FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20090523]

Listen Like ThievesListen Like Thieves
(1990/10/25)
INXS

商品詳細を見る
Listen Like ThievesListen Like Thieves
(1986/01/01)
INXS

商品詳細を見る


クリストーマスのプロデュースによる大ヒット作品です。ここからクリストーマスとのタッグによる三部作にて世界制圧に向かいます。前作でナイルロジャースの立体的なアレンジを習得した彼等はクリストーマスとのコラボレーションでハードロックバンドとしての新たな可能性を示唆していきます。

1. What You Need
2. Listen Like Thieves
3. Kiss the Dirt (Falling Down the Mountain)
4. Shine Like It Does
5. Good & Bad Times
6. Biting Bullets
7. This Time
8. Three Sisters
9. Same Direction
10. One X One
11. Red Red Sun

What You Needの大ヒット曲を聴いてどれだけ新しい事をやっていたのかを理解出来る人は相当ロックを聴き込んでいる人だと思います。キースリチャードのようなギターカッティングリフを分解してファンクなアレンジにし、ルーズなリズムではなく、ニューウェイヴなきっちりしたリズムに変換した上で、マイケルハッチェンスのエモーショナルなボーカルで色気を加え、クリストーマスのマジックでハードロックに仕上げています。HRとかHMとか省略している当時のハードロックヘヴィメタバンドには到底真似出来ない新しいハードロックの形を作ってみせたのです。

MTVの影響もあり、INXSは瞬く間に世界的なバンドへと成長していきます。進化しないハードロックバンドをよそ目に彼等は80年代という時代に即したハードロックが生き延びる道を示したのです。ただ、このスタイルを継承してくれるバンドがいなかった為に彼等の業績は過小評価されているのです。後にエアロスミスこの方法論を継承して90年代でも生き延びる事に成功しています。新しいアイデアを持ってすればハードロックもまだまだ死んじゃいないという事が証明されました。そしてマイケルハッチェンスは80年代のセックスシンボルとして君臨していく事になります。

What You Need

Listen Like Thieves

Kiss the Dirt


⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20090523]

The SwingThe Swing
(2008/03/12)
INXS

商品詳細を見る
The SwingThe Swing
(1990/10/25)
INXS

商品詳細を見る


ナイルロジャースがプロデュースしてダリルホールがバックボーカルをとったOriginal Sinにより世界的なブレイクを果たしたアルバムになります。新しい感覚を持ったファンクアレンジを使いこなすナイルロジャースあkら受けた影響は、これからのINXSのサウンドに大きな収穫となります。

1. Original Sin
2. Melting in the Sun
3. I Send a Message
4. Dancing on the Jetty
5. Swing
6. Johnson's Aeroplane
7. Love Is (What I Say)
8. Face the Change
9. Burn for You
10. All the Voices

まるでU2のようなサウンドのOriginal Sinですがナイルロジャースによりファンキーでダンサブルな仕上がりになっています。80年代サウンドの特徴としてファンクアレンジを巧く吸収したものが多く、彼等もそのスタイルを巧く取り入れています。各楽器のフレーズを分散させてノリを出すという立体的なナイルロジャースのシック的なアレンジをここでしっかりと受け継いでいます。

こうした新しいアレンジで燃えたのがギターのティムです。彼はストーンズのキースリチャーズのような間を取ったギターリフとこの80年代の立体的なアレンジを融合する事でINXSにしか創りだせない独自のサウンドを構築していく事になります。これは新しいハードロックのあり方だと、当時の私は大いに感銘を受けました。ただがむしゃらにギターをかきむしるだけではない、インテリジェンスを持ったギターリフがとてもクールでした。そしてボーカルのマイケルのセックスシンボルとしての人気も加わり、彼等はオーストラリから世界的なバンドへとブレイクして行くのです。このアルバム以降はロックギターの教本に入れても良いくらいのいろんなアイデアが詰まった名盤になっています。

Original Sin

Melting in the Sun

I Send a Message


⇒ 続きを読む

[20090523]

Shabooh ShoobahShabooh Shoobah
(1990/10/25)
INXS

商品詳細を見る
Shabooh ShoobahShabooh Shoobah
(1993/07/01)
INXS

商品詳細を見る


ようやく一般的に知られるINXSらしいサウンドになり始めた作品です。ニューウェイヴからU2のようなギターを中心としたポストパンクバンドが活躍し始めた頃で、その影響を受けた作品だと思います。という事で、ギターのティムが頑張り始めたのです。

1. One Thing
2. To Look at You
3. Spy of Love
4. Soul Mistake
5. Here Comes
6. Black and White
7. Golden Playpen
8. Jan's Song
9. Old World New World
10. Don't Change

まだニューウェイヴの名残りはありますが、ドラムはゲートリバーブサウンドになり、メリハリの効いたタイトなリズムにティムが創りだす独特のギターリフがINXSの最大の特徴です。そのサウンドがはっきりと創りだされた作品になります。オールドウェイヴとは違う、ギターリフを分解してちりばめるというカット&ペースト的なアレンジの格好良さがこのバンドの魅力なのです。

まだブレイク前ですが、この特徴的なサウンドが徐々に認められ、アメリカ辺りではMTVあたりから人気が出るようになっていきます。マイケルハッチェンスのライブパフォーマンスで人気を増やしていく事になりますが、この新しさと古さを併せ持つバンドの成功はこの後作品で華開いていく事になります。

One Thing

To Look at You

Spy of Love

⇒ 続きを読む

[20090523]

Underneath the ColoursUnderneath the Colours
(1990/10/25)
INXS

商品詳細を見る
Underneath the ColoursUnderneath the Colours
(1993/06/29)
INXS

商品詳細を見る


まだまだニューウェイヴしている頃の作品です。このアルバム辺りからボーカルのマイケルハッチェンスも作曲に加わるようになっていきます。オーストラリア辺りではそこそこ人気は出ていましたが、世界的にはまだ無名の時代です。

1. Stay Young
2. Horizons
3. Big Go Go
4. Underneath the Colours
5. Fair Weather Ahead
6. Night of Rebellion
7. Follow
8. Barbarian
9. What Would You Do
10. Just to Learn Again

シンセの使い方もテクノ的だったりと時代を感じさせますが、マイケルのエモーショナルな歌い方は最初から色気がありました。ニューウェイヴと呼ぶには結構熱い感じなので、伝わりにくい部分もあったのかもしれません。

まるでXTCのようなバンド名もニューウェイヴらしいものです。他のニューウェイヴバンドと比べても遜色はありませんが、特筆すべき特徴もないまま時は過ぎていきます。スプリットエンズのように徹底したスタイルを生み出していれば分かり易かったのかもしれませんが、まだオールドウェイヴからの影響から脱していような所が、後に強みに変わっていく事になります。

Stay Young


HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ