FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20090412]

Unknown PleasuresUnknown Pleasures
(2007/11/13)
Joy Division

商品詳細を見る


ポストパンクの中でもテクノ系に近いのがこのジョイディヴィジョンです。彼らもボウイのロウからの影響が強いバンドで、ロウというアルバムにはニューウェイヴやテクノのヒントが沢山ちりばめられていたのです。そしてPIL同様ドイツのノイというバンドからの影響が色濃く感じられます。

1. Disorder
2. Day Of The Lords
3. Candidate
4. Insight
5. New Dawn Fades
6. She's Lost Control
7. Shadowplay
8. Wilderness
9. Interzone
10. I Remember Nothing

マンチェスター出身のバンドで、イアンカーティスというカリスマ性を持ったボーカリストを中心としたバンドでした。イアンのダウナーな歌はドイツ風の彼らのサウンドにマッチしていました。テクノのような反復ミニマリズムとニューウェイヴなアグレッシヴさが共存しており、鬱なイアンのたたずまいが独特の空気感を創りだしています。

この当時はそれほど名前は売れておりませんでしたが、この後イアンカーティスが自殺したのと、残されたメンバーで結成されたニューオーダーがテクノ系でヒットした事により再注目されて今や伝説のバンドとなっています。ギター中心のテクノというのはボウイのロウで示されたものでした。シンセが無くてもテクノは成り立っていたのです。

Disorder

Day Of The Lords

Candidate


⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20090412]

Go Away WhiteGo Away White
(2008/03/04)
Bauhaus

商品詳細を見る


暗黒の影と共に出現し、白い陽炎のように去り行くという邦題通り、最初で最後の再結成という事で録音されたアルバムです。金の為に昔のバンドが再結成するというのが流行っていますが、彼らも例に漏れずです。セックスピストルズでさえ金の為にクソのような再結成するご時世ですからいたしかたありません。

1. Too Much 21st Century
2. Adrenalin
3. Undone
4. International Bulletproof Talent
5. Endless Summer of the Damned
6. Saved
7. Mirror Remains
8. Black Stone Heart
9. Dog's a Vapour
10. Zikir

ピーター以外のメンバーで結成していたLove and Rocketsにピーターが加わるという形になっていますが、一発録りのセッション形式で録音されており、本当はあまり一緒にはやりたくなかったのだろうと思われます。しかし、ライブもこなして1回限りでしたが、再結成して新作がリリースされました。音楽的にはポップでサイケな感じですが、このメンツが集まるとバウハウスになるのですから不思議です。

ゴスの先駆者とも呼ばれるバウハウスですが、当時はゴシックなんてジャンルはありませんでした。勝手に最近のゴスバンドが手本としているだけで本質とは違う認識だと思います。アグレッシヴな疾走感はイーノの影響であり、イーノがよりロックして格好良さを追求したらこうなるという姿を現したのがこのバンドの本質だったと思います。それはニューウェイヴの本質でもあり、それを再び2008年に再現して、まだまだこのスタイルは有用である事を証明してみせた作品になりました。シンセ無しでこれほど古さを感じさせないというのは凄い事だと思います。

Too Much 21st Century

Adrenalin

Undone


⇒ 続きを読む

[20090412]

Burning from the InsideBurning from the Inside
(1989/10/20)
Bauhaus

商品詳細を見る


バウハウスのラストアルバムとなった作品です。レコーディング時にピーターが入院してしまった為にメンバーの演奏とピーターの歌入れが別々に行われたりして完成しました。初期の頃に比べるとかなりポップになっていますが、耽美的な廃退感は常に持っています。

1. She's in Parties
2. Antonin Artaud
3. Wasp
4. King Volcano
5. Who Killed Mr. Moonlight
6. Slice of Life
7. Honeymoon Croon
8. Kingdom's Coming
9. Burning from the Inside
10. Hope

当時のニューウェイヴの特徴的な音としてフランジャーをかけたギターでのアグレッシヴなプレイはニューウェイヴの典型的ともいえるスタイルを確立しています。フランジャーはこの時期の印象が強かった為に徐々に使い古された音として敬遠されていくのですが、90年代のテクノブーム再燃にて再び脚光を浴びるエフェクターとなっていきます。バウハウスはこの時代を象徴するようなサウンドを確立した立役者でもありました。

ラストアルバムですが、音楽性はどんどん多彩になっていき、バンドの可能性を期待させるものになっていますが、メンバー同士の確執はさけられず解散となります。ピーターはソロ活動やジャパンのミックカーンと組んだダリズカーなどで素晴らしい音楽を提供し続けます。そして最近再結成されています。

She's in Parties

Antonin Artaud

King Volcano


⇒ 続きを読む

[20090412]

The Sky's Gone OutThe Sky's Gone Out
()
Bauhaus

商品詳細を見る
The Sky's Gone OutThe Sky's Gone Out
(1989/10/20)
Bauhaus

商品詳細を見る


バウハウスの最高傑作としてはこのサードアルバムを上げたいと思います。ここがピークだったと思います。初期の頃からのアグレッシヴさとピーターの演劇性のあるパフォーマンス、それらが一番まとまった作品になっています。しかし、この時点でピーターと他のメンバーとの確執はぶつかり始めて、やがて終局へと向かう事になっていきます。

1. Third Uncle
2. Silent Hedges
3. In The Night
4. Swing The Heartache
5. Spirit
6. The Three Shadows (Part 1)
7. The Three Shadows (Part 2)
8. The Three Shadows (Part 3)
9. All We Ever Wanted Was Everything
10. Exquisite Corpse
11. Ziggy Stardust
12. Lagartija Nick
13. Kick In The Eye

イーノのThird Uncleをカバーしています。この曲はカバーですが、よくこのバンドらしさというものを表しています。Silent Hedgesではギターのアルペジオがあったり、Spiritではまるで日本のヒカシューのような演劇性のある音楽をやっています。The Three Shadowsは組曲形式になっていて、これまでの音楽性とは明らかに違ってきています。イーノとボウイが共演したロウ辺りからの影響が色濃く出ています。

シングルだけだったボウイのカバーZiggy Stardustも ボーナストラックで入っています。かなりピーターの主張が出てきているだけに、他のメンバーの反発も大きくなっていったのでしょう。バンドとしては成長していかなければならなかった時期に意見が噛み合なくなっていった事で、このバンドは短命に終わっていきます。しかし、ここでしっかりと意思疎通が出来ていればもっと素晴らしい作品を生み出していたに違いありません。

Third Uncle

Silent Hedges

In The Night


⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ