FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20080610]

Expresso IIExpresso II
(1990/07/23)
Gong

商品詳細を見る


ピエールモーランズゴングとしてバンドサウンドが固まりだした作品です。エクスプレッソ?となっているのは前作を1と捉えているからです。アランホールズワースはゲスト扱いなのですが、前作よりもバンドサウンドに馴染んだプレイを披露しています。他にヴァイオリンでダリルウェイ、ギターでミックテイラーが参加しています。

1. Heavy Tune
2. Golden Dilemma
3. Sleepy
4. Soli
5. Boring
6. Three Blind Mice

単純なジャズロックではなく、現代音楽の要素が含まれ、複雑なミニマルパターンに廼偉ジーナギターが浮遊するという、エイドリアンブリュー加入後のキングクリムゾンが得意としているサウンドを速くもこの時点で彼らはやっています。元祖は彼らだったのです。ギター無しではソフトマシーンがやっていた事ですが。

ホールズワースのフェイズアウトしたギターサウンドが伸びやかにさすティーンを効かせたフレーズを紡いでいます。これもエイドリアンブリューの得意技ですが、元祖はホールズワースだったのです。この銅鑼ジャケットシリーズが後の新生クリムゾンの手本となっていたのです。これにトーキングヘッズが加われば完璧です。しかしホールズワースは3曲にしか加わっていません、代わりにダリルウェイが伸びやかなヴァイオリンプレイを披露しています。打ち込みなしでこれだけのミニマリズムを生み出すテクニックは神業ですらあります。新生クリムゾンファンにとっては隠れた名盤になります。この音楽はある意味事件であります。新しいプログレの進むべき道を照らしているのですから。

Trip a la Mode

スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ