FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20070305]

Doubt Doubt
Jesus Jones (2002/05/13)
Emi Gold
この商品の詳細を見る


ジーザスジョーンズのアルバムの中でも一番売れたセカンドアルバムです。ファーストよりもバンドサウンドになっており、曲も良く練られ、ポップなメロディーラインで世界的なビッグヒットとなりました。

1. Trust Me
2. Who? Where? Why?
3. International Bright Young Thing
4. I'm Burning
5. Right Here, Right Now
6. Nothing to Hold Me
7. Real, Real, Real
8. Welcome Back Victoria
9. Two and Two
10. Stripped
11. Blissed

彼らの代表曲Right Here, Right NowやReal, Real, Realなど覚え易いまるでブリッドポップを先取りしたような楽曲にTrust MeやWelcome Back Victoriaのようなジーザスらしい曲が溢れ一番ポップな作品となっています。サンプリングサウンドは控えめになりましたが、彼らが使うサンプリングネタは非常にハードロック的で、テクノ系の音源とはかなり異なっており痛快ですらあります。

バンドとしても、ソングライターとしても明らかに成長しており、新しいロックヒーローはU2ではなくこのジーザスだと思っていました。このまま進化するととんでもなく化けると確信したものです。実際にはこれが一番売れた作品なのですが、進化はしていくのです。あまりにも多様化していく時代の流れについていけなくなったのか、時代の方がついてこれなくなったのか、彼らが忘れ去られた頃にデジタルロックブームが訪れるのですが、最初にそのサウンドを確立したのはこのジーザスなのです。ブリティッシュロックファンをくすぐるような楽曲ばかりつまった名盤です。

Trust Me
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20070305]

今年もいよいよK-1が始動しました。
今年からへヴィー級の制度が代わり、100k以上はスーパーへヴィー級として区別されるようになりました。そして最初からいきなりグランプリとしての対戦になります。

シリル・アビディVS野田貢○
野田がプレッシャーをかけながら前に出てダウンを一つ奪い判定勝ち。アビディの雑な攻撃だったから勝てましたが、前に出る圧力をパンチに乗せられるようにならないと他の選手には通用しないと思います。しかし、日本人の新人が勝てた事は評価出来ます。
ジェロム・レ・バンナVS澤屋敷純一○
澤屋が常に左に回り込みレバンナの攻撃を封じ、パンチにカウンターをあわせて2回のダウンを奪い判定勝ち。バンナは初めて日本人に負けました。日本の新人という事でなめていたのか、ムキになってパンチだけの攻撃にこだわりバンナは墓穴を掘りました。
チェ・ホンマンVSマイティ・モー○
マイティーのサモアンフックでホンマンは初めてのKO負け、ホンマンの防御の弱さや攻撃の荒さが浮き彫りになりました。体格は申し分ないのですがへっぴり腰な心の弱さは以前から感じていましたが、ここにきてそれを克服出来ていない事が敗因です。もっと攻撃的な気持ちで頑張って欲しいものです。
ルスラン・カラエフVSバダ・ハリ○
昨年の因縁の対決は、最初っから全開のスピーディーな素晴らしい試合でした。バダハリが終始落ち着いていたのが勝因ですが、両者攻撃と防御が同時に出来るという理想的な闘い方が出来て、見ていて気持ちがよかったです。ルスランがパンチで一度ダウンを奪いますが、その直後カウンターのストレートを決めてバダハリが勝つという壮絶な戦いでした。こういう試合こそが男の戦いだと思います。他の選手も手本として欲しい内容でした。素晴らしい。
武蔵VS藤本祐介○
日本人頂上対決と称されていますが、武蔵はとっくの昔に引退していてもおかしくない人なので頂上対決とは言えません。この試合も藤本の攻撃は決まっていましたが、武蔵の有効打は一つもありませんでした。それなのにドローで延長となりました。明らかに八百長です。審判の武蔵びいきがこれまでのK-1をつまらなくしてきたのに、ここにきても尚武蔵の見方をするとは。しかし延長戦では藤本のハイキックが決まり武蔵は失神KOされます。引退宣言しか彼には残されていません。消極的な試合をする為にリングに上がる事は金輪際やめてもらいたい。藤本こそが外国人を倒せる日本選手だと思います。
レイ・セフォーVSセーム・シュルト○
いきなりスーパーへヴィー級初代チャンピオンを決める試合です。レイセフォーは調子が良かったのでいい試合運びでした。左フックでシュルト初めてのダウンを奪いましたが、カウンターの左ストレートで頭部を激しくゆらしたセフォーは失神KO。初代チャンピオンとなりました。

グランプリというだけあって年初めから面白い試合ばかりで大満足です。新旧交代を感じさせる傾向もあり、新しい時代の流れを感じました。今年のK-1は楽しませてくれそうです。

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ