FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20090516]

CorroboreeCorroboree
(2006/06/27)
Split Enz

商品詳細を見る
CorroboreeCorroboree
(1999/12/28)
Split Enz

商品詳細を見る


カーズやディーヴォと肩を並べるくらいにニューウェイヴバンドとして定着したスプリットエンズの絶頂期の作品です。奇抜なメーキャップをしなくてもサウンドで勝負出来るようになりました。どんどんポップに、コンパクトになっています。ワールドリリースではWaiataというタイトルでした。

1. Hard Act to Follow
2. One Step Ahead
3. I Don't Wanna Dance
4. Iris
5. Wail
6. Clumsy
7. History Never Repeats
8. Walking Through the Ruins
9. Ships
10. Ghost Girl
11. Albert of India
12. In the Wars

ブリットポップというよりは、10CCやXTCのようなひねくれポップバンドと言えますが、ニールフィンの素直なポップ感覚とティムフィンのひねくれポップ感覚が生み出す絶妙なバランスがこの頃の特徴です。プログレを創れるようなバンドがポップスを創ると凝りすぎる所があります。勿論エンズも凝っていますが、もたれるような凝り方ではないので軽快に聴けます。

オーストラリアからでてきたバンドで成功したのは数えるほどですが、エンズを聴いていると、そのレベルの高さに驚かされます。70年代の頃からゲートリヴァーブのようなドラムがあったり、ニューウェイヴという言葉が出来る前からニューウェイヴな曲をやっていたりと、侮れないバンドでした。それは80年代に入ってからも変わりません。

Hard Act to Follow

One Step Ahead

I Don't Wanna Dance


⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20090516]

True ColoursTrue Colours
(2005/03/28)
Split Enz

商品詳細を見る
True ColoursTrue Colours
(2003/02/11)
Split Enz

商品詳細を見る


世界的にヒットした彼等の出世作になります。ニールフィンのポップ感覚が爆発した作品で、ニューウェイヴやテクノ感覚を用いながらも、しっかりとしたポップソングを書いています。スプリットエンズの大きく変わってきていて、ジャケットもポップアートになっています。

1. I Got You
2. Shark Attack
3. What's the Matter with You
4. Double Happy
5. I Wouldn't Dream of It
6. I Hope I Never
7. Nobody Takes Me Seriously
8. Missing Person
9. Poor Boy
10. How Can I Resist Her
11. Choral Sea

とぼけた感じもニューウェイヴでは正攻法であり、シンセもひょうきんな音を奏でるマシーンになって、世界中がパンクからニューウェイヴへと大きく変わろうとしていました。その流動的な時代に一番マッチする事が出来た時期であり、そこでI Got Youというヒット曲を出せた事は大きいと思います。日本では小ヒットでしたが、オーストラリアでは1位を獲得するビッグヒットとなりました。

ジャズナンバーのI Hope I Neverのような曲では10CCのようなひねくれポップしており、単なる売れ線になっている訳ではありません。スプリットエンズの持ち味を活かしたまま売れたのです。まだMTV全盛期ではありませんが、PVも早くから手がけていた彼らにとって、時代がやっと追いついてきたと言えると思います。変わり者集団というイメージが強いバンドですが、音楽では素晴らしい仕事をしています。

I Got You

Shark Attack

What's the Matter with You


⇒ 続きを読む

[20090516]

FrenzyFrenzy
(2006/06/27)
Split Enz

商品詳細を見る


当初はニュージーランドとオーストラリアでしかリリースされていなかったアルバムですが、後にワールドリリースされています。ジャケットからも分かるように奇抜なメーキャップが無くなっており、ファッションも普通になっています。ステージではニューウェイヴなポップなファッションにかわっています。

1. I See Red
2. Give It a Whirl
3. Master Plan
4. Famous People
5. Hermit McDermitt
6. Stuff and Nonsense
7. Marooned
8. Frenzy
9. Roughest Toughest Game in the World
10. She Got Body She Got Soul
11. Betty
12. Abu Dhabi
13. Mind over Matter
14. Semi-Detached
15. Carried Away
16. Horse to Water

時代がニューウェイヴに移行している事もあり、彼等も完全にニューウェイヴスタイルに移行しました。前作では先行していたために独特なアレンジでしたが、この作品では手本となるニューウェイヴサウンドが出来上がっていた為に、彼等もちゃっかりそのスタイルに乗っかっています。オーストラリアといっても、スプリットエンズの場合はその音創りなど早くから斬新なメイキングがなされており、時代がやっと彼等に追いついたような所もあります。

彼等のイメージとニューウェイヴは見事にシンクロして、彼等の多彩な音楽性も分かり易くデフォイルされています。最初は風変わりな集団として拒絶していた人たちにも徐々に受け入れられるようになっていきます。早過ぎた才能に時代が味方するようになったのです。相変わらずユニークな曲が多いのですが、ポップで分かり易さが増しているのでかなり聴き易くなっていると思います。

I See Red

Give It a Whirl

Master Plan


⇒ 続きを読む

[20090516]

DizrythmiaDizrythmia
(2006/06/27)
Split Enz

商品詳細を見る


ティムフィンの弟で後にクラウデッドハウスを結成する事になるニールフィンが加入したアルバムで、これまでのプログレなスケール感よりもコンパクトなポップナンバーが多くなり始めています。時代はパンクが暴れ始めた頃で、次ぎに来るニューウェイヴなサウンドを予感させる内容になっています。やはりただ者ではなかったという事になります。

1. Bold as Brass
2. My Mistake
3. Parrot Fashion Love
4. Sugar and Spice
5. Without a Doubt
6. Crosswords
7. Charlie
8. Nice to Know
9. Jamboree
10. Another Great Divide

Bold as Brassはまるでブライアンイーノが先駆けてやっていたニューウェイヴなスタイルになっています。持ち前の陽気なポップナンバーが多く含まれています。パンクやニューウェイヴはグラムロックの影響を多分に含んでいるので、スプリットエンズの流れにシンクロしているのです。ですから早くもニューウェイヴな感じになっています。

このようなスタイルの音楽は日本のインディーズシーンにも影響を与えており、特に有頂天のようなファッションとサウンドはもろにエンズの影響を受けていると思います。演劇系のバンドでコミカルな感じでニューウェイヴするとこうなってしまいます。まだニールフィンのポップ職人芸が現れていないので、スプリットエンズらしいアルバムだと思います。

Bold as Brass

My Mistake

Parrot Fashion Love


⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ