました。

しかし、やはり第一人者だけあって、それなりのものは創っております。ただ影響力を持ったサウンドとまでは行きませんが、アートオブノイズの職人気質は健在です。トレヴァーのポップ感覚はそれほど影響力があったのでしょうか。技術力だけでは魅力的な音楽は創れないという事でしょうか。アートオブノイズが新作を出す度にトレヴァーの存在の大きさを感じてしまうという皮肉な結果を生み出していきます。

Dragnet
スポンサーサイト




[20070302]

In Visible Silence In Visible Silence
The Art of Noise (1993/05/28)
Polydor
この商品の詳細を見る


ファーストのインパクトが強過ぎて、このセカンドアルバムはそれほど強烈なイメージはなかったのですが、曲としての成熟さと熟れた感じで良く構成された楽曲が多く、素晴らしい作品に仕上がっています。このアルバムまでがアートオブノイズの全盛期です。

1. Opus 4
2. Paranoimia
3. Eye of a Needle
4. Legs
5. Slip of the Tongue
6. Backbeat
7. Instruments of Darkness (All of Us Are One People)
8. Peter Gunn (Featuring Duane Eddy)
9. Camilla: The Old, Old Story
10. Chameleon's Dish
11. Beatback
12. Peter Gunn (Extended Version)

吐息をサンプリングして曲賭して成り立たせたり、サンプリングのアイデアの宝庫であります。私はこのサンプリングされた音源を更にサンプリングして使わしてもらっています。テクノ性も強く、Paranoimiaやマリックのテーマ曲Legs、ヘンリーマシーニのPeter Gunnのカバーなど話題曲も多く、ファーストよりは入り易いかもしれません。Backbeatのポップ感覚も鳥肌ものです。

何と言ってもリズム音源の多彩さが素晴らしく、ドラム音源もかなりのバリエーションです。シンセ音源もテクノ系には参考になるものばかりで、ヨーロッパのデカダンなテクノが好きな人にはお勧めですし、インダストリアル系が好きな人にも楽しめます。クラシックにジャズ的な要素とポップ性、まるでプログレでもあります。ハードロックファンにも聴き応えがある迫力と、全てのロックファンを唸らせるだけの名盤です。私も個人的にはファーストよりこちらが好きです。

Opus 4 and Paranomia Live

Paranoimia

Legs

Backbeat

Instruments of Darkness

Peter Gunn

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ