FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20090118]

Mark-AlmondMark-Almond
(2007/10/02)
Mark-Almond

商品詳細を見る


ソフトロックというよりはソフトフュージュン、つまりA.O.R.の元祖のようなバンドがこのマーク アーモンドです。元々はジョンメイオールに師事してブルースをやっていたのですが、ジョンメイオールがジャズの要素も取り入れながらドラムレスで作品を創るやり方を試した時にジョンマークとジョニーアーモンドが意気投合して作ったグループです。

1. Ghetto
2. City:Grass And Concrete/Taxi To Brooklyn/Speak Easy It's A Whiskey Scene
3. Tramp And The Young Girl
4. Love:Renaissance/Prelude/Pickup/Hotel Backstage
5. Song For You

当時イギリスで流行っていたジャズロックのカテゴリーに入るのですが、ドラムレスでクラシカルなジェントリーでソフトな旋律から私としてはソフトロックというイメージを持っています。どちらかというとプログレにくくると分かり易いのですが、ボサノヴァ調のリズムが後のA.O.Rの元になっているのでソフトロックで良いと思っています。

長尺の曲が多く、プログレ以外の何者でもないのですが、プログレにしては静かすぎるのです。Cityが彼らの代表曲になっていますが、ドラムンベースのゴールディーにもCityという曲がありました。同じ曲ではないのですが、曲のスケール感に共通するものがありますので、ドラムンベースの元祖というのはどうでしょうか。ドラムレスですが、同じセンスを感じます。

City

Tramp And The Young Girl

スポンサーサイト




[20090118]

Hard LaborHard Labor
(1990/01/11)
Three Dog Night

商品詳細を見る


Preludeで始まり、途中で二度Interludeを入れてトータルアルバムに仕立てています。バンドとしてはきつい時期でしたが、何とか頑張って全盛期に匹敵するような作品を創り上げていると思います。それにしてもジャケットが凄いです。これってどうなんでしょうか。

1. Prelude
2. Sure As I'm Sittin' Here
3. Anytime Babe
4. Interlude I
5. Put out the Light
6. Sitting in Limbo
7. I'd Be So Happy
8. Interlude II
9. Play Something Sweet (Brickyard Blues)
10. On the Way Back Home
11. Show Must Go On

レオセイヤー作曲によるShow Must Go Onがシングルヒットして、なんとかヒットチャート食い込む事が出来ていますが、これが最後のビッグヒットとなってしまいました。その他にSure As I'm Sittin' HereとPlay Something Sweetもシングルカットされました。Show Must Go Onはヴォードヴィルのような曲で、ライブでのパフォーマンスが売りだった彼らにとってはまだまだショーは終わらないよというメッセージになっています。

楽曲も良いですし、演奏も良くなっているのですが、デビュー当時の斬新なセンスは無く、何とかヒット曲を創り上げている感じになっています。ヒットするだけならまだ良いですが、この後はヒットからも見放されていきます。最後のなんとか一定の水準を満たしたアルバムになります。この後2舞のアルバムを出しますがぱっとせず解散、80年代に再結成しますが、それも続かず。スリードッグナイトの紹介はここまでといたします。

Sure As I'm Sittin' Here

Put out the Light

I'd Be So Happy


⇒ 続きを読む

[20090118]

CyanCyan
(1991/07/01)
Three Dog Night

商品詳細を見る


A.O.R系の洗練された方向に向かってしまった作品です。作曲陣を一新しているというのもありますが、方向性が定まっていない感じがファンには物足りない作品になってしまっています。

1. Happy Song
2. Play Children Play
3. Storybook Feeling
4. Ridin' Thumb
5. Shambala
6. Singer Man
7. Let Me Serenade You
8. Lay Me Down Easy
9. Into My Life

フォーl区ソングのようなポップ曲のShambalaがシングルヒットして、ゴスペル調のLet Me Serenade Youもシングルヒットしました。どちらも良い曲です。演奏の表現力も上達していますが、その分白熱する感じが薄れ、初期の荒々しさが好きなファンには物足りない作品かもしれません。

曲自体はどれも素晴らしいので、良質なブルーアイドソウルとして楽しむ事は出来ます。ただ、バンドとしては衰退へと向かっていく訳で、オリジナルを創れない彼らの撮って、時代に即したソングライターとの出会いが無ければ質の高い作品は作り上げられません。その弱点がこの後も益々深刻化していきます。

Shambala

Let Me Serenade You

Into My Life


[20090118]

Seven Separate FoolsSeven Separate Fools
(1995/01/01)
Three Dog Night

商品詳細を見る


当時の流行だった為か、サザンロックへの傾倒が強い作品です。ブルーアイドソウルとしてもその分幅が広がっている感じです。歌もデビュー当時に比べると格段に巧くなっています。味わいが出てきたといっていいでしょう。

1. Black and White
2. My Old Kentucky Home (Turpentine and Dandelion Wine)
3. Prelude to Morning
4. Pieces of April
5. Going in Circles
6. Chained
7. Tulsa Turnaround
8. In Bed
9. Freedom for the Stallion
10. Writing's on the Wall
11. Midnight Runaway

フォークソングのようなポップなBlack and Whiteがシングルヒットしています。バラード調のPieces of Aprilもシングルカットされました。これらのシングル曲を聴くとかなりポップになっている印象ですが、アルバム全体では渋いくらいのサザンロックになっています。ランディーニューマンのMy Old Kentucky Home、アラントゥーサンのFreedom for the Stallion、など南部の臭いがぷんぷんです。

スリードッグナイトとしてのスタイルは変わっていませんが、初期のラフな感じから、ある程度成熟してきている為に退屈に感じる部分もありますが、安心して聴けます。ただ彼らの場合曲の選択いかんによっては作品の出来に影響しますから、必ずしも安泰とはいえない部分があります。

Black and White

Pieces of April


HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ