FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20090524]

Full Moon, Dirty HeartsFull Moon, Dirty Hearts
(1993/11/02)
INXS

商品詳細を見る
Full Moon, Dirty HeartsFull Moon, Dirty Hearts
(1993/11/04)
INXS

商品詳細を見る


売り上げこそ下火になりましたが、新作が出ればまだまだ話題になっていました。90年代に入ってはオルタナやグランジを意識してか、ソリッドなハードロックが主体になっていきます。よりタイトにリバーブも程々になっています。

1. Days of Rust
2. Gift
3. Make Your Peace
4. Time
5. I'm Only Looking
6. Please (You Got That...)
7. Full Moon, Dirty Hearts
8. Freedom Deep
9. Kill the Pain
10. Cut Your Roses Down
11. Messenger
12. Viking Juice

Pleaseではレイチャールズとデュエットしています。まるでU2がBBキングとコラボレートしたような感じの曲になっています。タイトル曲のFull Moon, Dirty Heartsではプリテンダーズのクリッシーハインドがバックボーカルで参加しています。話題性はばっちりで、サウンドもしっかり自分達のやるべき物が分かっています。しかし、全盛期ほど売り上げに結びつかないのは時代の流れでしょうか。

新しい時代に即したハードロックを目指していた私にとってはINXSは目が離せない存在でした。常に新作に注意を払い、今度はどんな事をするのかが気がかりでした。同じ事をやる訳には行きませんでしたが、沢山のヒントを頂きました。ただこの頃になると斬新さよりも円熟味を増していたように思います。こういうアルバムを聴くと基本はハードロックバンドなのだという事が認識されます。

Days of Rust

Gift

Time


⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20090524]

Welcome to Wherever You AreWelcome to Wherever You Are
(2002/10/15)
INXS

商品詳細を見る
Welcome to Wherever You AreWelcome to Wherever You Are
(1992/08/04)
INXS

商品詳細を見る


90年代に入るとヒップホップやオルタナが主力となっていきます。INXSも次のステップを踏む為にクリストーマスから離れ新たなサウンドを求めて出された作品です。もう絶対的な人気を得ていましたが、クリストーマスとの三部作に比べると売り上げは落ちていきます。

1. Questions
2. Heaven Sent
3. Communication
4. Taste It
5. Not Enough Time
6. All Around
7. Baby Don't Cry
8. Beautiful Girl
9. Wishing Well
10. Back On Line
11. Strange Desire
12. Men And Women
13. The answer (bonus track)
14. Wishing Well (version 2) (bonus track)
15. All Around (version 2) (bonus track)
16. The Indian Song (bonus track)
17. Heaven Sent (waltz version) (bonus track)

ドラムをサンプリングループにしたり、エスニックな要素を取り入れたりとより音楽的な幅を広げています。ダンサブルさよりはソリッドなハードロックに戻った感じもあります。相変わらずギターのカッティングリフはカッコいいです。デジタルとソリッドなハードロックが共存している所がINXSの魅力だと思います。そういう意味ではより自分達らしさを追求した内容だといえます。フルオーケストラをバックに演奏されるBaby Don't Cryはゴスペル調でかっこいい仕上がりになっています。

内容の充実度では前作と同レベルだと思います。こちらの方がよりハードロック的なので好みも分かれるかと思いますが、ここでもデジタル時代にハードロックが生き延びるヒントが示されています。時代の音デジタルテクノロジーに浸食された音楽ではなく、デジタルテクノロジーをレイプしながら増殖していくハードロックが本来無視せず進むべき道筋を照らしています。本当に彼等から学ぶべき点が多々あります。時代の音を無視してハードロックやヘヴィメタの殻の中に閉じこもっていても何も進まないのです。

Heaven Sent

Communication

Taste It


⇒ 続きを読む

[20090524]

XX
(2002/10/15)
INXS

商品詳細を見る
X(エックス)X(エックス)
(1997/07/25)
INXS

商品詳細を見る


アルバムキックで一躍スターダムにのし上がってしまった彼等はしばらくソロ活動などを経て、再びクリストーマスのプロでユースによる作品を創り上げました。クリストーマス三部作の最後になる作品であり、前作の延長線上にありながらも、更にその先へと歩を進めた彼等の最高傑作アルバムだと思います。

1. Suicide Blonde
2. Disappear
3. Stairs
4. Faith in Each Other
5. By My Side
6. Lately
7. Who Pays the Price
8. Know the Difference
9. Bitter Tears
10. On My Way
11. Hear That Sound
12. Waiting to Be Free
13. Deepest Red
14. Salvation Jane [Demo Version]
15. Who Pays the Price [Demo Version]
16. Dark of Night [Demo Version]

ブルースハープが印象的なSuicide Blondeは例のヒップホップ以降のストーンズスタイルを更に押し進めた名曲です。Disappearはファルセット気味に歌われるニューソウルな曲で、サビでいきなりハードロックになるというかっこいい曲です。この2曲のシングルヒットで一気に持っていかれます。その他にStairs、Bitter Tears、By My Sideと、これ又大量にシングルヒットを量産しています。

正に飛ぶ鳥を落とす勢いだった最高潮の頃の作品になります。ソウル風の曲創りも加わって、デビュー当時からあったワンパターンなコード進行は無くなり、より音楽的に進化しながらINXSらしいスタイルを完成させていった名盤です。売り上げは前作の方が上ですが、音楽的内容はこちらの方が上です。音楽的な幅も広がり、By My Sideはネオアコのようでサビではゴスペルになるという格好良さです。勢いがあるだけに何を創っても見事にハマる曲を作ってしまっています。名盤です。

Suicide Blonde

Disappear

Stairs


⇒ 続きを読む

[20090524]

KickKick
(1990/10/25)
INXS

商品詳細を見る
キックキック
(1999/12/08)
INXS

商品詳細を見る


INXSのアルバムの中で一番売れた作品であり、彼等の人気を絶対的なものにした名盤です。クリストーマス三部作の中間に位置する作品ですが、前作での方法論に自信を持った彼等がいよいよそのスタイルを昇華させていったもので、MTVの力もあり、複数のシングル曲と共に世界的なビッグヒットとなりました。

1. Guns in the Sky
2. New Sensation
3. Devil Inside
4. Need You Tonight
5. Mediate
6. Loved One
7. Wild Life
8. Never Tear Us Apart
9. Mystify
10. Kick
11. Calling All Nations
12. Tiny Daggers

キースリチャードのギターコードワークによるリフ創りとファンクの融合によりNeed You Tonightがまず大ヒットします。デヴィッドボウイのフェイムのようなギターリフも聴こえますが、ヒップホップ以降のハードロックのあり方を示した名曲であります。メドレーで続くMediateではラップもやっていますが、アレンジなどはヒップホップにはないセンスのいい構成になっています。Devil Inside、New Sensation、Never Tear Us Apartと立て続けにシングル曲をヒットさせたマンモスアルバムでもあります。

ファンクやニューソウルのようなダンサブルな作品でもありますが、クリストーマスの手腕により迫力のあるハードロックアルバムになっています。リミックス曲も多く出されて、正に時代の寵児にまで駆け上っていきました。今ではそれほど評価されていませんが、エアロスミスの復活劇ではかなり参考にされています。流行の音には逆らわずに尚ハードロックとしての格好良さを失っていない所が凄いのです。ギターをギンギンに弾きまくる訳ではありませんが、リフの構築が素晴らしいのです。コード進行はワンパターンな所がありますが、ギターも歌もフレージングの創り方がサンプリングで切り取られたような良いとこどりになっています。新しいのに懐かしいような理想的なロックなのです。

Guns in the Sky

New Sensation

Devil Inside


⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ