FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20071117]

Greatest Hits Greatest Hits
The Monkees (1995/10/24)
Rhino
この商品の詳細を見る


イギリスのブリティッシュインヴェンションに対抗すべく、オーディションによって結成されたアメリカのアイドルグループ、モンキーズです。創られたアイドルとしての元祖みたいなものです。70年代にはベイシティーローラーズがいましたが、彼ら同様作曲は別の人間が担当し、レコーディングもスタジオミュージシャンが演奏したりしています。そういうグループをここで紹介する必要もありませんが、創られたヒット曲であってもいい曲が沢山あるのです。ブリティッシュ勢に負けないくらいブリットポップしています。そういう訳で手っ取り早くベストアルバムで紹介いたします。

1. (Theme From) The Monkees
2. Last Train to Clarksville
3. I Wanna Be Free
4. I'm a Believer
5. (I'm Not Your) Steppin' Stone [Single Version]
6. Mary, Mary
7. Little Bit Me, A Little Bit You
8. Girl I Knew Somewhere
9. Randy Scouse Git
10. Pleasant Valley Sunday [Single Version]
11. Words [Single Version]
12. Daydream Believer
13. Goin' Down
14. Valleri
15. D.W. Washburn
16. It's Nice to Be With You
17. Porpoise Song [Single Version]
18. Listen to the Band [Single Version]
19. That Was Then, This Is Now
20. Heart and Soul

彼らの為のテレビ番組があったりとジャニーズのやり方の先駆者でもあります。自分のテレビ番組を持っているのですからシングル曲も大々的に宣伝が出来ると言うメリットがありました。特にLast Train to ClarksvilleとDaydream Believerが一番有名ですが、なかなか良く出来ている曲です。tレビではThemeから始まるのですが、Davy Jonesと同姓同名だったデヴィッドボウイは、彼らがあまりにも有名過ぎたので、あえてボウイという芸名をつけて世に出る事になりました。

I'm a believerもとてもいい曲です。Steppin' Stoneはシドヴィシャスのカバーでも有名な曲です。D.W. Washburnのようなバートバカラック的なポップスをやったり、Porpoise Songのようにサイケデリックなサウンドでもビートルズを追従していました。創られたアイドルであっても音楽的に優れていればそれはOKだと思います。昔は演奏する方と作曲者は別に存在しておりましたし、ポップシンガーとはそういうものでしょう。オリジナルアルバムで集めてもそれなりに満足するはずです。とりあえずはベスト盤でも彼らの魅力は分かって頂けると思います。

(Theme From) The Monkees

Last Train to Clarksville

I Wanna Be Free

I'm a Believer

Steppin' Stone

Mary, Mary

Little Bit Me, A Little Bit You

Girl I Knew Somewhere

Randy Scouse Git

Pleasant Valley Sunday

Words

Daydream Believer

Goin' Down

Valleri

D.W. Washburn

It's Nice to Be With You

Porpoise Song

Listen to the Band

That Was Then, This Is Now

Heart and Soul
スポンサーサイト




[20071117]

Shot of Love Shot of Love
Bob Dylan (1990/05/29)
Columbia
この商品の詳細を見る


ボブディランのゴスペル三部作と言われた作品の最後の作品になります。しかしジャケットの悪趣味度はここに極めれりといった感じです。ジャケットを見ただけで購入意欲が薄れてしまいますが、この作品も音楽的には申し分のないで着映えです。宗教的意味合いは抜きにしてもゴスペルミュージックはリズム&ブルース同様はずれの無い音楽であり、のりさえ出せればそれなりの曲が創れます。ボブディランはそれに自分流を織り交ぜ、かなり格好いい曲を創っています。

1. Shot of Love
2. Heart of Mine
3. Property of Jesus
4. Lenny Bruce
5. Watered-Down Love
6. Groom's Still Waiting at the Altar
7. Dead Man, Dead Man
8. In the Summertime
9. Trouble
10. Every Grain of Sand

80年代のストーンズやクラプトンが好きな人には馴染み易い作品だと思います。ディランの音楽にはアメリカ再発見的な趣向があり、朝日があたる家はディランのファーストに収められており、後にアニマルズに教えたのもディランでした。そういう意味では全然ぶれていないディランの音楽性です。

この後は宗教色は表に出さなくなりまして、現在に至るまでいまだに現役でストーンズよりも息の長い活動を続けています。この辺りの作品も勿論良い出来ですが、これまで紹介してきた作品だけでも充分だとも思います。それだけ存在感のある名作を創ってきていますので、私は正直言って最近のディランの作品にはあまり興味がありません。ですので紹介もこの辺りまでにいたします。

Shot of Love

Lenny Bruce

Groom's Still Waiting at the Altar

Trouble

Every Grain of Sand

[20071117]

Saved Saved
Bob Dylan (2001/10/01)
Sony Budget
この商品の詳細を見る


これも宗教色の強い作品でジャケットはモロにそれと分かる絵になっており、かなり評判が悪く、後に裏ジャケットと差し替えられています。音楽的にもゴスペル調の跳ねる感じが多くなっており、最近のクラプトンの音楽性と類似している部分があります。どうもクラプトンにしろストーンズにしろこのディランの方向性に右に習えしているふしがあります。

1. Satisfied mind
2. Saved
3. Covenant woman
4. What can I do for you
5. Solid rock
6. Pressing on
7. In the garden
8. Saving grace
9. Are you ready

タイトルのSavedはかなり格好いい曲でクラプトンのフォーエヴァーマンに似ています。In the Gardenもビートルズのような曲でかなりの名曲です。救いを求めるようなジャケットがパンクの時代においてはひんしゅくものですが、音楽的にはかなり充実しています。周りで何があってもぶれないボブディランがここにはいます。

ボブディランの音楽的ルーツとしてはブルース、ロックンロール、フォークカントリーとあり、ゴスペルも又然りであるので、いよいよ自分の音楽性を極めていっている感じがとても好感が持てます。ただ題材が時代に反するものであった為に評価は低いですが、アメリカでは売り上げは出しています。今ならこれも許せる作品であります。

Saved

Covenant woman

What can I do for you

In the garden

[20071117]

Slow Train Coming Slow Train Coming
Bob Dylan (2004/06/01)
Columbia
この商品の詳細を見る


改めてクリスチャン宣言をしたディランの宗教色の強い作品です。音楽的にもゴスペル調になっており、それがポップな結果となり素晴らしい曲が多く含まれております。しかし時代はパンクの時代です。神様が救ってくれるなんて幻想だと主張する若者が支持されておりましたから、このディランのクリスチャン宣言は明らかに若者を幻滅させるような出来事でした。

1. Gotta Serve Somebody
2. Precious Angel
3. I Believe in You
4. Slow Train
5. Gonna Change My Way of Thinking
6. Do Right to Me Baby (Do Unto Others)
7. When You Gonna Wake Up
8. Man Gave Names to All the Animals
9. When He Returns

もうディランは終わったとさえ思われていましたが、このアルバムにはマークノップラーなどが参加しており、そのギタープレイはディランの音楽に見事にマッチして素晴らしい作品に仕上がっています。When You Gonna Wake Upではスティーリーダン風のフュージョン的なアレンジが見事で、Man Gave Names to All the Animalsでのレゲエ風でありながら新しい感じの出来映えになっています。

音楽的にはかなりの斬新な創りになっており、パンク以外は相手にされなかった時代に制作された不幸もありますが、現在の耳で聴けばかなり高く評価されてもいい作品になっています。キリストもジンマーマン(ディランの本名)も信じないと宣言したジョンレノンの潔さはありませんが、そのジンマーマンがキリストを信じると言う宣言はロック的には駄目ですが、音楽的には見事な作品です。

Gotta Serve Somebody

I Believe in You

Do Right to Me Baby

Man Gave Names to All the Animals

When He Returns

[20071117]

Street Legal Street Legal
Bob Dylan (2004/06/01)
Sony
この商品の詳細を見る


時代はパンクの時代になります。プロテストソングの先駆者ボブディランはコステロのようなニューウェイヴのミュージシャンによって引き継がれていきますが、新しい波の流れの中では枠外な扱いをされていました。もうディランのやり方は古くさくなっていたのです。しかし血の轍から充実してきたディランの流れもぶれる事なく質の高い作品を創り続けていく事となります。

1. Changing of the Guards
2. New Pony
3. No Time to Think
4. Baby Stop Crying
5. Is Your Love in Vain?
6. Senor (Tales of Yankee Power)
7. True Love Tends to Forget
8. We Better Talk This Over
9. Where Are You Tonight? (Journey Through Dark Heat)

名盤欲望に比べると話題性も低くて地味な存在の作品ですが、激動の時代においてディランはマイペースに活動していきます。ダイアストレイツというこの時代のディランを継承するバンドも出てきてディランの再評価もされるのですが、時代の目はライブハウスで活躍するパンクバンドに向けられており、でかい箱でコンサートをするようになったディランは過去の存在のように扱われていました。

これまで発売された作品だけでも充分存在価値が100年続くようになっていましたので、新作が発売されても注目度が薄くなっていたのです。それでもアメリカではこのアルバムは結構売れたみたいで、それなりの出来映えにはなっています。もうぶれなくなってきたディランの音楽性は時代に関係なくとんがっています。

Changing of the Guards

Is Your Love in Vain?

Tales of Yankee Power

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ