FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20070501]

Millions Now Living Will Never Die Millions Now Living Will Never Die
Tortoise (2004/07/26)
Thrill Jockey
この商品の詳細を見る


トータスの名を世界に広めた名作セカンドアルバムです。ヒップホップやテクノと同時期にジャーマンプログレッシヴから発展した音響派とよばれる連中もマニアックなファンを獲得していました。その中でももとも期待されていたのがこのトータスです。イーノのような環境音楽的な感覚もありますが、明らかに違う動脈をもったバンドです。

1. Djed
2. Glass Museum
3. Survey
4. Taut and Tame
5. Dear Grandma and Grandpa
6. Along the Banks of the River
7. Djed

打ち込みではなく生演奏を録音していますが、プロツールスにオーディオデータとして録音し、デジタル編集していくようになるのですが、このアルバムではまだあらかじめ決めていた曲を演奏しつづけているようです。その作曲の段階でアドリブ的な展開はアリなのです。プログレの進化形としても捕らえられますが、ジャムバンドの原型として捕らえる方がふさわしいと私は思います。20分以上もあるDjedはまるで組曲のように違う表情を共存させています。

ブレイクビーツのドラムパターンに飽きていた頃に出会ったこのドラムパターンは新鮮でした。jazzのようでもありながらもロックという概念の中でなっています。彼らが世代のオピニオンリーダーとなっていれば間違いなく新しいロックの形として定着していたでしょう。しかしそうならないのは多くのリスナーの成長がともなっていなかったからです。時代はシンプルに幼稚な方向へと向かっていったのです。

それでもまだ現役の彼らですから、これからも期待しています。そんな彼らが最初にそのサウンドの印象づけが出来た初期の名盤です。

Djed

Glass Museum

Dear Grandma and Grandpa
スポンサーサイト




[20070501]

Tortoise Tortoise
Tortoise (1995/05/23)
Thrill Jockey
この商品の詳細を見る


ヒップホップに続いてはジャムバンドを紹介します。テクノ系が衰退していた頃、ブレイクビーツに飽きていた人の間では、これからはジャムバンドだという声が上がっていました。私も早速飛びついたものです。ジャムバンドとはアメリカから起こったムーブメントでジャムセッション、つまりアドリブに重きを置くバンドが続出していたのです。元々はグレイトフルデッドなどが走りですが、この時代ではデジタル機器の使用も取り入れたポストヒップホップな感覚が特長です。もともとジャズに慣れ親しんでいた私でしたので、このジャムバンドブームは大歓迎でした。しかし、残艶な事に主流となるまではいかず、いつしかこのブームも無くなってしまいました。

しかし、明らかにヒップホップ以降の新たなムーブメントとして、これだけの動きがあった事は喜ばしき事であります。私は今でもこのスタイルが最新の形だと思っています。さて、最初に紹介するこのトータスはジャムバンドとしてのくくりではないのですが、ジャムバンドブームの足がかりとなった存在として紹介いたします。

1. Magnet Pulls Through
2. Night Air
3. Ry Cooder
4. Onions Wrapped in Rubber
5. Tin Cans & Twine
6. Spiderwebbed
7. His Second Story Island
8. On Noble
9. Flyrod
10. Cornpone Brunch

ジョンマッケンタイア率いるトータスは、ステレオラブのような音響派として認識されていました。アナログなバンドとしてのサウンドにエフェクト処理が特長ですが、デジタル録音と作曲の際のアドリブ感覚がジャムバンドにも通じるのであります。作曲におけるアドリブというのは、例えばAメロを創ったら本来その流れに自然な方向にいきますが、次のBメロで全く違う方向へ平気に進んでいくのです。しかし、それがさも自然なような不思議な空気感を持っているのです。次々に違う方向へ進みながら違うテーマで完結する事もいとわないのであります。

この感覚は全く新しいものであり、単なるミニマルミュージックではない方法論でありました。このファーストアルバムでは、まだ現代音楽的なミニマル感覚はあるのですが、すぐにビートに変化が生まれます。この演奏をしながらアドリブ展開していく流れがそのまま作曲となっているのです。これはジャムバンドとも言えるでしょう。こんな音楽を待っていました。ただ一般的にはシンプル傾向へ向かっていたリスナーには広まらず、アメリカだけでの一時的なブームで終わってしまいました。この流れで主流となっていたら、もっと面白い音楽が続出していたかと思うと残念でなりません。

Magnet Pulls Through

Tin Cans & Twine

[20070501]

Speakerboxxx/The Love Below Speakerboxxx/The Love Below
OutKast (2003/09/23)
La Face
この商品の詳細を見る


さて、ラップ嫌いとなった私でしたが、その後、これは聴いてもいいなと思えるものがありました。それがこのアウトキャストです。とぼけたようなPVもいいし、プリンスやP-FUNKのような遊び心があるのです。つまり黒人らしい音楽なのです。それ以外のヒップホップは非常にローカルな音楽で一部の黒人のものでした。それを誰も彼もがやるようになっては本来の黒人のバネが失われてしまいます。このコンビニはそのバネがあるのです。

ディスク:1 The Love Below
1. The Love Below (Intro)
2. Love Hater
3. God (Interlude)
4. Happy Valentine's Day
5. Spread
6. Where Are My Panties?
7. Prototype
8. She Lives in My Lap
9. Hey Ya!
10. Roses
11. Good Day, Good Sir
12. Behold a Lady
13. Pink & Blue
14. Love in War
15. She's Alive
16. Dracula's Wedding
17. Take Off Your Cool (with Norah Jones)
18. Vibrate
19. A Life in the Day of Benjamin Andre (Incomplete)
20. [Untitled Hidden Track]
ディスク:2 Speakerboxxx
1. Intro
2. Ghetto Musick
3. Unhappy
4. Bowtie
5. The Way You Move
6. The Rooster
7. Bust (with Killer Mike)
8. War
9. Church
10. Bamboo (Interlude)
11. Tomb of the Boom (with Ludacris)
12. E-Mac (Interlude)
13. Knowing
14. Flip Flop Rock (with Killer Mike)
15. Interlude
16. Reset
17. D-Boi (Interlude)
18. Last Call (with Slimm Calhoun)
19. Bowtie (Postlude)

SpeakerboxxxというアルバムとThe Love Belowというアルバムを2枚あわせたような2枚組CDです。ビッグ・ボーイが中心のSpeakerboxxxとアンドレ3000が中心のThe Love Belowという構成です。ポップなサウンドが特長のビッグ・ボーイ。とぼけたプリンスのような部分とシリアスなテクノサウンドが特長のアンドレ3000の二人の個性がはっきりと分かれている作品なのです。

ビッグ・ボーイの方がヒット曲も多く、The Way You Move など素晴らしい名曲も創っています。Hey Yaのとぼけた感じもとてもいいです。Happy Valentine's Day のポップな感じはプリンスのようですし、アンドレ3000の方がおもいっきりがよく面白いです。お陰で2枚組のラップもなんとか苦痛無しに楽しめました。

ヒップホップ以降の作品をざっと紹介してきましたが、ここで次に進みます。まだ紹介しきれていないアーティストが沢山いますが後ほど紹介していきます。確かな事はヒップホップがなければもっと音楽シーンは後退していたという事実でしょう。

The Love Below

Love Hater

God

Happy Valentine's Day

Spread

Where Are My Panties?

Hey Ya!

Roses

Dracula's Wedding

Ghetto Musick

The Way You Move

The Rooster

War

Reset

[20070501]

Significant Other Significant Other
Limp Bizkit (1999/06/22)
Polydor
この商品の詳細を見る


私がラップを嫌いになった原因となった問題の大迷作です。雑誌での前評判が良過ぎたのも原因です。70年代の雑誌の評価は真っ当なもので、良いものは良い、悪いものは悪いとはっきりと評価していました。しかし90年代以降の雑誌での評価ほど当てにならないものはありません。評価というより宣伝の一貫なのです。良くなくても何らかの持ち上げ方をして、全ての作品がいい作品のような記載ばかりなのです。

昔のつもりで雑誌の前評判を鵜呑みにしてしまいました。もの凄く期待が持てる救世主的な評価内容でした。私もかなり期待してこのアルバムを購入しました。しかし一聴して後悔いたしました。何一つ新しいものが無く、これまでのグランジにラップをあわせたありきたりなサウンドなのです。それまではラップに飽きながらも我慢しながら聴いていました。しかし、このアルバムでは60分以上にも渡りラップを聴かされ続けられる拷問のような体験をして、とうとう怒りが爆発してしまいました。今後一切ラップは聴かないという決意までさせたのがこのアルバムなのです。

1. Intro
2. Just Like This
3. Nookie
4. Break Stuff
5. Re-Arranged
6. I'm Broke
7. Nobody Like You
8. Don't Go Off Wandering
9. 9 Teen 90 Nine
10. N 2 Gether Now
11. Trust?
12. No Sex
13. Show Me What You Got
14. Lesson Learned
15. Outro

演奏が巧いのは認めます。だけどそれが何なのだ。なのです。今更こんな音楽をやる意味がどこにあるというのだ。と言うのが感想です。ただ好きでやっているのだから文句を言う必要も無いのですが、雑誌の前評判がデカ過ぎたのです。こんなくだらないサウンドに何を期待しているのだと怒りが込み上げてきてしまいました。

しかし、私の思いとは裏腹にこのバンドは世界的なメガヒット生み出すビッグネームになってしまいました。この頃から私がいいと思うものと世間がいいと評価するものがはっきりと反比例するようになりました。私の感覚が古いのかと思っていましたが、世界の良識のある人の意見と同じであることで自信を取り戻しました。

ラップもブルースのように趣味趣向で聴く分にはいいでしょう。しかし、ブルースには次の刺激があったからこそ今も親しめますが、ラップの次が生まれていないのが不幸となっています。次が続かないから飽きられるばっかりなのです。しかし飽きもせず世間はラップを今も最新の感覚だと思っている事が問題なのです。だから私派あえて嫌われるのを覚悟でここまで言うのです。

このバンドがローカルなバンドだったらそれなりの評価は出来たでしょう。しかしこれが世界的なビッグバンドとしてもてはやされているとしたら、それは大問題です。単なる過去の焼き直しでしかないこのバンドがワールドスタンダードとなっては余計音楽シーンの発展の妨げとなります。革新を支持しないリスナーが膨大になり過ぎているではないでしょうか。買わなければ良かったと後悔する作品はあまりありませんが、このアルバムはまぎれも無くその1枚です。

Just Like This

Nookie

Break Stuff

Re-Arranged

I'm Broke

Nobody Like You

9 Teen 90 Nine

N 2 Gether Now

No Sex

Show Me What You Got

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ