FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20090307]

イージー・ピーシズイージー・ピーシズ
(2004/04/28)
ロイド・コール&コモーションズ

商品詳細を見る
Easy PiecesEasy Pieces
(1997/12/23)
Lloyd Cole & the Commotions

商品詳細を見る


ロイドコール&ザコモーションズの最高傑作アルバムです。プロデューサーにマッドネスなどでお馴染みの当時のヒットメーカーlive Langer and Alan Winstanleyを起用して、これまでの彼らには無かった音源による装飾がつけられ、よりポップな作品に仕上がっています。

1. Rich
2. Why I Love Country Music
3. Pretty Gone
4. Grace
5. Cut Me Down
6. Brand New Friend
7. Lost Weekend
8. James
9. Minor Character
10. Perfect Blue

アンダーグラウンドなイメージのファーストに比べるとかなり明るいイメージになっています。リズム&ブルースやソウルなどのポップ感覚を取り入れた軽快な曲が多くなっています。これにて当時人気の高かった他のネオアコバンドと歩調があった感じになっています。ロイドコールの色気のある歌はそのままにアレンジが明るくなっているので、イメージダウンにはなっていないと思います。

かなり売れる内容になっているので、当時は一時的でしたが注目されていました。ただすぐ解散してしまったので今では忘れ去られてしまっています。このアルバムの出来をすればプリファブやアズテックカメラにも引けを取っていないだけに惜しい存在となっています。ただロイドコールのルックスはは虫類系の癖のあるイメージなのがネオアコのイメージにあっていなかったかもしれません。もっとダークな感じを売りにしていれば長続きしていたかもしれません。

Why I Love Country Music

Cut Me Down

Brand New Friend


⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20090307]

RattlesnakesRattlesnakes
(1990/10/25)
Lloyd Cole and the Commotions

商品詳細を見る


ネオアコの中でも一番知名度は低いかもしれませんが、ロイドコールを中心としたコモーションズのデビュー作です。当時はネオアコファンには人気があったバンドで、このファーストアルバムでも新人離れした曲創りがなされています。メジャーレーベルからのデビューというのもネオアコバンドの中では珍しいものです。それだけ期待されていた事が分かります。

1. Perfect Skin
2. Speedboat
3. Rattlesnakes
4. Down on Mission Street
5. Forest Fire
6. Charlotte Street
7. 2cv
8. Four Flights Up
9. Patience
10. Are You Ready to Be Heartbroken?

他のネオアコとは手本としている音楽が違うようで、ロイドコールはルーリードやトムウェイツをルーツとしています。その為他のネオアコバンドのようなキラキラした爽快感よりもダークで湿った感じがします。ロックバンドとしてはそれは正解なスタンスなのでロックファンからも好かれそうなサウンドですが、知名度が低いのでそこまでのリスナーを引きつける事は出来なかったようです。

ロイドコールとしてソロでも活躍するのですが、マニアックな人のみが注目していたような印象があります。しかしどの曲も他のネオアコバンドに負けないくらいの作品ばかりです。当時のR.E.M.あたりのサウンドに近いのでしょうか。80年代のシーンをしっかり注目していた人には知られていると思いますが、その後はあまり名前を聞いていません。しかしネオアコを語る上で欠かせないバンドの一つであります。

Perfect Skin

Rattlesnakes

Down on Mission Street


⇒ 続きを読む

[20090307]

The Gunman and Other StoriesThe Gunman and Other Stories
(2001/06/25)
Prefab Sprout

商品詳細を見る


2001年発売の今のところ最新作となっているアルバムです。カウボーイの実らぬ恋などを題材とした作品で、トニーヴィスコンティがプロデュースしています。他のアーティストに提供した曲などをセルフカバーしていたりと、沢山曲を書くパディにしてはやっつけ仕事みたいな感じさえ受ける内容です。

1. Cowboy Dreams
2. Wild Card in the Pack
3. I'm a Troubled Man
4. Streets of Laredo/Not Long for This World
5. Love Will Find Someone for You
6. Cornfield Ablaze
7. When You Get to Know Me Better
8. Gunman
9. Blue Roses
10. Farmyard Cat

前作ではドラムのニールが抜けて3人となっていましたが、この作品では紅一点だったウェンディが抜けて弟のマーティンと二人っきりになってしまっています。その為ほとんどの楽器をパディが演奏しています。曲の良さはいつも通りなので問題ありませんが、さすがに売り上げは伸びなかったようです。Cowboy Dreamsではカントリーロックによりガンマンの悲哀を歌っています。

トニーヴィスコンティのプロデュースなのでさすがにストリングスアレンジは美しいです。このアルバム以降新作は出ていません。アルバムを何枚でも創れるだけの曲を創っているパディですので、コンスタントに作品を出していくのは容易だと思いますが、個人的に納得のいくものが出来ていないのかもしれません。ほとんど解散状態のままなのでこのまま自然消滅する事も考えられますが、今までも忘れた頃に作品を出してきましたので、どこかに期待を持ちながら常に気にかけている存在でもあります。ネオアコというジャンルにこだわる必要はありませんが、そこからこれほどの音楽的な成熟した作品を届けてくれたプリファブスプラウトは忘れ去られるには惜しいバンドでありました。

Cowboy Dreams

Cornfield Ablaze

The Gunman Interview


⇒ 続きを読む

[20090307]

Andromeda HeightsAndromeda Heights
(1998/06/30)
Prefab Sprout

商品詳細を見る


前作から7年も音沙汰がなく、突然届けられた新作でありました。もう既に解散していたのではないかともっていた忘れた頃に出されたアルバムです。そして届けられたそのサウンドは流行など無視するようなプリファブサウンドでありました。セルフプロデュースなので以前と違う感じもしますが、その世界観は何も変わっていない存在感があります。

1. Electric Guitars
2. Prisoner of the Past
3. Mystery of Love
4. Life's a Miracle
5. Anne Marie
6. Whoever You Are
7. Steal Your Thunder
8. Avenue of Stars
9. Swans
10. Fifth Horseman
11. Weightless
12. Andromeda Heights

7年の間にパディはアルバム2枚分の曲を作りためていたのですが、自分からレコード会社が出してくれそうも無いと断念して、新しくこのアルバムを制作したのです。自宅にスタジオを創って自分たちでプロデュースした作品はこれまで以上にロマンティックな歌で溢れています。バンド形態にこだわらなかったという事で、デヴァインコメディーのようなバカラックを連想させるアレンジになっています。

97年の作品ですからなんで今更こんな音楽なんだと思ってしまいますが、良い音楽には時代を超越して存在するエネルギーが満ちあふれているという事を感じてしまう内容になっています。パディのソングライターとしての才能がいよいよ熟成されてきた事が伺えます。未だに解散しているのかどうかも分からないバンドですが、これからも突然作品を出してくるのかもしれません。前作ほどではありませんが素晴らしい音楽作品になっています。

Electric Guitars

Prisoner of the Past

Mystery of Love


⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ