FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20090426]

Anvil ChorusAnvil Chorus
(2009/03/17)
Heavy Metal Kids

商品詳細を見る
アンヴィル・コーラスアンヴィル・コーラス
(2009/02/18)
ヘヴィ・メタル・キッズ

商品詳細を見る


Heavy Metal KidsのHeavy Metalを取ってKidsとして出されたセカンドアルバムです。Heavy Metal Kids名義で出されているバージョンもあります。ファーストアルバム、サードアルバムはグラムロックしているのですが、このセカンドアルバムはどちらかというとアメリカンハードロックしています。KISSファン好みの音だと思います。

1. Hard At The Top
2. You Got Me Rollin'
3. On The Street
4. Situations Outta Control
5. Blue Eyed Boy
6. Old Time Boogie
7. The Turk (An'wot'e Smokes)
8. Crisis
9. The Cops Are Coming
10. The Big Fire
11. The Cops Are Coming (Live)
12. Ain't Nuthin' But A House Party (Live)

私が一番ハードロックバンドらしいバンドだと思っているのはUFOで、Situations Outta Controlのようなバラードを聴いているとUFOのバラード曲を連想してしまいます。UFOのフィルモグも口の中につばをいっぱい溜めて歌うので大好きなのですが、このバンドとの共通点がこのアルバムから読み取る事が出来ます。恐らくUFOの方が真似していると思われます。

メロディアスなハードロックという事でグラムロックそのものなのですが、かなりハードロック的なラフなミキシングがなされています。そういう意味ではファーストアルバムと同じ創りで、サードアルバムだけが別物になっています。コーラスを入れたりとバンド全体を使ったアレンジが飽きさせません。日本人好みのハードロックだと思うのですが、なぜ当時からブレイクしなかったのか疑問です。私は当時から大好きでした。ヘヴィメタじゃない所が実に良い。

Blue Eyed Boy

スポンサーサイト




[20090426]

Heavy Metal KidsHeavy Metal Kids
(2009/03/17)
Heavy Metal Kids

商品詳細を見る


少し70年代に戻ってHeavy Metal Kidsを紹介いたします。当時から私の大好きなバンドなのですが、このたびCD化、恐らく初めてのCD化となりましたので、それを記念して急遽紹介いたします。Heavy Metal Kidsというバンド名ですが、サウンドはヘヴィメタではありません。分かり易く言うとグラムロックです。もうグラムロックが下火になり始めた頃に出てきたバンドだったのでグラムロックという触れ込みではなかったのですが、グラムロック特有のポップできらびやかなロックンロール満載です。

1. Hangin' On
2. Ain't It Hard
3. It's The Same
4. Run Around Eyes
5. We Gotta Go
6. Always Plenty Of Women
7. Nature Of My Game
8. Kind Woman
9. Rock N Roll Man
10. We Gotta Go (Reprise)
11. It's The Same (Live)[Bonus Track]

リードボーカルのゲイリーホルトンはロンドン出身なのですが、コックニー訛のような発音と口の中につばがたまったような歌い方が私は大好きで、一番売れたサードアルバムは持っていたのですが、ファーストとセカンドアルバムは70年代後半には既にレコード店では探せない状態になっており、CD化もされていなかったのでずーと入手出来なかった作品が一挙にCD化されて歓喜している次第です。しかも注文してから最初の在庫を取得出来ずに手元に届くまでにかなり待たされました。それだけ注文が入っていると事でしょう。

ゲイリーは現在は亡くなっているのですが、最近残されたメンバーが再結成していた功績が認められてのオリジナルアルバムのCD化となったのだと思います。既にこのファーストアルバムではシンセを使ったアレンジもされていて、ポップでキャッチーなロックンロールが聴けます。グラムロックのロックンロール特有の楽しさ、例えばKISSのようなロックが好きな人にはたまらないはずです。

驚いたのはRun Around Eyesではレゲエをやっている事です。最初から結構器用なバンドだったようです。まだラフなハードロックバンドといった録音状態ではありますが、70年代の古き良きロックを知るには相応しいバンドだと思います。現在ではほとんど名前が知られていなかったバンドだけに、これを機会にファンが増えてくれる事を期待いたします。私にはピンポイントでハマってしまうツボに入ってしまう御馳走ハードロックです。

It's The Same

Rock N Roll Man


[20090426]

ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾンノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン
(2009/02/25)
U2

商品詳細を見る
ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン-Box Edition(DVD付)ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン-Box Edition(DVD付)
(2009/03/18)
U2

商品詳細を見る


今年の2月に発売されたばかりの最新作になります。プロデュースいつものイーノとラノア、リリーホワイトになっています。このタッグはもう不動のものになっているのかもしれません。前作からは5年ぶりとなるので、まずはまだ現役だある事が確認出来ました。サウンド的にはバンドスタイルサウンドなのですが、少し変化が感じられます。曲自体は地味に感じるような曲ばかりでシングル向けの曲が無く、そしてデジタルっぽさはありませんが、バンドサウンド以外の付加音が増えています。

1. No Line On The Horizon
2. Magnificent
3. Moment of Surrender
4. Unknown Caller
5. I'll Go Crazy If I Don't Go Crazy Tonight
6. Get On Your Boots
7. Stand Up Comedy
8. Fez - Being Born
9. White As Snow
10. Breathe
11. Cedars Of Lebanon

テーマは2009年型のロックンロールということで、疾走感はありますが、決してストレートなロックンロールにはなっていません。これまではどのアルバムにも胸のすくような良い曲が入っていましたが、このアルバムにはそんな感心するような名曲は入っていません。ですから地味に感じてしまうのです。何か新しい事をやろうとしている予感はありますが、はっきりとした形にはなっていないようです。

イーノはこの作品が出る前にデヴィッドバーンとの共演を実現していますが、そこでも地味な自分ならではの音楽を創っていました。その延長線上にあるのでしょうか。ここまでビッグになりながらも新しい事に挑戦しようとしている姿勢は評価出来ますが、もう少し練り上げてもよかったのかなとも思います。次回作に期待したいものですが、次はいつ出る事やら。

No Line On The Horizon

Magnificent

Moment of Surrender


⇒ 続きを読む

[20090426]

How to Dismantle an Atomic BombHow to Dismantle an Atomic Bomb
(2004/11/23)
U2

商品詳細を見る


ブライアンイーノ、ダニエルラノア、スティーヴリリーホワイトのいつものプロデューサ陣に加えてクリストーマスなども参加している作品で、前作の延長線上のバンドスタイルサウンドになっていますが、前作よりも力強さが増してパワフルな作品に仕上がっています。

1. Vertigo
2. Miracle Drug
3. Sometimes You Can't Make It on Your Own
4. Love and Peace or Else
5. City of Blinding Lights
6. All Because of You
7. Man and a Woman
8. Crumbs from Your Table
9. One Step Closer
10. Original of the Species
11. Yahweh

ボノはアフリカの何とか大使に任命されたりしていますが、実際どれほど貢献しているのかは分かりません。それよりもファンは新作が聴きたい訳ですが、前作からは4年ぶりの作品となりました。ビッグネームになると時間をかけるようになってしまいますが、時間をかけただけの作品にはなっていると思います。ほとんどいつものサウンドなのですが、曲の表現力などは成長していると思います。

ボノの歌もパワフルだったり、優しかったり、ファルセットを使っても安定した音階を保っていたり、バンド全体の演奏力も上がった上での無駄の無い演奏になっています。これまでしっかりとU2ならではのサウンドを確立してきてるので、流行などに左右されない自分達のやるべき音が分かっているぶれない芯が通ったサウンドになっています。バンド全体としても気持ちよく演奏しているのがストレートに伝わって来る素晴らしい内容だと思います。

Vertigo

Miracle Drug

Sometimes You Can't Make It on Your Own


⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ