FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20070331]

Push the Button Push the Button
The Chemical Brothers (2005/01/25)
Astralwerks
この商品の詳細を見る


アルバムを出す度にサイケ度が増しているようです。行き着くところは民族音楽となってしまうのですが、それでもポップな表現をするところがケミカルの魅力なのかもしれません。現在は分かりませんが、ケミカルが使っていたDAWソフトはLogicでした。だからという訳ではありませんが、私もLogicを使っています。それ以前から決めていたのですが、彼らが使っているということで尚決心が固まりました。

Logicは早くからオーディオ音源を扱うことに力を入れておりました。現在ではどのソフトも同じような機能が揃っていますが、Pro Toolsが出てきた頃からオーディオ音源を操る機能が充実してきます。つまりはパソコンでハードディスクレコーディングが出来、それをブレイクビーツにすることが簡単になったのです。私はPro Toolsも扱ったことがありますが、操作はLogicの方がやり易いです。音はPro Toolsの方が優れているということですが、それほど大差はないと思います。それなら扱い易いLogicの方が優れているというのが私の感想です。ですが現在はどのソフトもそれなりに使えます。

1. Galvanize
2. The Boxer
3. Believe
4. Hold Tight London
5. Come Inside
6. The Big Jump
7. Left Right
8. Close Your Eyes
9. Shake Bounce Break
10. Marvo Ging
11. Surface To Air

Galvanizeの出だしからいきなり中近東風のフレーズが出てきて度肝を抜きます。とうとう来るとこまできたかという感じです。しかし今回は全体的にはポップで効き易い内容です。これまでのぶっ飛び加減からすると期待倒れかもしれませんが、それでも独自のアシッド感覚は追求しており、又違う側面を覗かせます。

パソコンで音楽を創る個tが当たり前になってきた今日、ケミカルのような音を出す事は簡単になってきております。しかし、それをどう料理するかは個人のアイデア次第とという事になります。音楽に限らず、まず大事な事はアイデアであり、続けてそれを表現出来る才能が必要になってきます。ケミカルはその辺の才能がロックンロールしており、素晴らしいのです。しかし、ケミカルのアルバムタイトルはいつも聴衆に呼びかけているみたいでカッコいいです。

Galvanize

The Boxer

Believe

Hold Tight London

Come Inside

The Big Jump

Shake Bounce Break

Surface To Air
スポンサーサイト




[20070331]

Come with Us Come with Us
The Chemical Brothers (2002/01/29)
Astralwerks
この商品の詳細を見る


又よりいっそうサイケデリック感覚満載になったアルバムになっています。デジタル時代ではアシッドという形容詞を使いますが、このアナログ感覚はサイケデリックです。ここまで徹底してやってくれると気持ちのいいものです。ビッグビートも過去の音楽になっていたにもかかわらず。サイケというのはどの時代でも作用する効用があり、高揚させてくれます。

1. Come With Us
2. It Began In Afrika
3. Galaxy Bounce
4. Star Guitar
5. Hoops
6. My Elastic Eye
7. The State We're In (Featuring Beth Orton)
8. Denmark
9. Pioneer Skies
10. The Test (Featuring Richard Ashcroft)

今回はヴァーブからソロ活動を始めたRichard Ashcroftに歌わせたThe Testがハイライトです。俺らはアシッドテストに合格したかい、という歌詞が謙虚な彼ららしさを物語っています。とっくの昔に合格しているのですが、この問いかけがコンサートでは受けるのでしょう。Galaxy Bounceは映画トゥームレイダーに使用されていたりと話題には事欠きません。

It Began In Afrikaでのエスニック音源も思いっきりテクノしております。全てはアフリカのリズムから始まったという歌詞です。Star Guitarもシングルカットされており、このPVがいかにもパソコンで編集しましたという内容で、パソコンで簡単に動画を編集出来るようになった時期のものです。現在ではYOUTUBEに代表されるような動画投稿サイトが反映していますが、個人的に撮影したようなこのPVは走りでしょう。

音楽的にもアイデア満載で衰えを知りません。ケミカルブラザースというのは一つのジャンルかもしれません。もうビッグビートというくくりだけでは語れない存在になっています。しかし、まだ20世紀の音楽です。21世紀の音楽はこの先にあるのだと思います。まだ誰も始めていません。私SAMARQANDも思索の段階です。

Come With Us

It Began In Afrika

Galaxy Bounce

Star Guitar

My Elastic Eye

The Test

[20070331]

Surrender Surrender
Chemical Brothers (2000/02/08)
EMI
この商品の詳細を見る


セカンドアルバムのヒットで一躍時の人となったケミカルのサードアルバムです。セカンドアルバムほどのインパクトは無くなっておりますが、よりサイケデリックでアシッドテイストたっぷりの作品になっています。60年代後期から70年代初期にあった、ロックにとって一番幸福な時間を再構築するような姿勢はロックファンの心を巧くくすぐり続けています。

1. Music: Response
2. Under the Influence
3. Out of Control
4. Orange Wedge
5. Let Forever Be
6. Sunshine Underground
7. Asleep from Day
8. Got Glint?
9. Hey Boy Hey Girl
10. Surrender
11. Dream On

またしてもノエルギャラガーが参加しており、Let Forever Beを共演しています。ビートルズのリボルヴァーのような7thを効かせたサウンドでとても心地いい曲です。ニューオーダーのバーナードサムナーがOut of Controlに参加してアシッドハウスに仕上げていたり、ジョナサンドナフューがDream Onでドラマチックで感動的なエンディングを迎えてくれます。

このアルバムでの印象はディレイの使い方の心地良さです。まるでジミーペイジが使用していたアナログテープエコーのような使い方が、又もロックファンの心をくすぐります。一番彼ららしいビッグビート名曲がHey Boy Hey Girlで、フジロックフェスではオープニングに使われた曲です。Sunshine Undergroundはもろにサイケデリックサウンドで、バンドライクな創りで、ギミックも心地いいです。

テクノよりもロック寄りになった作品です。これをテクノファンがどう評価しているか分かりませんが、ロックファンとしては寄り身近な存在としてケミカルを楽しめるアルバムです。デジタル楽器はバンバンに使っている訳ですが、アナログな手触りがする素晴らしいアルバムであります。

Music: Response

Under the Influence

Out of Control

Orange Wedge

Let Forever Be

Sunshine Underground

Hey Boy Hey Girl

Surrender

[20070331]

Brothers Gonna Work It Out: A DJ Mix Album Brothers Gonna Work It Out: A DJ Mix Album
The Chemical Brothers (1998/09/22)
Freestyle Dust
この商品の詳細を見る


ケミカルブラザースはDJでありまして、このアルバムはそんな彼らのDJ Mixアルバムになっています。つまりレアグルーヴなどの人の曲をミックスして録音しているものです。それをオリジナルなコンセプトを持たせて、まるでオリジナルアルバムのように仕上げています。彼らの未発表曲もミックスされています。又、彼らのレーベル、フリースタイルダストからの最初の作品でもあります。

1. Brother's Gonna Work It Out/Not Just Another Drug Store [Planet Nine M]
2. Makin' a Living/Hot Wheels (The Chase)/The Theme [Unique ...]
3. Jazz/Sidewinder /Doin' It After Dark ... [312 Vs 216 Stomp Mix]
4. Morning Lemon/Mars Needs Women/Thunder/Losing Control/Mother Earth
5. Riot/Trip Harder/Everything Must Go/I Think I'm in Love [Chemical Brot]

オリジナルアルバムのようなビッグビートというよりもヒップホップに近いサウンドです。しかし、これもビッグビートなミキシングなのでしょう。サンプラーに取り込んでミックスしたりと、DJとしての技も披露しています。当時開催されていたヘヴンリーソーシャルというレイヴパーティーを楽しめるアルバムになっています。

自宅にいながら彼らのパーティーを体感出来るというものですが、自宅ででかい音を出せる家はそうないので、どこまで楽しめるか分かりません。前作でのぶっ飛びサウンドを期待していると満足出来ないかもしれませんが、DJミックス作品としては良く出来ていると思います。

彼らがリスペクトしているミュージシャンを確認出来るものでもあり、ファンとしては持っていたいアルバムであります。彼らの方法論を研究出来る内容でもあります。この時代のイギリスを疑似体験するような聴き方もいいかもしれません。

Brother's Gonna Work It Out

Electronic Breaks Mix

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ