FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20070917]

アウト・オブ・アワー・ヘッズアウト・オブ・アワー・ヘッズ
(1997/12/03)
ザ・ローリング・ストーンズ

商品詳細を見る


オリジナルの少なかったストーンズはビートルズに負けないように、ミックジャガーとキースリチャードをピアノとギターしか無い部屋に缶詰にします。そして大ヒットしたサティスファクションを生み出しました。このアルバムからやっとストーンズらしいオリジナル曲が増えていきます。

1. Mercy Mercy
2. Hitch Hike
3. Last Time
4. That's How Strong My Love Is
5. Good Times
6. I'm Alright
7. (I Can't Get No) Satisfaction
8. Cry to Me
9. Under Assistant West Coast Promotion Man
10. Play With Fire
11. Spider and the Fly
12. One More Try

カバー曲もこれまでのようなブルース曲からMercy Mercy、マーヴィンゲイで有名なHitch Hike、オーティスレディングのThat's How Strong My Love IsサムクックのGood Times、Cry to Meなどのリズム&ブルース曲が増えています。ポップなイメージへ転換使用としていたようです。

オリジナルもうまくなっており、Satisfactionを始めLast Timeも良い曲ですし、One More Tryも良いです。Satisfactionによってビートルズとは違って意味での若者の代弁者となりました。ビートルズは女の子にキャーキャーいわれていましたが、ストーンズは野郎共に人気があるようなイメージがあります。実際そうなのですが海外では女の子にも人気があったのです。何と言ってもミックジャガーにはプレスリー以来のセックスシンボルのようなカリスマ性があったのです。

他人のペンによる曲でも良い曲があります。Play With Fireを始めとして、Under Assistant West Coast Promotion Man、Spider and the Flyです。オリジナルだけでは足りなかったのでしょう。他のライターの曲も使うようになります。ビートルズのように次から次へと良い曲が書けるというのは神業のようなもので、ストーンズにはもう少し時間がいったようです。しかしこのアルバムからストーンズらしいサウンドも少しずつ確立されつつあります。

Mercy Mercy

Last Time

That's How Strong My Love Is

Satisfaction

Play With Fire

Spider and the Fly

One More Try
スポンサーサイト




[20070917]

The Rolling Stones, Now!The Rolling Stones, Now!
(1990/10/25)
The Rolling Stones

商品詳細を見る


ストーンズを聴いて初めてブルースを聴いた人も多かったと思います。それほど玄人受けする選曲になっています。又オリジナルを知らない人には伝わりにくいのですが、ミックジャガーは物真似をしながら歌っております。しかしそれはいつしかミックにしか歌えない歌い方になっているのです。それが彼らの個性の一つでもありました。

1. Everybody Needs Somebody to Love
2. Down Home Girl
3. You Can't Catch Me
4. Heart of Stone
5. What a Shame
6. Mona (I Need You Baby)
7. Down the Road a Piece
8. Off the Hook
9. Pain in My Heart
10. Oh Baby (We Got a Good Thing Goin')
11. Little Red Rooster
12. Surprise, Surprise

このアルバムでもカバー曲が中心です。You Can't Catch Meはチャックベリーの曲でビートルズのカムトゥゲザーの元になっている曲で、ジョンレノンは後にソロアルバムでもカバーしています。ミックとキースは元々幼なじみでしたが、いつしか違う学校に通うようになります。再会したときのきっかけが持っていたチャックベリーのレコードでした。それほど彼等にとってもアイドルだったのです。

オリジナル曲はシングルヒットしたHeart of Stone、What a Shame、Off the Hook、Surprise, Surpriseだけになります。カバー曲のLittle Red Roosterはライブでは欠かせないレパートリーになっています。まだヒット曲は少ないアルバムですが、ストーンズの悪そうな雰囲気が充分楽しめる作品です。この辺が分かっていないと真のストーンズファンとは言えません。

Everybody Needs Somebody to Love

Heart of Stone

What a Shame

Down the Road a Piece

Off the Hook

Little Red Rooster

Surprise, Surprise

[20070917]

12 X 512 X 5
(2002/10/21)
Rolling Stones

商品詳細を見る


これはアメリカ盤のセカンドアルバムですが、日本ではこちらが御馴染みなのでこちらで紹介します。ストーンズのマネージャーはブライアンエプスタインの下で働いていたAndrew Loog Oldhamです。プロデュースも彼がしています。このアルバムでストーンズはビートルズに続いてアメリカを席巻していきます。

1. Around And Around
2. Confessin' The Blues
3. Empty Heart
4. Time Is On My Side
5. Good Times, Bad Times
6. It's All Over Now
7. 2120 South Michigan Avenue
8. Under The Boardwalk
9. Congratulations
10. Grown Up Wrong
11. If You Need Me
12. Susie Q

チャックベリーのAround And Aroundから格好いいロックンロールを聴かせてくれます。ジョニーウィンターでも御馴染みのIt's All Over Nowも格好いいです。オリジナルはGood Times, Bad Times、Congratulations、Grown Up Wrongの三曲です。どれも皮肉っぽい歌詞がストーンズらしいです。CCRもカバーしたSusie Qもストーンズの代表曲でした。

キースリチャードはまだあくの強いギターは弾いていませんが、ビルワイマンの太いベースサウンドが印象的です。ファーストはダークなブルースのイメージが強いですが、ドリフターズのUnder The Boardwalkのようなポップスも入れたこのアルバムは明るいイメージがあります。Time Is On My Sideもカバー曲ですが、ストーンズを代表する名曲になっています。

ミックジャガーの分厚い唇からとてもハンサムとは思っていませんでしたが、映画小さな恋のメロディーの中でミックジャガーのポスターに女学生がキスをすると言うシーンがありました。このシーンはまだガキだった私にとってショッキングな事でした。ミックジャガーのセックスアピールのある男を女学生がキスをするなんて、なんてイギリスの女学生は大人なんだと思いました。男は顔じゃないんだとそのとき思いました。又ミックの歌も独特の癖があります。黒人の真似をした歌い方のようですが、免疫の無い人には受け入れがたい声です。しかしこれが時間をかけて聴いていると癖になり、ハマってしまうものなのです。まるでドラッグのようなものです。ジミヘンの歌もそうです。これを格好いいと思えないとロックには入っていけない。これがロック入門の儀式だと幼い頃に思ったものです。

Around And Around

Time Is On My Side

It's All Over Now

Susie Q

[20070917]

The Rolling Stones (England's Newest Hitmakers)The Rolling Stones (England's Newest Hitmakers)
(2002/08/27)
The Rolling Stones

商品詳細を見る


ビートルズに続いて人気者となったのがローリングストーンズです。ビートルズの人気にあやかろうとして売り出されますが、優等生的なビートルズに対して不良のイメージで売り出されました。当時のイギリスはアメリカから輸入されてきたブルースが流行っていました。ブルースを演奏出来ると言う事が一つのステイタスだったのです。当時のイギリスでブルース界を牛耳っていたのがアレクシスコーナーとジョンメイオールでした。ストーンズはアレクシスコーナーの門下生だったのです。

1. Not Fade Away
2. Route 66
3. I Just Want To Make Love To You
4. Honest I Do
5. Now I've Got A Witness
6. Little By Little
7. I'm A King Bee
8. Carol
9. Tell Me
10. Can I Get A Witness
11. You Can Make It If You Try
12. Walking The Dog

アメリカでは人種差別のためブルースは一部の人にしか受け入れられていませんでした。しかしイギリスでは流行の最先端だったのです。しかしビートルズがロックンロールでアイドルとなった為、ストーンズもブルースだけではなくロックンロールも演奏しています。彼らのアイドルはチャックベリーでもありました。

ビートルズのようにまだオリジナルが創れない彼らのファーストアルバムはほとんどがカバー曲になっています。唯一Tell Meだけがオリジナルでビートルズの真似をして作曲者はミックジャガーとキースリチャードの共作としてクレジットされています。ストーンズの場合は現在に至るまで本当に共作しているようです。しかし音楽的な知識が豊富なブライアンジョーンズがストーンズの本来のリーダー的な存在でした。オリジナルが増えるに従って、この構図が逆転していく事になります。

Route 66やCarol のようなロックンロール以外は玄人受けするようなブルースナンバーばかりです。Walking The Dogはエアロスミスもファーストのラストに持ってきた曲です。聴き比べてみるのも面白いかもしれません。ビートルズに比べると演奏力のあるストーンズ、オリジナリティーでビートルズという力関係になるでしょうか。プライベートでも仲のいい2つのバンドでしたが、酒の席ではブルースを弾けないジョージハリソンがストーンズのメンバーによく絡んでいたそうです。ともかく、ビートルズとストーンズの二大巨頭により時代は大きく動いていく事になります。

Not Fade Away

Route 66

I Just Want To Make Love To You

Carol

Tell Me

Walking The Dog

[20070917]

秋場所も中日を迎えて、調子のいい力士と悪い力士の明暗がはっきりしてきました。
調子がいいのは安馬と安美錦で、安美錦は全勝のまま勝ち越しました。技能派でしたが、パワーもついてきており、前に出る相撲がいい結果を生んでいるようです。安馬も調子がいいのでスピードにのったバランスが良いようです。

主な上位の成績
白鵬  7勝1敗
千代大海  7勝1敗
琴欧洲  5勝3敗
琴光喜  6勝2敗
安美錦  8勝0敗
朝赤龍  4勝4敗
安馬  5勝3敗

下位に落ちていますが旭天鵬もどっしりした相撲を取っています。若手も頑張っており、朝青龍がいなくても良い内容の相撲が見れます。そもそも八百長だの何だのと雑誌は騒ぎ立てますが、相撲ファンにとっては大きなお世話なだけです。朝青龍も良い試合をしてくれればそれで良いのです。周りがとやかく言う事はない。

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ