FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20071231]

CollectionsCollections
(1990/10/25)
The Young Rascals

商品詳細を見る


コレクションズと言うタイトルですがベストアルバムではありません。れっきとしたオリジナルセカンドアルバムです。シングルの寄せ集めと言うのでもなく、普通のセカンドアルバムです。サウンド的にはソウルフルな内容ですが、結構ポップな曲が多いです。

1. What Is the Reason
2. Since I Fell for You
3. I've Been Lonely Too Long
4. No Love to Give
5. Mickey's Monkey/Love Lights
6. Come on Up
7. Too Many Fish in the Sea
8. More
9. Nineteen Fifty Six
10. Love Is a Beautiful Thing
11. Land of 1000 Dances

本格的なソウルバンドなのですが、どこかアイドル的なところがあり、そういったイメージが強いアルバムでもあります。ブリティッシュインヴェンションに対抗しているのでしょうが、本格的な黒人音楽を演奏する玄人受けするようなポテンシャルを秘めており、他のアイドルグループとは差別化が成されています。

Land of 1000 Dancesはあまりにも有名なダンス天国のカバーです。Come On UpとLonely Too Longがシングルヒットしていますが、カバー曲と同じレベルでの作曲が成されているところがさすがです。当初はYoung Rascalsと名乗っていましたが、次第にRascalsと呼ばれるようになっていきます。ビッグヒットはありませんが、ラスカルズを知る上では興味深い作品です。

I've Been Lonely Too Long

Too Many Fish in the Sea

Love Is a Beautiful Thing
スポンサーサイト




[20071231]

The Young RascalsThe Young Rascals
(2007/05/14)
The Young Rascals

商品詳細を見る


イギリスとは違いアメリカで黒人音楽をやる白人は少なかったのですが、このラスカルズは白人でありながら本格的なリズム&ブルースをやって成功しました。青い目のブルーアイドソウルと呼ばれるようになります。

1. Slow Down
2. Baby Let's Wait
3. Just a Little
4. I Believe
5. Do You Feel It
6. Good Lovin'
7. Like a Rolling Stone
8. Mustang Sally
9. I Ain't Gonna Eat out My Heart Anymore
10. In the Midnight Hour
11. Slow Down
12. Baby Let's Wait
13. Just a Little
14. I Believe
15. Do You Feel It
16. Good Lovin'
17. Like a Rolling Stone
18. Mustang Sally
19. I Ain't Gonna Eat out My Heart Anymore
20. In the Midnight Hour

黒人顔負けのGood Lovin' と言うソウルナンバーを引っさげてヒットを連発していきます。Like a Rolling Stoneのようなディランのカバーをやってフォークロック的な曲もありますが、特徴としてはFelix Cavaliereのオルガンサウンドにあります。イギリスのアニマルズをアイドル化したような感じです。

白人でもソウルが出来ると言う前例を創ってしまった彼らは、後のソウルブームの元祖とも言える存在です。カバー曲もありますが、オリジナルで素晴らしい名曲を生み出しています。何と言ってもリズム&ブルースの黄金のコード進行で作曲すれば大体がいい曲にはなりますが、彼らのメロディーセンスはお見事としか言いようがありません。

Slow Down

Good Lovin'

I Ain't Gonna Eat out My Heart Anymore

In the Midnight Hour

[20071231]

False StartFalse Start
(1992/07/30)
Love

商品詳細を見る


ラブのラストアルバムになります。アーサーリーがソロ活動を始めてしまったので、バンドは事実上解散となってしまいました。この後再結成したりしていますが、一旦このアルバムで幕を閉じます。

1. Everlasting First
2. Flying
3. Gimi a Little Break
4. Stand Out
5. Keep on Shining
6. Anytime
7. Slick Dick
8. Love Is Coming
9. Feel Daddy Feel Good
10. Ride That Vibration

Everlasting Firstで友人でもあるジミヘンドリックスがギターで参加しているのが一番の目玉でしょう。サウンド的にもジミヘンのようなハードな曲とソウルフルな曲が入っています。これまで黒人らしい音楽はやっていませんでしたが、ここにきて急に方向転換しています。確かに当時はソウルやリズム&ブルースも流行っていました。

しかし、それはサイケデリックの終焉を告げるものでありました。この移り身の早い器用さこそがアーサーリーの器用貧乏なところではなかったでしょうか。音楽的には申し分無かったのですが、ファンはついてこれず、いつしかラブと言うバンドは忘れ去られてしまったのです。その後何度かカムバックしていたアーサーリーでしたが、2006年白血病にて他界してしまいました。今では当時の音楽性が高く再評価されています。

Everlasting First

[20071231]

Out HereOut Here
(1992/04/21)
Love

商品詳細を見る


アーサーリーのソロプロジェクトとしての性格が強くなったラブの音楽性は、フォークロック的なポップな曲も残しつつ、新しいハードブルースによる曲が増えていきました。

1. I'll Pray for You
2. Abalony
3. Signed D.C.
4. Listen to My Song
5. I'm Down
6. Stand Out
7. Discharged
8. Doggone
9. I Still Wonder
10. Love Is More Than Words (Or Better Late Than Never)
11. Nice to Be
12. Car Lights on in the Daytime Blues
13. Run to the Top
14. Willow Willow
15. Instra-Mental
16. You Are Something
17. Gather Round

友人でもあるジミヘンが売れ出した事でロック界は一変していました。サイケからハードブルース、それがハードロックやプログレへとつながっていきました。流石のアーサーリーもその時代の流れを読み取っていたようです。天才でありながら努力する事を怠っていた為にバンドは期待よりも名を残せませんでした。

もっと上を目指せば目指せたのに、他のオリジナルメンバーからは見放されて。それでもこれだけの作品を作れた事は凄い事です。激動の時代だったからこそ生き抜く努力は必要だったのですが、恐らくドラッグによる倦怠感がそれを拒ませたのではないでしょうか。この時代、ドラッグにのめり込んで命を短くするか、ドラッグを乗り越えてその先の世界観を創り出せるかで、大きな隔たりが出来ていました。しかし彼らが残した音楽は興味深いものがあります。

Signed D.C.

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ