FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20081230]

Still WatersStill Waters
(2006/06/06)
Bee Gees

商品詳細を見る


ビージーズのグループ名はバリーギブの頭文字B.G.からつけられています。そのビージーズがかなり肩の力を抜いて創られたのがこの作品です。アレンジも大分ナチュラルに戻り、メロディーを活かしたビージーズらしい年の取り方をした音楽が聴けます。もっと早くこの境地に達して欲しかったともいますが、やっと聴き易くなりました。

1. Alone
2. I Surrender
3. I Could Not Love You More
4. Still Waters Run Deep
5. My Lover's Prayer
6. With My Eyes Closed
7. Irresistible Force
8. Closer Than Close
9. I Will
10. Obsessions
11. Miracles Happen
12. Smoke And Mirrors

I Surrenderはまるでマイケルジャクソンが歌いそうな曲です。旋律の創り方はやはりブルーアイドソウルというか、スクリッティオリッティのようなスタイルになっています。元々はこのスタイルはビージーズが先にやっていたので、おかしくはないのですが、それをより洗練させたスクポリからフィードバックさせている所はさすがです。

曲もこれまでの中で打ち込み始めてからは一番いい無いようになっていると思います。年を取って声が出なくなっているのをスクポリふうにする事でいい感じでごまかしているのかもしれませんが、とても心地いいのでいい結果に結びついていると思います。打込みで創っている曲もまだありますが、肩の力が抜けている分古くさく感じません。この感じならまだまだいけます。

Alone

I Surrende

I Could Not Love You More


⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20081230]

Size Isn't EverythingSize Isn't Everything
(2006/06/06)
Bee Gees

商品詳細を見る


流行のサウンドを追いかけてもしょうがないと原点に立ち返って、自分たちの音楽のあり方を問いただしているような作品です。打ち込みは相変わらずですが、自分たちの音楽の骨格は何だったのかと再度掘り下げ言える感じです。それでも売り上げは尚のびませんでしたが。

1. Paying the Price of Love
2. Kiss of Life
3. How to Fall in Love, Pt. 1
4. Omega Man
5. Haunted House
6. Heart Like Mine
7. Anything for You
8. Blue Island
9. Above and Beyond
10. For Whom the Bell Tolls
11. Fallen Angel

ファルセットも多用したり、歌を中心にして創られているので、この時代の中では一番ビージーズらしいかもしれません。リズムはマンネリ化しています。90年代でもこのパターンが売れると思っているのは周りが見えていなかったのでしょう。80年代はあまり活動していなかった後遺症でしょうか。このパターンはかえって曲の良さを損なっていると思うのですが。

90年代のサウンドはあまり歌を必要としていなかった事もあり、ビージーズにとっては取り入れがたかったのかもしれません。ソウルミュージッックをルーツに持つプリンスですら苦戦していましたから致し方ありません。逆に開き直ってドラムレスにすれば初期の頃のファンは歓喜する事でしょう。それが出来ないのはディスコの後遺症です。あの成功は忘れなければ先には進めないでしょう。Blue Islandでは久々にフォーキーな感じが出ていますが。ただ曲はさすがに良く、スクリッティポリッティファンは結構好きなサウンドだと思います。

Paying the Price of Love

Kiss of Life

How to Fall in Love, Pt. 1


⇒ 続きを読む

[20081230]

High CivilizationHigh Civilization
(1998/11/17)
Bee Gees

商品詳細を見る
High CivilizationHigh Civilization
(2001/04/10)
Bee Gees

商品詳細を見る


90年代に入りますが、サウンドは相変わらずで、打ち込みによるアレンジが目立っています。その為かアメリカでは再び売れなくなってしまいます。一般的にはビージーズが新作を出していた事すら気づいていない人が多かったのではないでしょうか。

1. High Civilization
2. Secret Love
3. When He's Gone
4. Happy Ever After
5. Party with No Name
6. Ghost Train
7. Dimensions
8. Only Love
9. Human Sacrifice
10. True Confessions
11. Evolution

曲創りは相変わらずしっかりしていますが、あまり代わり映えしない感じです。90年代はテクノが復権して新しいスタイルが次々に現れてきました。その時代にこの80年代を引きずったようなサウンドは感心いたしません。ソウルミュージックからの延長にあるこの時期までのビージーズにとってはこれ以上の変革は難しい所でしょう。

このてのサウンドが好きな人にとっては良く出来ている作品かと思いますが、昔の名作を未だに期待しているファンにはつらいかもしれません。それは望んではいけないのかもしれません。それでもこの時代にオーケストラヒットはあまりにもダサイアレンジです。もう時代が読めなくなっているのでしょう。現在での未だにヒップホップしているのは相当ダサい時代錯誤だと私は思っていますが、誰もそれに気づいていないというのが今年の経済危機以上に危うい事だと私は思います。心と感性が病んでいるのですから。

High Civilization

Secret Love

When He's Gone


⇒ 続きを読む

[20081230]

OneOne
(1998/11/10)
Bee Gees

商品詳細を見る


前作での失敗を反省してか、このアルバムでは再び歌を聴かせる曲創りに戻っています。ただ80年代の流行もののサウンドはいいかされています。これまでのディスコ調ではなくラテン系のリズムを活かした曲が多く、シカゴサウンドにビージーズのハーモニーが乗っかっているような感じです。

1. Ordinary Lives
2. One
3. Bodyguard
4. It's My Neighborhood
5. Tears
6. Tokyo Nights
7. Flesh And Blood
8. Wish You Were Here
9. House Of Shame
10. Will You Ever Let Me
11. Wing And A Prayer

何とかOneとBodyguardがシングルヒットしましたが、アルバムとしては地味な展開でした。80年代サウンドが一番似合いそうなグループでしたが、予定調和的にそのまんまなサウンドで出て来ると引いてしまいます。俺たちはちょっと違うぞという所があればもっと売れていたのではと思います。しかし絶頂期を過ぎた彼らにとってはこれが精一杯だったのかもしれません。

あまりにも普通に普通の音楽をやっているといった感じで、普通に聴き流すだけならうってつけの作品かもしれません。それだけ心に残る歌が無くなってきています。デジタルサウンドの恐ろしい所はそこです。綺麗過ぎて心に引っかからないのです。まるで別の世界の音のように聴こえます。現実味が無いというのか、80年代の音楽はどうしてもそうした人間味の無い無味無臭な感じがするのですが、このアルバムはその最もたるものだと思います。

Ordinary Lives

One

Bodyguard


⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ