FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20090301]

Longshot for Your LoveLongshot for Your Love
(1998/04/06)
The Pale Fountains

商品詳細を見る
Longshot for Your LoveLongshot for Your Love
(1998/04/06)
The Pale Fountains

商品詳細を見る


ペイルファウンテンズは実質2枚のアルバムを出して解散しています。このアルバムはドイツのマリーナレーベルが彼らの初期の未発表曲や別テイクの曲などを編集した作品です。しかし、ここでやっとネオアコらしいジャケット写真になっています。曲も初期のものなのでアコースティックでバートバカラック的なアイデアのアレンジが聴けます。

1. Just A Girl
2. (There's Always) Something On My Mind
3. Laviana's Dream
4. Longshot For Your Love
5. Thank You
6. The Norfolk Broads
7. Benoit's Christmas
8. Hey There Fred
9. Palm Of My Hand
10. Free
11. We Have All The Time In The World
12. Just A Girl
13. Love Situation

セカンドアルバムのハードになりかけていた作品のままこのバンドが終わっていたら残念でしたが、このアルバムが出た事で救われたような気がしました。そもそもペイルファウンテンズの情報は少なかったので、何枚アルバムを出しているのかさえ知りませんでした。このアルバムも新作だと思って買ってました。

いつも輸入盤などで彼らの作品を見つけていたのですが、この他の作品は見つかりませんでした。ネットで情報が検索出来るようになって、やっと彼らの全貌が見えてきました。たった2枚のアルバムだけで終わっていたのです。実に残念な事です。これだけ才能があるバンドが残した作品があまりにも少ないのです。ファーストがあれば満足ではありますが、それに近いこのアルバムも大事にしたいものです。

Just A Girl

Something On My Mind

Thank You


⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20090301]

フロム・アクロス・ザ・キッチン・テーブル(紙ジャケット仕様)フロム・アクロス・ザ・キッチン・テーブル(紙ジャケット仕様)
(2006/12/20)
ペイル・ファウンテンズ

商品詳細を見る
From Across the Kitchen TableFrom Across the Kitchen Table
(2007/03/27)
Pale Fountains

商品詳細を見る


ペイルファウンテンズはファーストがあまりにも出来が良過ぎたために、その後に続く新作はそれを超えられない作品として聴かなければならない性を負ってしまいました。それでもファースト1枚だけでは物足りないファンとしては新作も欲しくなるものです。

1. Shelter
2. Stole the Love
3. Jean's Not Happening
4. Bicycle Thieves
5. Limit
6. 27 Ways to Get Back Home
7. Bruised Arcade
8. These Are the Things
9. It's Only Hard
10. ...From Across the Kitchen Table
11. Hey
12. September Sting

全体的にバンドサウンドに徹しており、ファーストよりこのセカンドの方がパンクっぽかったりしています。ジャケットが逆だろうと突っ込みを入れたくなりますが、ファーストでのおしゃれなサウンドを期待していると物足りないかもしれません。しかし、これもペイルファウンテンズなのです。ファーストが出来過ぎているだけで消して悪い作品ではありません。

これがジャケットが逆だったらと想像してみると、聴き手側はある程度音を予測出来ますので、売り上げ的にもかなり違った結果が出ていたのではないかとも思われます。ハードポップと呼ぶにはかなりマニアックな部分もあり、売り上げにつながらない分かりにくさにもなっています。しかし、だからこそこのバンドは他には無いオリジナリティーがあり、今でも高く支持されているバンドになっています。

Jean's Not Happening

Bicycle Thieves

These Are the Things


⇒ 続きを読む

[20090301]

パシフィック・ストリート(紙ジャケット仕様)パシフィック・ストリート(紙ジャケット仕様)
(2006/12/20)
ペイル・ファウンテンズ

商品詳細を見る


ウィークエンドやスタイルカウンシル以降出てきたネオアコバンドの代表格がこのペイルファウンテンです。私はこのアルバムを海賊版でジャケ買いしてしまいました。何の前情報も無く、ただジャケットが気に入って買ってしまったのです。ジャケットから受ける印象はパンクもしくはディキシーミッドナイトランナーズのファーストのようなイメージで直感で買ってしまったのですが、音を聴いてびっくりです。パンクっぽい若さもあるのですが、スタイルカウンシルのようなテンションコードを使った美しい曲ばかりなのです。これがネオアコだと理解するのは大分経ってからでした。

1. Reach
2. Something on My Mind
3. Unless
4. Southbound Excursion
5. Natural
6. Faithful Pillow, Pt. 1
7. You'll Start a War
8. Beyond Friday's Field
9. Abergele Next Time
10. Crazier
11. Faithful Pillow, Pt. 2
12.Palm Of My Hand
13.Love's A Beautiful Place
14.Meadow Of Love
15.Thank You

Reachはギター一本で歌いだしてアズテックカメラやヘアーカット100のような爽やかネオアコに変わりだす流れは鳥肌ものです。何といっても歌が巧いのがこのバンドの強みです。Something on My Mindではラテンなアレンジもセンス良く加えられていますが、Naturalではパンクっぽい荒っぽいロックンロールが出てきます。やはりパンクバンドがスタイルカウンシルを真似してソウルジャズファンクな曲をやっているのかと想像を巡らしていきます。海賊版だったので何の情報も無く、ただその音に魅了され続けていくのです。

後にいろいろ調べてみるとネオアコだという事に築いて全てが納得出来たのですが、まるでバートバカラックのようなホーンアレンジを入れたりと当時はかなり参考になるアレンジばかりでした。スタイルカウンシルのようなファンクのハネ方は無く、ロックバンド然としている所がネオアコらしい所でもあります。どの曲も素晴らしい出来で、このファーストアルバムを超える作品は出ていないと思います。彼らの最高傑作であり、私の個人的な趣味としても大好きなアルバムの一つです。ジャケットも含めて若き才能が詰まった大名盤です。

Reach

Something on My Mind

Unless


⇒ 続きを読む

[20090301]

ラ・ヴァリエテラ・ヴァリエテ
(2006/11/25)
ウィークエンド

商品詳細を見る


ヤングマーブルジャイアンツの歌姫アリソンスタットンが結成した3人グループでラフトレードから出てきたウィークエンドです。オリジナルアルバムとしてはこの1枚のみですが、ラフトレードを代表する1枚となっています。ネオアコの新しい方向性を示唆した作品になっています。

1. End of the Affair
2. Weekend Stroll
3. Summerdays
4. Carnival Headache
5. Drum Beat for Baby
6. Life in the Day of..., Pt. 1
7. Life in the Day of..., Pt. 2
8. Sleepy Theory
9. Woman's Eyes
10. Weekend Off
11. Red Planes
12. Nostalgia
13. Drumbeat
14. Red Planes
15. Nostalgia
16. Summerdays

ボサノヴァやカリプソ、ジャズのエッセンスを持ったグループなのですが、La Varieteというタイトルはフランスの海賊放送局の名前から付けられており、恐らく、フランスから流れて来るエスプリなおしゃれサウンドに影響を受けたものと思われます。この心地良いおしゃれサウンドにいち早く反応したのがポールウェラーで、このグループをきっかけとしてスタイルカウンシルを結成しています。スタイルカウンシルもデビュー当時はフランスをテーマにしていました。

その他にもこの後出て来るシャーディーなどが出てくる土壌を創ったとも言えます。当時の日本でもおしゃれな渋谷系と呼ばれるサウンドはフランス感覚を持っていました。ボサノヴァといっても従来のボサノヴァとは違う斬新性を持っていたのはフランスからの影響だったのです。この後出て来るアンテナなどのフランスの新しいポップスをいち早く取り入れたのです。

そういう意味でたったこれ1枚の作品だけでもウィークエンドはかなりの影響力を持っていたのです。これ以降のネオアコ系のサウンドはそれまでのものとは質が変わっていきます。あまり広く知られていない事ですが、歴史的なターニングポイントとなった名盤なのであります。ギターのサイモンブースはこの後ワーキングウィークというバンドで、さらなる音楽的追求をしていく事になります。

End of the Affair

Summerdays

Carnival Headache


⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ