FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20090726]

AtmosAtmos
(2000/09/26)
Miroslav VitousJan Garbarek

商品詳細を見る


スーパートリオのピーターアースキン抜きで、ヤンガルバレクとのデュオ作品になります。以前のウッドベースのみの作品がありましたが、あれにサックスが加わった状態だと思っていただければ良いです。ドラムレスなので、ヤンガルバレクの美しいサックスに共鳴してヴィトウスのベースも美しくロマンティックな旋律になっています。

1. Pegasos
2. Goddess
3. Forthcoming
4. Atmos
5. Time Out Pt. 1
6. Direvision
7. Time Out Pt. 2
8. Helikon
9. Hippukrene

アコースティックベースではなぞらないような旋律を奏でるヴィトウス。まるでフュージュンでフレットレスベースによるバラードで使われるような、ルートに囚われる事の無い歌うベースラインになっています。ヤンガルバレクはキースジャレットとの共演でもやっていたカリプソなリズム感を持った陽気な雰囲気と、ヨーロピアンな荘厳な感じとの二面性を持っています。

どちらかと言うと内省的な内容ですが、ヨーロッパ人2人によるジャズは、それまでのジャズの既成概念にこだわらない、とても個人的な響きを持っています。EMCならではのカラーを持っていますが、ヴィトウスのベースはまるでシンセサイザーのように万華鏡のような表情を響かせ、2種類しか無い楽器なのにオーケストラを聴いているような錯覚を覚えます。

Pegasos

Hippukrene
スポンサーサイト




[20090726]

StarStar
(1994/05/10)
Jan Garbarek with Miroslav Vitous and Peter Erskine

商品詳細を見る


ヤンガルバレク、ピーターアースキンという名プレイヤーとスーパートリオを組んだ作品です。ヤンガルバレクはノルウェー出身のサックスプレイヤーで、キースジャレットなどのセッションでも有名です。ピーターアースキンはジャコパストリアスがいたウェザーリポートの黄金時代の名ドラマーですが、ウェザーではヴィトウスとの共演はありません。

1. Star
2. Jumper
3. Lamenting
4. Anthem
5. Roses for You
6. Clouds in the Mountain
7. Snowman
8. Music of My People

ヨーロッパ的で美しい叙情詩のようなアコースティックジャズが展開されています。ピーターアースキンはティンパニ用のスティックを使ったりと、ジャズらしからぬ演奏を披露したりと多彩ぶりにより、ヴィトウスの意図するサウンドに反応しています。ウェザー脱退後のアースキンはモダンジャズへ回帰していた所がありましたが、ここではフュージュンで鍛えた腕前でひと味違うエッセンスを加えています。

ヤンガルバレクの美しい響きがやはり中心になっていますが、リズム隊が一癖も二癖もある顔ぶれだけに、普通のアコースティックトリオではありません。正にアグレッシヴなスーパーグループなのです。トリオ編成なので余計な、無駄な音が無いだけに純粋に三人の個性が楽しめて、その個性が融合する心地良さを味わえます。名盤です。

Jan Garbarek Miroslav Vitous Peter Erskine 1

Jan Garbarek Miroslav Vitous Peter Erskine 2

Jan Garbarek Miroslav Vitous Peter Erskine 3

⇒ 続きを読む

[20090726]

EmergenceEmergence
(1994/04/12)
Miroslav Vitous

商品詳細を見る


miroslav vitous groupの活動が停止して一時鳴りを潜めていたヴィトウスが、久々に活動を始めた作品になります。心機一転、これまでのスタイルを見直すかのごとく、アコーステックベース1本で録音された完全なソロ作品になります。

1. Epilogue
2. Transformation
3. Atlantis Suite: Emergence of the Spirit
4. Atlantis Suite: Matter and Spirit
5. Atlantis Suite: The Choice
6. Atlantis Suite: Destruction Into Energy
7. Wheel of Fortune (When Face Gets Pale)
8. Reguards to Gershwin's Honeyman
9. Alice in Wonderland
10. Morning Lake for Ever
11. Variations on Spanish Themes

多重録音無しとクレジットされており、ウッドベースのみでこれだけ幅の広い表現が出来るのかと驚いてしまいます。とても内省的な内容ですが、指で弦を弾いたり、フレットを叩いたり、弓を使ったりと持てる技術を総動員してウッドベースの可能性を追求している所があります。それで組曲を創ったりしている所がいろんな意味でプログレッシヴです。

自分自身と対話するように内面をさらけ出すように表現するには、使い慣れたウッドベースが最適だったのでしょう。繊細な音ながら、動画を見るとかなりラフな感じで演奏するのが印象的です。ラフというか迷いが無い演奏という表現が的確かもしれません。ミンガスのような奔放なプレイで繊細な音世界を表現するプレイヤーなのです。

Alice in Wonderland

[20090726]

Journey's EndJourney's End
(2008/11/18)
Miroslav Vitous

商品詳細を見る


ECMレーベルに移ったヴィトウスはmiroslav vitous groupを結成。ジョンサーマンによるワンホーンを主体としたカルテットジャズバンドであり、モードジャズ以降のモダンジャズのあり方を模索していたグループだったと思います。miroslav vitous group名義でのアルバムを出していましたが、現在入手困難で紹介出来ません。その続編として出されたのがこのアルバムになります。

1. U Dunaje U Prespurka
2. Tess
3. Carry On, No. 1
4. Paragraph Jay
5. Only One
6. Windfall

ピアノがジョンテイラー、ドラムがジョンクリステンセンと言う布陣で、ヴィトウス以外はみんなジョンだったりします。ECMレーベルらしい雰囲気を持ったアコースティックジャズであり、ニューエイジミュージックとジャズが融合したような雰囲気を持っています。

フリージャズまではいかずとも、インプロヴィゼーションによる対話的な演奏の発展を促すような内容で、ヴィトウスが本来追求したかったスタイルの一つだったと思います。エレクトリックベースによるアグレッシヴなスタイルとは違った、円熟したジャズプレイヤーとしての自信のスタイルの確立への第一歩になっていると思います。

Little Peace in C

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ