FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20081130]

ホワイト,ホット&ブルーホワイト,ホット&ブルー
(1993/10/21)
ジョニー・ウィンター

商品詳細を見る
White, Hot and BlueWhite, Hot and Blue
()
Johnny Winter

商品詳細を見る


ブルースが中心になったアルバムですが、以前のようにハードな曲もあります。エドガーウィンターがサポートしていますが、リックデリンジャーは関わっていません。新しくパットラッシュというギタリストを試しています。前作のマディーウォータースとのセッションで吹っ切れたのか、ブルースのスタイルも幅が出ています。

1. Walking by Myself
2. Slidin' In
3. Divin' Duck
4. One Step at a Time
5. Nickel Blues
6. E-Z Rider
7. Last Night
8. Messin' with the Kid
9. Honest I Do

前作は古いタイプのブルースに徹していましたが、ここではいつものディストーションを効かせたブルースで弾きまくっています。時代的にはニューウェイヴの時代になっていますので、ジョニーウィンターの作品が出ても注目度は低かったと思います。長尺のギターソロは嫌われていた時代にこのブルース作品です。昔からのファンでなければ聴かなかったのではないでしょうか。

ジョニーウィンターにとってはやりにくい時代だったと思います。それでも我が道を行くジョニー、自身のレーベルを持った事は幸いだったかもしれません。音楽的に後退している訳ではありませんので、頑固に自分の音楽に徹してくれた方がファンはついていき易いです。この時代においても前のめりなブルースロックは男気を感じます。

Divin' Duck

Last Night

Messin' With the Kid

スポンサーサイト




[20081130]

Nothin' But the BluesNothin' But the Blues
(2008/03/01)
Johnny Winter

商品詳細を見る


エドガーウィンターとのジョイントライブアルバムを経て出されたブルースへの原点回帰がなされたアルバムです。デビュー当時こそブルース一色でしたが、いつしかロックンロールもやる事が当たり前になっていました。そこへこのアルバムタイトルであります。訳すならブルースっきゃねーだろう。というしびれるフレーズです。ジョニーウィンターをブルースギタリストとして崇めていた私のようなファンにとっては歓喜乱舞するタイトルなのです。

1. Tired of Tryin'
2. TV Mama
3. Sweet Love and Evil Women
4. Everybody's Blues
5. Drinkin' Blues
6. Mad Blues
7. It Was Rainin'
8. Bladie Mae
9. Walkin' Thru the Park

内容はブルース一色で当時のマディーウォータースのバックバンドをバックに嬉しそうにはしゃいでいるジョニーウィンターが裏ジャケットに映っています。ただ曲のタイトルにわざわざブルースという言葉を入れなければならないくらいにジョニーウィンターはブルースから遠ざかっていたのです。それが好きなブルースばかりのアルバムを久々に出したのです。その心意気はジャケットのドブロギターにも現れています。

マディーウォーターズもWalkin' Thru the Parkで歌とギターで参加しています。このアルバムが出された頃はハードロックも下火になりパンクロックが出てきていた頃です。ジョニーにとってはもうハードロックじゃなくてもいいだろうというタイミングだったのかもしれません。ただデビューアルバムのような激しいブルースではなく、渋いブルースに徹しています。これが新生ジョニーウィンターの幕開けとも言えるかもしれませんが、ブルースっきゃねーだろうという言葉はジョニーウィンターにしか言えないフレーズでもあります。

TV Mama

Walkin' Thru the Park


[20081130]

Captured Live!Captured Live!
(2008/02/01)
Johnny Winter

商品詳細を見る


ブルースカイレーベルとなって絶好調なジョニーウィンターのステージを楽しめるライブアルバムです。まず何といってもジャケットが一番かっこいい。この頃からホワイトのファイヤーバードをトレードマークにするようになりますが、これほどギターを持った立ち姿が決まっているギタリストは他にはいないのではないでしょうか。

1. Bony Moronie
2. Roll with Me
3. Rock & Roll People
4. It's All over Now
5. Highway 61 Revisited
6. Sweet Papa John

裏ジャケットからも分かるようにスタジアム級のステージでの録音になっています。そしてアナウンスでジョニーウィンターが紹介されるやいなや、いきなりギターを弾きまくるBony Moronieでのけぞってしまいます。ライブという事で相変わらずテンポが速いパッセージで演奏されていきます。ベースのランディージョーホブス、ドラムのリチャードヒュースという定番のトリオ編成にフロイドラドフォードというセカンドギタリストを従えての演奏です。

そしてハイライトは長尺のHighway 61 RevisitedとSweet Papa Johnでのスライドギターによる壮絶なギターソロです。フロイドラドフォードも巧いギタリストです。335を弾いています。It's All over Nowではツェッペリンのモビーディックのフレーズが出て来るなどお茶目な一面も覗かせます。ジョニーウィンターを体験するにはまずこのライブアルバムからでしょう。臨場感もばっちりです。ジャケットも含めてジョニーウィンターのアルバムの中でも一番好きなアルバムです。

Bony Moronie

Roll with Me

It's All over Now

Highway 61 Revisited


[20081130]

俺は天才ギタリスト!俺は天才ギタリスト!
(1994/09/07)
ジョニー・ウィンター

商品詳細を見る


レコード会社とのいざこざから自身のレーベルを発足、ブルースカイレーベルからの第一弾アルバムになります。いつものごとくエドガーウィンターやリックデリンジャーがサポートしています。今回はオリジナル曲も満載でそれでも尚ロックンロールしています。

1. Rock & Roll People
2. Golden Olden Days of Rock & Roll
3. Self-Destructive Blues
4. Raised on Rock
5. Stranger
6. Mind Over Matter
7. Roll with Me
8. Love Song to Me
9. Rick Up on My Mojo
10. Lay Down Your Sorrows
11 Sweet Papa John

当時アメリカで活動していたジョンレノンと知り合い、ジョンはジョニーの為にRock & Roll Peopleという曲を提供しています。現在はジョンレノンバージョンも聴けますが、当時はこのジョニーウィンターバージョンしか聴けなかった代物です。その他にもこの後彼の代表的なレパートリーとなるRoll with MeやSweet Papa Johnなどが入っている事から、かなり重要なアルバムになっています。

ハードロックというよりも、もっと軽快なロックンロール曲が多くなっている感じです。ブルース曲もあり、かなりソリッドなアレンジの、これぞジョニーウィンターと言いたくなるような作品です。アルバムタイトルも本名のフルネームになっているあたり、かなりの自信作として出されていた事が伺えます。自身のレーベルを創った事で、この後はかなり自由な感じで音楽制作が続けられるようになっていきます。

Raised on Rock

Stranger

Sweet Papa John


HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ