FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20090105]

Elton JohnElton John
(1996/02/20)
Elton John

商品詳細を見る


エルトンジョンの世界デビュー作です。このアルバムのヒットにより一気に世界の寵児に上り上がっていきます。このアルバムからガスダッジョンがプロデュースするようになり、エルトンジョンとバーニートーピンコンビとガスダッジョンの三つどもえによるヒット名カーが始動した事になります。

1. Your Song
2. I Need You to Turn To
3. Take Me to the Pilot
4. No Shoe Strings on Louise
5. First Episode at Hienton
6. Sixty Years On
7. Border Song
8. Greatest Discovery
9. Cage
10. King Must Die
11. Bad Side of the Moon
12. Grey Seal
13. Rock N Roll Madonna

Your Songが大ヒットして人気を決定的なものにします。曲がいいのは分かりますが、この曲は歌詞の響きがいいのです。バーニートーピンの歌詞のセンスがどれほど素晴らしいかというのが分かります。彼無くしてこの成功は無いのです。この曲のヒットでエルトンジョンはポールマッカートニーに次ぐメロディーメーカーだと呼ばれるようになります。当時ビートルズは解散してポールが出したソロアルバムは覇気のないものでした。エルトンジョンの登場はそうした失望した人たちを救う救世主のような存在となったのです。

ゴスペル調でありながらニューオリンズスタイルなハネ方をするTake Me to the Pilotでエルトンジョンの非凡な才能が確認出来ます。バラードだけではないのです。ただエルトンジョンのバラード力というのは自覚があったみたいで、このアルバムではバラードが中心になっています。クローズドヴォイシングのストリングスアレンジなど、曲を派手にする事無くポップな味付けにしているのが受けた要因の一つとも思えます。この作品から怒濤の快進撃を成していきます。

Your Song

I Need You to Turn To

Take Me to the Pilot


⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ