FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20090606]

ハド・アイ・ザ・ヘヴンハド・アイ・ザ・ヘヴン
(1996/03/01)
バージニア・アストレイ

商品詳細を見る
Had I the HeavensHad I the Heavens
(1997/11/01)
Virginia Astley

商品詳細を見る


前作から5年ぶりに出された作品です。音楽は良いのですが売り上げが伸びないためメジャー契約してもらえなかった事が彼女の作品の数を少なくしているようです。現在の所これが最新作ですが、この作品から10年以上も経っているのでほぼ活動停止状態になっているようです。

1. It's Over Now
2. Over The Edge Of The World
3. Nothing Is As It Seems
4. Broken
5. Where I Belong (A Thousand Nights)
6. I Can't Say Goodbye
7. Had I The Heavens
8. Another Road
9. How Can I Do This To You
10. I Know A Tune We Could Sing
11. A Long Long Year

彼女の歌は基本的に変わっていませんが、このアルバムではドラムやパカッションが入っていていつもと違う雰囲気になっています。ドラムが入っているだけこれほど変わる物かと思えるほど印象が違っています。しかもクラシカルな曲なのにリズムパターンは民族音楽のようなので、イメージも変わっています。

しかし彼女の歌が入るといつもの彼女の音楽になります。彼女なりにワールドミュージックしているのかもしれませんが、少し違和感があります。旋律も民族音楽風に変身していれば良かったのかもしれませんが、彼女らしさを求めるファンにはこれで良いのかもしれません。こうした良質な音楽を届けていくれるミュージシャンが少なくなっていますので、もっと彼女に音楽をサポート出来る環境があれば新しい作品も望めるのかもしれませんが、私たちは残された彼女の作品を聴く贅沢だけでも楽しみたいと思います。

Nothing Is As It Seems

スポンサーサイト




[20090606]

All Shall Be WellAll Shall Be Well
(1997/11/01)
Virginia Astley

商品詳細を見る
All Shall Be WellAll Shall Be Well
(1997/11/01)
Virginia Astley

商品詳細を見る


前作からこの作品の間にヴァージニアは子供を出産して育てていました。その間にその父親との別れもあり、母子家庭で活きていく希望のようなものをこのアルバムには反映させています。再びバックをアコースティックなオーケストラ楽器にし、現代音楽の感覚もありきの彼女らしい音楽に立ち返っています。

1. My Smallest Friend
2. All Shall Be Well
3. I Live For The Day
4. Love's Eloquence
5. Although I Know
6. Martin
7. Blue Sky, White Sky
8. How I Miss You
9. My Smallest Friend

彼女の音楽が癒し系なのはドラムレスという事が大きいと思います。ダンスミュージックばかりの時代にあってどれだけ人々の心が疲栄していたかが分かります。ドラムが無いだけでこれだけ心が癒されるのです。本来人間の生理学的には3拍子、もしくはシャッフルなリズムが自然とされています。一般的な4拍子は規則正しい物ですが、機械的でダンスやセックスをしている時のリズムに近い物です。ですから魅力的なのですが、どこか無理をしている時のリズムなのです。音楽というのは不思議な物で、どちらも魅力的なのですが、たまにはビートレスな音楽が必要な時があるのです。

そういう意味で彼女の音楽は4拍子もありますが、クラシカルなアレンジで無理なく聴き易いのです。My Smallest Friendでは5歳になった娘とデュエットしたりしています。クラシック音楽もヨーロッパの民族音楽だと思えば、我々はそうしたネイティヴな民族音楽にこそ立ち返る時間が時折必要だと考える今日この頃です。

MELT THE SNOW

MELT THE SNOW


[20090606]

サム・スモール・ホープサム・スモール・ホープ
(1992/11/28)
ヴァージニア・アストレイデビッド・シルビアン

商品詳細を見る


坂本龍一がプロデュースしてメジャーレーベルから出された最初の作品になります。デヴィッドシルヴィアンとのデュエットありで、歌姫としてヴァージアアストレイが世界的に有名になった作品になります。セカンドアルバムであるPROMISE NOTHINGは現在入手出来ませんのでこのサードアルバムを紹介します。

1. SOME SMALL HOPE
2. A FATHER
3. SO LIKE DORIAN
4. I'M SORRY
5. TREE TOP CLUB
6. CHARM
7. LOVE'S A LONELY PLACE TO BE
8. A SUMMER LONG SINCE PASSED
9. DARKNESS HAS REACHED ITS END

全編坂本龍一によるシンセとサンプラーを使ったオーケストラをバックにヴァージニアが無垢な歌を披露しています。テクノロジーとノスタルジーが共存した不思議なくらいに心地良い名盤になっています。デヴィッドシルヴィアンとデュットしたSOME SMALL HOPEが一番有名ですが、日本ではA FATHERなどCMやテレビ番組のBGMとしてよく使われていました。このアルバム一枚で一部ではものすごいブームとなっていたのです。

彼女の歌は聖歌のようなアカデミックな歌で、まるで天使や妖精が歌っているようです。この歌の無垢な感じを壊す事無く、それでもかなり坂本龍一の主張の入ったアレンジが絶妙です。英国の田園風景を思わせる彼女の音楽はブリティッシュミュージックをこよなく愛する私にとってはえも言われぬ快楽となっています。プログレファンならこの作品の良さが十二分に理解出来ると思います。繊細なくらいに見事な名盤です。

SOME SMALL HOPE
⇒ 続きを読む

[20090606]

From Gardens Where We Feel SecureFrom Gardens Where We Feel Secure
(2005/01/25)
Virginia Astley

商品詳細を見る
From Gardens Where We Feel SecureFrom Gardens Where We Feel Secure
(1997/11/01)
Virginia Astley

商品詳細を見る


ヴァージニアアストレイはイギリスでピアノとフルートなどでスタジオミュージシャンとして活躍していました。クラシカルな教育を受けて歌も聖歌のような澄み切った歌を披露しますが、このファーストアルバムではピアノとフルート、そして英国の田園風景に流れる朝と午後の風景を描いた名盤です。

1. Morning: With My Eyes Wide Open I'm Dreaming
2. Morning: A Summer Long Since Passed
3. Morning: From Gardens Where We Feel Secure
4. Morning: Hiding in the Ha Ha
5. Afternoon: Out on the Lawn I Lie in Bed
6. Afternoon: Too Bright for Peacocks
7. Afternoon: Summer of Their Dreams
8. Afternoon: When the Fields Were on Fire
9. Afternoon: It's Too Hot to Sleep

当時日本で発売されていたアルバムでは、シングルだけだったSanctusとMelt the snowがカップリングされていてお得でしたが、現在そのバージョンは発売されていません。で素ので、From Gardens Where We Feel Secureという彼女のファーストアルバムだけの内容になっています。ここでは歌は入っておらず、彼女のピアノとフルートに鳥のさえずりや無視の鳴き声などだけになっています。

環境音楽のようであり、当時流行っていた癒しの音楽として親しまれていました。英国庭園を描いた爽やかでエレガントなその音楽はテレビやCMでも使われているので、どこかで耳にした事があるはずです。とても美しい音楽で、彼女のアカデミックな感性はロック界では逆に新鮮な響きとして魅了してくれました。

With My Eyes Wide Open I'm Dreaming

From Gardens Where We Feel Secure


HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ