FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20080622]

モロカン・ロール(紙ジャケット仕様)モロカン・ロール(紙ジャケット仕様)
(2006/06/28)
ブランドX

商品詳細を見る


パーカッションにモーリスパートが加わり、5人組となったブランドX。リズムセクションを強化してきました。モロッコをイメージしたヒプノシスのジャケットに冒頭のSun in the Nightは中東風のスケールを使った曲で、まるでウェザーリポートのようです。その為か幾分かポップなイメージがあり、このアルバムによりブランドXというバンドの知名度が上がりました。

1. Sun in the Night
2. Why Should I Lend You Mine (When You've Broken Yours off Already)
3. ...Maybe I'll Lend You Mine After All
4. Hate Zone
5. Collapsar
6. Disco Suicide
7. Orbits
8. Malaga Virgen
9. Macrocosm

ファーストでは鳴りを潜めていたパーシージョーンズのフレットレスベースが唸っています。フェイザーやファズを使ったブーチーコリンズとは又違ったセッティングのエフェクトとジャコパストリアスのフレージングをミックスしているようでいて、全くオリジナリティーに溢れたプレイをするパーシージョーンズのベースは天下無双の存在です。

ファンキーなアレンジもあり、前作のようなアグレッシヴなだけの内容ではなく、ユーモアもあるゆとりある演奏が聴けます。Disco Suicideのような当時のディスコブームを小馬鹿にしたような曲もあります。全体的にポップなので、入門編としては一番入りやすい作品です。

Disco Suicide

スポンサーサイト




[20080622]

Unorthodox BehaviourUnorthodox Behaviour
(1989/05/01)
Brand X

商品詳細を見る


ギタリストのジョングッドソールと私が一番好きなベースプレイヤーのパーシージョーンズが結成したイギリスを代表するスーパーテクニック集団によるフュージュンバンド、ブランドXです。彼らもカンタベリー系ではありませんが、どこかでつながってはいます。パーシージョーンズはイーノのソロ作品などで、独特のフレットレスベースサウンドを確立した職人的なベーシストで、ジャパンのミックカーンが後期に確立したフレットレスベースも彼の影響を受けてのものです。

1. Nuclear Burn
2. Euthanasia Waltz
3. Born Ugly
4. Smacks of Euphoric Hysteria
5. Unorthodox Behaviour
6. Running of Three
7. Touch Wood

フュージュンバンドとしては後発故にフュージュンスタイルの極められた世界というか、他のどのバンドとも違う独特の音楽性を持っています。ドラマーは何名かいますが、基本はジェネシスのフィルコリンズがジェネシスとの合間に参加しています。ジェネシスではボーカリストに専念していた時期で、ドラマーとしてのはけ口をこのバンドで解消していたと思えるくらい、ジェネシスでは聴けない超絶プレイが楽しめます。

メンバー全員がテクニシャンばかりであるが故に、曲も容赦無いくらいに超絶プレイありきで創られています。既に多くのフュージュンバンドが解散していた時期でもあり、ジェフベックによりフュージュンに目覚めた私にとっては物足りなさを感じていた時期に出てきたスーパーグループであり、大満足の大好きなバンドなのであります。ジャケットをヒプノシスが手がけており、そういったところもロックファンの心をくすぐるところがありました。

まるでヒッチコックの裏窓のようなジャケットはブラインドから男が覗いていますが、それでバンド名がブランドなのかブラインドなのか分からなくなるような紛らわしさはありました。当時はフィルコリンズの覆面バンドのようなイメージがありましたが、よく考えたら名前を公表しているのに覆面バンドであるはずがありません。ともかくロックファンも大満足出来る究極のスーパーバンドというのが私の印象です。おいしいところてんこ盛りです。

Born Ugly

Running of Three

Born Ugly LIVE IN TOKYO PT. 1

Born Ugly LIVE IN TOKYO PT. 2


[20080622]

Deep EndDeep End
(2001/10/09)
Isotope

商品詳細を見る


アイソトープ最後のアルバムになります。ヒューホッパーはこのアルバムの制作途中で脱退しており、Fonebone1曲のみの参加になります。ブラインドX等を手掛けたロビン・ラムリーがプロデュースを担当しており、ツィンキーボード体制となっているので、シンセがの役割がかなり増えています。そしていつもですが、ドラムのナイジェルモリスが良い仕事をしています。

1. Attila
2. Deep End
3. Mr. M's Picture
4. Crunch Cake
5. Fonebone
6. Black Sand
7. Another Side
8. Pip Dream
9. Sliding Dogs/Lion Sandwhich
10. Deep End
11. Crunch Cake
12. Mr. M's Picture
13. Black Sand

ファーストはまだ荒削りな良さがあり、セカンドはより精密なくらいに攻撃的になり、そして最後のこのアルバムで一つの極みに到達しています。ファンキーなアレンジもあったり、キーボードが大きく曲に関わっているので、インプロヴィゼーションよりも計算された曲創りになっています。それでもアグレッシヴさは失われておらず、ファンを裏切りません。

独自の音楽性も持っており、他の一流のフュージュンバンドにもひけをとらない素晴らしいバンドでありました。しかしロックミュージシャン以上に自由人なジャズメンの集まりはなかなか永くは続かず、残念ながらこのアルバムでバンドは解散となりました。しかし、彼らが残した3枚のアルバムはどれも素晴らしいものばかりで、ブリティッシュフュージュンを語る上では欠かせない存在であります。

Live with Toni Cannelli


[20080622]

IllusionIllusion
(1997/01/07)
Isotope

商品詳細を見る


元ソフトマシーンのベーシスト、ヒューホッパーが参加したセカンドアルバムです。ヒューホッパーのファズベースサウンドにより、よりアグレッシヴな演奏を繰り広げています。ホッパーが加わった事により、アイソトープの名も知られていくようになっていきます。

1. Illusion
2. Rangoon Creeper
3. Spanish Sun
4. E-Dorian
5. Frog
6. Sliding Dogs, Lion Sandwich
7. Golden Section
8. Marin County Girl
9. Lily Kong
10. Temper Tantrum

ヒューホッパーの参加によるものなのか分かりませんが、ファーストでは明快なテーマを持っていたものが、抽象的な表現になっております。つまり、より精神的な音楽性を追求しているようです。Spanish Sunではスパニッシュギターも披露しており、リターントゥフォーエヴァーのアルディメオラやコロシアム?のゲイリームーアのようなゾクゾクするようなプレイが楽しめます。

凶暴なホッパーのファズベースが全体を煽り、前作には無かった緊張感が充満しています。ゲイリーボイルもかなりの速弾きを展開しており、その為か歌心が失われています。それでもフュージュン作品としてはかなりの良質な作品に仕上がっています。繊細なのに荒れ狂うようなゲイリーボイルのギターワークをお楽しみください。

Isotope with guest Derek O'Connor


HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ